開店祝いに現金を贈る

Pocket

開店祝いに現金を贈る事を検討されていると言う場合もあると思います。
この様な場合に知っておきたいポイントが幾つかあるので説明します。
まず、お祝い事で現金を贈る場合は新札を包むようにします。
お祝い事に新札を包むのは、この為に予め用意していた等とする意味もあります。
また、開店祝いに現金祝いを贈る場合の相場の方も事前に確認して方が良いです。
開店祝いに現金を贈るのが友達だった場合は、5千円から1万円が相場です。
身内の場合は1万円から3万円が相場となっています。
取引先の場合は1万円から3万円です。
これらの金額は目安となっているので、開店祝いを贈る相手との関係によっても変化します。
また、開店祝いに幾ら包むのかと言うのを予め話し合うのも良いと思います。
例えば、身内の方に開店祝いに現金を包むのであれば、その額について親族の方と話し合う等です。
更に、現金は熨斗袋に包んで贈る事になり、表書きは祝御開店等になります。
水引の色は紅白等の物で、結び方は蝶結び等です。
加えて、開店祝いを贈られる相手と直に対面をして贈る場合等は、
マナーとして現金を熨斗袋に入れた上で袱紗に包んで持って行きます。
お祝い事の際の袱紗の包み方と言うのもあります。
袱紗の中心の左側よりに熨斗袋を置き、左、上、下の順に内側に折ります。
最後に右を内側に折り、余った右側の端を折る事になります。
ちなみに、事情があって対面ではなく開店祝いの現金を郵送する事になった際も、
熨斗袋に包んで現金書留でと言う形になります。
現金を熨斗袋に包まないで郵送してしまう事のないように気を付ける事が大事です。
更に現金以外にも開店祝いとして品物を贈られる様なケースもあります。
開店祝いの贈り方
ページの先頭へ トップページへ