開業祝いに喜ばれる胡蝶蘭の贈り方

Pocket

%e3%82%aa%e3%83%95%e3%82%a3%e3%82%b9 やはり、開業祝いは礼儀に則って贈りたい所だと思います。
ただ、いざ開業祝いに贈り時に、その方法を知らなくて困る場合もあるでしょう。
どんな風に贈ればいいか分からなくて、時間が過ぎてしまったと言う事態は避けたいです。
そこで、その開業祝いにはどんな贈り方をすればいいのか説明します。

開業祝いを贈るタイミングはどうするの?


開業祝いを贈る時には、そのタイミングにも気を付けましょう。
開業祝いのタイミングのパターンは一つではないので一つずつ紹介します。

まず、開業する日の数日くらい前から当日又は前日までのタイミングがあります。
基本的に開業当日は先方にとって、慌ただしい状態であることが多いです。
そこに、開業祝いの贈り物を届ける事でその対応に煩わせない様に前日に贈るパターンもあるのです。
贈られる側にとっても、開業する当日よりも前日の方が余裕を持って対応する事が出来るかも知れません。

ただし、早く贈りすぎると不在で受け取ることができず、お花がいたんでしまう可能性もありますので、
開業の前日~当日くらいが一番よいでしょう。


この他にも、開業する日の午前中と言うタイミングや、開業祝いのパーティーと言うタイミングもあります。どのタイミングで贈ろうか迷うかも知れませんが、先方との関係性やその希望などを踏まえると良いかも知れません。
ただ、開業祝いの贈るタイミングは、開業日の当日よりも遅くならないように注意する事が大事です。例えば、関係性の深くない相手だと開業祝いを贈ろうと考えていても、その開業の当日の日付を失念してしまう場合もあるかも知れませんね。
そんな事にならないように、事前に頻繁に見るスケジュール帳に何時に贈るのかなどを記載しておいたり、開業の知らせをきいたらすぐに手配しておいた方がいいでしょう。

万が一、開業日に遅れてしまうようであればなるべく早めに贈るようにしましょう。

加えて、開業祝いのタイミングで知っておきたいのが六曜の存在です。例えば、結婚式を行う時に仏滅の日は避けたと言う方もいるのではないでしょうか。この六曜に関しても、開業祝いのタイミングを選ぶ時には注意する事をおすすめします。開業する方でお祝い事などの時には六曜に神経が過敏になるパターンも考えられるのです。

開業祝いには、どんなマナーやタブーがあるのか


火事になることでその商品が焼けたり、店舗を建て替えたり、人にも被害が及ぶなどが考えられます。よって、基本的に開業祝いには火事に繋がる印象のあるライター、マッチ、ストーブなどの品物は贈るのは避けます。こちらには赤い色の関連の品物も挙げられ、贈る時のラッピングなども気を付けた方が良いです。
ただし、贈り先の会社のイメージカラーが赤の場合は赤のラッピングを使用する場合もあります。

開業祝いのメッセージカード・立札

開業祝いにお祝いの言葉などを書いたメッセージカードや立札も胡蝶蘭につけて贈ります。

開業祝いの立札
立札(木札・紙札)の場合は
祝御開業+自分の名前
とするのが一般的ですが、相手の名前を入れる場合は
祝御開業
〇〇(相手の名前)様へ
△△(自分の名前)より
とします。

メッセージカードの場合は
開業おめでとう
自分の名前
というふうに記載します。


更に、開業祝いのマナーの大事なポイントとしては、贈る相手の会社名などをミスしないで書くのも大事なポイントです。
寛容な方であっても、開業するお店の名前などがミスして贈り物をされると癪に障るという事態もあるかも知れません。
このような会社などをミスしたまま贈ってしまうという事態は、事前にしっかりと見返すことで防止しやすくなるでしょう。


開業祝いになぜ胡蝶蘭が選ばれるのか


そもそも開業祝いに胡蝶蘭はなぜ選ばれるのでしょう。
開業祝いに胡蝶蘭が選ばれる理由を説明します。

見た目の豪華さ

まず、胡蝶蘭はその見た目が良いことが挙げられます。胡蝶蘭は、美しい・品格が高い・優雅・豪華であるなどの好意的な評価をされる事が多いです。
贈り物なので大勢の人に対して好意的に受け止められる見た目を持っているのは大事なポイントでしょう。ちなみに、胡蝶蘭の花の色には黄色・ピンク色・白色などがあります。


