居酒屋の開店祝いに胡蝶蘭がおすすめに理由

Pocket

知り合いが今度お店を開くんだけれど、何か贈りたい、何をあげようか・・・。となったとき、よく贈り物として選ばれる胡蝶蘭。
どんなお店にも合いますが、なかでも居酒屋におすすめのわけ、お教えします。

まず、そもそも胡蝶蘭が開店祝いに贈られる花としてぴったりなのは、蝶が飛んでいるような花の姿が可憐で美しい事、幸運を連れてくるという花言葉もあり、縁起が良いというのがよく知られている理由ですよね。
けれど、ほかにもまだまだ贈り物としてぴったりな理由があって、それがまず、胡蝶蘭の花もちがよく、長期間楽しめるというところです。
胡蝶蘭の花は一つ一つの花が非常に長く咲き続けるので、一度咲いたら1か月は同じ花を楽しむ事が出来るんです。
また、胡蝶蘭は沢山あるランの種類の中でも、温室で育てなくても花を咲かせやすい花なので、育てやすい事も理由の一つ。
花自体も花粉を出すことや食事の邪魔になるような香りはほぼなく、飲食スペースである客席近くなど、お店の中で置き場所を選ばないのも大切なポイントです。

そして胡蝶蘭が居酒屋におすすめの理由、それは胡蝶蘭の好む環境にあります。
胡蝶蘭はそもそも熱帯から亜熱帯原産の植物のため、寒さは少し苦手です。
気温が低く、人が寒いと感じるような気温よりも、どちらかというと少し暖かいと感じるような気温を好みます。
それはつまり、人の好む温度なんです。居酒屋は夜遅くまでお店を開けているため、その間は人が過ごしやすい室温を保っているはず。

さらに、お客さんがたくさん来て少し熱気を帯びた室温になっていても胡蝶蘭にはへっちゃら。
むしろ、そのくらいの気温ならどんと来い、という植物です。つまり、人が集う居酒屋は胡蝶蘭にとってとても好ましい環境だと言えるでしょう。
冬の寒い時でも、普通に育てていれば夜の間には防寒対策が必要になってきますが、夜にもあいている居酒屋であれば、お客様が過ごしやすい室温に設定してあるため、胡蝶蘭の為に特別な防寒対策は必要ありません。


この点こそが、居酒屋の開店祝いとして胡蝶蘭がおすすめの理由なんです。

もともと胡蝶蘭は育てやすい花なので、室温などの環境さえ整っていれば、あまり手はかかりません。仕込みやお客様の対応で忙しい居酒屋にとってはありがたい植物です。胡蝶蘭はどんな場所でもしっくり馴染み、一つ飾ってあるだけでもお店の中を華やかに彩ってくれるでしょう。もし居酒屋の開店祝いでお困りの方がいれば、是非、胡蝶蘭の鉢植えを検討してみてください。

◆居酒屋の開店祝いに関するリンク
開店祝いの胡蝶蘭の贈り方
開店祝いにふさわしい胡蝶蘭
ページの先頭へ トップページへ