古希祝いの贈り方

Pocket

古希とは何か


古希は賀寿の内の一つです。賀寿は古希の他にも、還暦・盤寿・米寿・白寿・川寿などが存在します。数えで70歳を迎えた方には古希祝いをするケースもあります。この古希の色は紫となっており、他の賀寿にも色があるパターンもあります。

古希祝いに胡蝶蘭を贈る際に気遣いたい点


まず、古希祝いの胡蝶蘭には相場としては、大体1万円から3万円位でしょう。ただ、相場だけではなく、どのぐらいの額の胡蝶蘭なら相手が笑顔で受け取ってくれるか考えてみるのも良いでしょう。例えば、お店の中で一番高い値段の胡蝶蘭を古希祝いに贈っても、それが必ず本人にとって気持ちの華やぐ贈り物になるとは限らない訳です。

また、古希祝いに何の色の胡蝶蘭を贈るかも気遣うと喜んでもらいやすくなる事も考えられます。
例えば、古希祝いに贈る胡蝶蘭なので記念に紫っぽい色の物を選ぶのも有りでしょう。胡蝶蘭は紫色以外にも、黄色・白色・ピンク色などがあります。更に、古希祝いに胡蝶蘭を贈る時にお祝いのメッセージを付ける場合があります。この古希祝いのメッセージでは、忌み言葉は避けましょう。忌み言葉としては、別れる・壊れる・枯れる・離れる・割れるなどが挙げられます。

この他にも、古希祝いに胡蝶蘭を贈るなら相手は何処に飾るか分かるでしょうか。もし、何処に飾るかが分からないようであれば、事前に本人に聞いて行く事をおすすめします。何処に飾るかによって、贈る胡蝶蘭の大きさを変更した方が良い場合も考えられるのです。例えば、古希祝いを贈る相手が飾る場所が狭い所しかないようなら、その狭い所に収まるような小さな胡蝶蘭を贈った方が無難でしょう。

古希祝いを贈る時期は何時か


先程も説明しましたが古希祝いは数えで70歳の時に行います。この古希になる方の誕生日に古希祝いの贈り物をするパターンがあります。このタイミングで古希祝いの贈り物をするなら、正しく本人の誕生日に贈れるように気を付けましょう。ただ、古希祝いを古希になる方の誕生日以外で贈る場合もあります。例えば、古希祝いの祝賀会を開催したいが本人の誕生日は日程的に参加するのは難しい人達が多い場合もありますよね。そんな時は、皆が参加しやすい日程に調節して祝賀会を開催して古希祝いの贈り物を渡すパターンもあります。

また、古希祝いを贈る時期でチェックしたいのは六曜です。古希祝いを贈ったがタイミング的に相手が六曜の事が引っ掛かって苦い顔をされた事態は避けたいでしょう。特に古希になる方が日頃から六曜に気遣っていた場合は、よく注意した方が良いでしょう。

古希祝いで気を付けたい贈り物


古希は数えで70歳との事で贈る相手がお爺さん・お婆さんになったなと思われる場合もあるかも知れません。ただ、古希になった方によってはお爺さん・お婆さんとされるのは不愉快に感じるケースも充分有り得ます。本人的にはまだまだ現役でいたいと望んでいるかも知れません。
よって、基本的には本人にお爺さん・お婆さん扱いを受けたと思われるプレゼントはあまりおすすめできません。例えば、古希祝いには紫のちゃんちゃんこを贈る場合もありますが、本人が難色を示したならごり押しはしない方が良いでしょう。

また、目上の方にプレゼントするのは好ましくないとされている品物もあるので、古希祝いに贈る時にも注意しましょう。このような品物としては、靴下・ベルト・万年筆・時計などがあります。更に、基本的に古希になる方が嬉しくない品物は贈る事はおすすめできません。例えば、古希祝いではなくても趣味ではないジャンルのチケットを贈られても、態々そのチケットを使うのが面倒だと思う場合も考えられます。

古希祝いの表書きと水引


古希祝いの表書きに関しては、古希御祝・御祝・御古希御祝などが挙げられます。
古希祝いの水引に関しては蝶結びの紅白などです。
この古希祝いの水引の結び方には気を付ける事をおすすめします。

古希祝いの人気の贈り物


古希祝いの贈り物のイメージが湧かない…。そんな時には、古希祝いの人気の贈り物を参考に確認するのもおすすめです。古希となる方にピッタリの贈り物が見つかるかも知れません。

・お酒

古希祝いの方の趣味がお酒を飲む事!そんな時にはお祝いの品にお酒を贈るのも良いでしょう。
成人しているなら孫と一緒に古希祝いにお酒を飲み交わすのも思い出に残るかも知れません。折角、古希祝いに贈るお酒なので包装や品質に凝ってみるのもありでしょう。例えば、お酒の入っている瓶に還暦祝いの本人の名前を書くのもおすすめです。

・記念品

まず、古希祝いの記念品として名入れの品物を贈るパターンもあります。例えば、グラスに名前を入れて贈る事などがあります。また、本人の見た目を写した物を記念品として贈るパターンもあります。例えば、本人の似顔絵や人形などが挙げられます。加えて、古希祝いに記念の詩を贈るパターンもあります。本人が詩を読むのが好きであれば、喜ぶかも知れません。

・旅行

古希祝いに夫婦などで旅行を楽しむのも記念になる事が考えられます。まず、旅行会社によっては古希の関連で企画を立てているパターンもあります。古希祝いに旅行を贈るなら、そのような企画を利用してみるのも有りでしょう。また、周りの人達に古希となる方が以前から旅行したいと望んでいた場所はないか聞いてみるのも良いでしょう。もし、本人の行きたがっている場所があれば、旅行先の候補のリストに加えてみるのもおすすめです。

・花

古希祝いにはお花を贈られる事もあり、先程説明した胡蝶蘭もその一つになります。例えば、古希祝いに紫の花の花束を贈ってみるのも、特別感があって良いかも知れません。勿論、相手が喜ぶのなら紫以外色の花であっても大丈夫です。お店によっては古希祝い向けの花を提供している場合もあるので、花を贈ろうと考えているならチェックしてみるのも良いでしょう。

・食べ物

そのまま日常で食べるような品物を贈るパターンもあります。また、古希祝いに一緒に料亭などで御飯を食べるのも良いかも知れません。例えば、本人の行きたい料亭があれば、そこに行くのも良いでしょう。

古希祝いのお返し


まず、古希祝いのお返しの表書きは、古希内祝・寿などです。また、古希祝いのお返しには、赤飯・ケーキ・お菓子などの食べ物が贈られる場合があります。更に、古希祝いのお返しに食器が贈られる事もあり、鉢・カップ・茶碗などが例に挙げられます。加えて、古希祝いのお返しには、カタログギフトや風呂敷などが贈られる事もあります。この古希祝いのお返しは、古希祝いにプレゼントされた物の値段の3分の1から半分位が相場になります。

まとめ


この古希祝いの贈り物をするのは難しいと感じた方もいると思います。ただ、古希になるまで年齢を重ねた事はお目出度い事なので奮闘してみる事をおすすめします。他の賀寿祝いに関してもお祝いする機会があるかも知れないのでチェックすると良いです。数え年で70の時の古希祝いよりも年齢を重ねた時の賀寿祝いとしては、傘寿祝い・卒寿祝い・皇寿祝いなどが挙げられます。
ページの先頭へ トップページへ