金婚式のプレゼントに胡蝶蘭が何故おすすめなのか

Pocket

胡蝶蘭は高価な花として知られていて、様々な祝い事に活用される事が多いものです。 お祝いにおける定番の花でもありますが、花言葉自体が縁起が良いものであり、幸福が飛んでくる、鉢植えが根付く意味を持ち、幸福が定着するといった意味合いを持つ花になります。 結婚記念日、銀婚式、金婚式等でも胡蝶蘭をプレゼントするという例は多く、節目に幸せを定着させる意味を持つ胡蝶蘭をギフトとして贈る事は適しているものです。 金婚式のような結婚50周年にもなると、孫から胡蝶蘭を贈られるという例も多く、結婚記念日や銀婚式は息子や娘からプレゼントされるように、大切な方を祝福する上で適切な花と言えます。

金婚式の胡蝶蘭はいつ贈る?

金婚式に胡蝶蘭を贈る場合には、金婚式の記念日を過ぎてしまわずに数日前から当日までの間に届けるようにします。 宅配で贈る場合当日を指定すると、天候等で宅配会社の配送が遅延してしまう可能性がありますので、金婚式の2~3日前や前日を指定しておいたほうがいいでしょう。

金婚式の胡蝶蘭の相場はいくら?

金婚式のプレゼントで胡蝶蘭を贈る場合の相場としては3万円前後のものを選ぶ方が多く、その辺りの金額が妥当なラインと言えますから、コスト負担を考慮して予算編成を行って準備が有効です。 金婚式を祝うメッセージカード等を付ける事もマナーであり、感謝の気持ちを添えてメッセージを贈る事が望ましいと言えます。 胡蝶蘭のように幸せが定着する花言葉を持つプレゼントが金婚式に有効でおすすめな事は解りますが、そもそも胡蝶蘭は枯れにくいという特性も持っていたり、花粉が飛び散らずに長く楽しむ事が出来るのも魅力的です。 すぐに贈られた花が枯れてしまって、花が落ちていくと寂しい気持ちになるものですが、胡蝶蘭の場合はプレゼントされてから1か月程度持つ事も多く、金婚式のプレゼントとしても有効な花になります。 長く幸せで元気に過ごして欲しいと金婚式に望むものですが、そういう意味でも胡蝶蘭は長持ちしますから有効であり、何よりも見た目が美しくて部屋のインテリアとしても適しているものです。 金婚式で相手への気持ちが伝わりやすい胡蝶蘭は、様々な商品ラインナップがありますが、通販サイトや花屋に行って様々な選択肢の中から選ぶ事が望ましいと言えます。 プレゼントする相手の家や置く部屋、イメージ等を掴んで、相性の良い胡蝶蘭を選択しましょう。
ページの先頭へ トップページへ