香り・花粉がほとんどない

お花を贈る際は香りや花粉が気になることもありますが、胡蝶蘭はほとんど香りや花粉がないため、事務所に長期間置いておいても気になることがありません。


花言葉が幸福が飛んでくる

胡蝶蘭の花言葉は、「幸運が飛んで来る」で、開業祝いに贈る花の花言葉としては最適である事が考えられます。さらに、鉢植えには「根付く」という意味もあります。
開業した時にこれからの経営に自信があったとしても、幸運に恵まれる事でより良い方向に物事が進んで欲しいと思う方もいるのではないでしょうか。開業祝いを贈る側としても、先方が開業するに当たって幸運に恵まれたら嬉しく感じるかも知れません。


長期間咲き続ける

フラワーアレンジメントなどですとすぐに枯れてしまいますが、胡蝶蘭は通常1~3か月程度咲き続けます(環境や品種などにより異なります)。
開業してしばらくは来客などが多くなる時期に、長期間咲き続け、飾っておけるメリットもあります。

開業祝いの胡蝶蘭の贈り方

それでは、開業祝いの胡蝶蘭の贈り方に話は移りますが注意したい点が幾つかあるのです。
最初に開業祝いに贈る胡蝶蘭のサイズが適切な物かどうかです。例えば、どんなに素敵な贈り物でもそのサイズが部屋に置けないとなると、負担になる可能性が考えられます。開業した場所に置いてもらう為に胡蝶蘭を贈るのであれば、お店の広さに合うようなサイズの胡蝶蘭を贈ることをおすすめします。贈る側としても置き場所がないからと胡蝶蘭を飾られないと言う事態が起きるのは悲しいでしょう。

次に、開業祝いの贈り物だからと綺麗にラッピングしたいと言う方も多いでしょう。この時に注意したいのがラッピングの色になります。一般的に胡蝶蘭を贈る時のラッピングには赤色が使用される事があるのですが、今回は開業祝いなので避けておきましょう。3つ目に、開業祝いに胡蝶蘭を贈る時に、立札をどう用意したらいいのか悩む方もいるかも知れませんね。この胡蝶蘭の立札に関しては、その胡蝶蘭の販売点が有料などで用意してくれる場合があります。そちらを利用してみるのも良いかも知れませんね。

この他に、開業祝いに胡蝶蘭を贈る時に気になるのはその相場でしょう。
開業祝いの胡蝶蘭の相場はあるので、贈る方は確認することをおすすめします。
やはり、贈り物が相場を極端に外れてしまうのは、先方の困惑を招く事も考えられるので注意しましょう。
お友達に開業祝いに胡蝶蘭を贈る場合は、5千円から2万円位が相場です、
親戚や家族に贈る場合は1万円から10万円位で、取引先に贈る場合は1万円から5万円位です。

開業祝いにおすすめの胡蝶蘭

開業祝いに実際に当店「幸福の胡蝶蘭屋さん」で選ばれている人気の胡蝶蘭をご紹介いたします。
開業祝いの相場としては
取引先・・・20,000円~50,000円程度
友人・知人・・・10,000円~20,000円程度
家族・親族・・・20,000円~40,000円程度
になっております。

また、色は無難な「白」を選ぶ方が多いですが、特に白でなければいけないということはありません。
他の方から届く胡蝶蘭も白が多くなるので、目立たせるために「ピンク」にするという方もいます。

一番人気 胡蝶蘭大輪3本立ち白 19,950円(税込)

胡蝶蘭大輪3本立ち白胡蝶蘭大輪3本立ち白 19,950円(税込)
一番人気なのはこの「胡蝶蘭大輪3本立ち白」です。
開業祝いだけではなく、すべてのお祝いの中で一番人気の胡蝶蘭です。
他にも真中が少し赤くなった「赤リップ」、「ピンク」もあります。



ページの先頭へ トップページへ