支店開設祝いの贈り方・マナー

Pocket

開設祝いを贈る時のマナー&タブー

親しい方や取引先の方などが新しく新設する際に贈る『開設祝い』ですが、贈る品は様々なものがあり、何を贈れば良いかと迷う人は多いでしょう。 今回は、数あるお祝い品の中からフラワーギフトで大変喜ばれる『胡蝶蘭』にスポットを当ててみました。 数ある中でも古くからの定番でもあり、未だに人気を保ち続ける胡蝶蘭の色による違いや金額の相場、贈る相手やその場に合った選び方や贈り方についてなどを重点的にお伝えしていきたいと思います。

胡蝶蘭を贈る理由

古くから日本人に愛されており、お祝いの代表格ともいえるお花です。 「幸福が飛んでくる」という花言葉を持つ胡蝶蘭は縁起が良いとされ、鉢植えだと「根が張る」、2つ合わさると「幸せが定着する」といわれる事から、お祝いの品として多くの方々に選ばれています。 見た目も華やかで気品高く、高級感があり、お祝い品として目を引くものがあります。 香りや花粉が少なく、1年中生産されているので季節を問わずに贈りやすいことも選ばれる理由の1つです。 他にも胡蝶蘭は他の花よりも2~3カ月以上持つといわれ、その美しさを長く楽しめますし、会社の交流関係の広さをアピールできるなどの理由もあるようです。

胡蝶蘭の相場

贈り先が一般的な取引先か重要な取引先かで相場は変わってきます。 一般的な取引先の場合、胡蝶蘭の相場は最低で10.000円~30.000円で、重要な取引先の場合は30.000円~50.000円といわれています。 また価格と胡蝶蘭の大きさは比例しています。 お祝い事なので相場の最低価格より少し高めのものを選ぶといいと思います。 また、販売店(生花店やネットショップ)によって値段が違う場合があります。 価格の安い販売店で購入すれば、同じ価格でワンランク上の胡蝶蘭を選ぶこともできるので、購入先の下調べをしておいた方がいいかもしれませんね。

胡蝶蘭の選び方

胡蝶蘭には「大輪・中輪・小輪」と花の大きさが3種類あり、開設のお祝いによく選ばれるのが「化粧蘭・白い胡蝶蘭の大輪・赤白のリップ」だそうです。 「化粧蘭」 花びらに文字やイラストを入れた個性的な胡蝶蘭のことです。 一年中送ることができるお花なので季節に合わせて「桜・金魚・紅葉・雪うさぎ」などのイラストや、「祝」の文字などを入れて贈ると喜ばれるのではないでしょうか。 文字入れによって傷みやすいのでは?と思ってしまいますが、花持ちは普通の胡蝶蘭と同じなので心配ありません。 「胡蝶蘭の大輪」 小さなもので3本立ち、大きなもので10本立ち以上の胡蝶蘭が鉢に植えられたものです。 本数が増えるほど、より華やかで豪華な印象を与えてくれます。 また純白の胡蝶蘭にすることで、膨張色と言うこともあり、大きな印象を与えることができます。 「赤白のリップ」 花びらは白く、中央の受粉を行う唇弁(リップ)の部分が赤い色をした胡蝶蘭のことです。 開設祝い以外にも色合い的に当選や優勝祝いの贈り物として選ばれる事が多いです。 上記以外にも開設する先方にテーマカラーがあるのであれば、そのカラーに合わせた胡蝶蘭を贈るのも良いと思われます。 これを基準に大きさや色、デザインを選んでみてはいかがでしょうか? 胡蝶蘭を買うときには生花店ではなく、インターネットでの購入がおすすめです。 生花店の場合は現物を見て選ぶことができますが、店舗の維持費や売れずに枯れる可能性があるため価格設定が高く、在庫として店頭にしばらく置かれているため新鮮さがないことがあります。 ネットショップの場合、店舗の維持費も少ないので価格も安く、生産者直送で新鮮な胡蝶蘭を届けることができます。

開設祝いの贈り方

タイミングとしては開設日の前日に到着するように贈るといいでしょう。 一般的なお祝いの時には当日に届くように送りますが、ビジネス関係の場合は開設日当日は忙しく、到着しても先方が対応できない可能性があります。 開設日を過ぎてしまった場合、数日過ぎた程度ならお祝いの品を送っても問題ありません。 しかし、1~2週間以上過ぎている場合は開設祝いにはならないのでご注意ください。 胡蝶蘭には立て札を付けることができます。 ビジネスシーンでのお祝いの席で多くの胡蝶蘭と共に立て札が付けられているのを見たことはありませんか? 胡蝶蘭は一番に来客の方々の目を引く贈り物ですので、立て札を付けることにより自社のアピールをすることができます。

胡蝶蘭を贈る時のタブーとは

贈るにあたって注意しなければいけないのが「胡蝶蘭の色」です。 赤一色のものだと赤字や火事など、不吉なものを連想させ相手を不快にさせてしまいます。 また、奇抜な色もお祝いの品としてはおすすめできません。お祝いの品なのに、贈った物の方が目立つと、あまり良い風には思われないでしょう。 お祝いの品なので、できるだけサイズの大きな胡蝶蘭を贈りたいと思う方もいると思いますが、それだけのスペースがないのに大きなものを送っても飾る場所がなかったり、迷惑になる事もあるので気を付けないといけません。 送り先のスペースはあらかじめ確認しておきましょう。

まとめ

今回は開設祝いに贈る胡蝶蘭について調べてみました。 相場や選び方など、知らない方も中にはいるのではないでしょうか? マナーを知らずに送ってしまうと、思わぬトラブルを招いてしまうかもしれません。 この記事を見て少しでも役に立ったと思って頂ければ嬉しく思います。 最後までお付き合い頂き、ありがとうございました。
ページの先頭へ トップページへ