開店祝いのお返しについて

Pocket

まず、開店祝いのお返しとしてお披露目パーティー等を開催すると言う方法があります。 このお披露目パーティー等の際に、引き出物を渡すと言う場合もあります。 この引き出物に関しては、大体数千円の品物が相場となっています。 また、店舗の名前等が入った品物を引き出物として贈られる事もあると思います。 このような場合では引き出物に入った名前が目立ち過ぎると贈られる側にとって、 使用しづらくなってしまう事もあるので配慮をする事が大切です。 更に、あまり大きな引き出物等を贈ってしまうと持ち歩くのが大変になってしまったりします。 よって、引き出物を選ぶ時には贈られる側が運びやすいかどうかと言う観点で考える事も必要になります。 引き出物として贈られたりする品物としては、ボールペンやタオル等が挙げられます。 この他にも、開いたお店の割引券等を贈ったりするケースがあります。 ちなみに、引き出物として贈られる場合の表書きは記念品等です。 また、開店祝いのお返しとしてはお披露目パーティーを開催するのではなく、礼状と品物を贈ると言う手段もあります。 この場合の贈るタイミングとしては、開店をした日から1週間から2週間以内です。 更に贈る品物の金額の目安としては、受け取った開店祝いの半分か3分の1程度になります。 こちらの表書きは、開店内祝いや御礼等で水引は蝶結びの紅白です。 贈る品物としては、カタログギフト等が挙げられます。 ちなみに、こちらの場合でも品物に店名等を入れる場合は気を付ける事が必要です。 加えて、お返しの品物に添える礼状に関しても配慮をする事が大事です。 礼状の例文等は存在しているので、事前に確認をして参考にすると良いと思います 開店祝いの贈り方はこちら
ページの先頭へ トップページへ