幸福の胡蝶蘭屋さん

*

【就任祝いの相場】役職別就任のお祝いの相場・金額

就任祝いの相場

お祝い事には贈り物が付き物です。
それがお世話になっている方の就任祝いともなれば、できるだけ喜ばれるものを送りたいと思いますよね。
しかしお祝いの贈り物の中でも、特に就任祝いとなると難しいとは思いませんか?
この就任祝いを特に難しくしている要素が、相場です。

安すぎても他の贈り物に見劣りするし、高すぎても相手を恐縮させてしまってよろしくありません。
それに就任祝いでは、相手の役職によっても相場が変わってくるので余計に頭を悩ませます。
そんな贈り物の相場が難しい就任祝いについて、説明をしたいと思います。
各役職について、順番に相場を説明していきますので、相手の役職、関係によって変えながら贈り物を選んで下さいね。

【就任祝いの相場】代表取締役社長就任祝いの相場・金額

まずは贈る相手が代表取締役社長に就任した時のお祝いの相場からです。
基本的に就任祝いの相場は、相手の就任役職が高くなれば高いほど相場価格が上がる傾向にあります。
なので代表取締役社長ともなると、相場もかなり高額になりますね。
基本となる就任祝いの相場は、3万~5万円以上となっています。
「基本的な相場なのに幅があり過ぎる……」と思われてしまうかもしれませんが、これはどうしても相手との関係によって金額の差が出てしまうからです。

大事な取引先、もしくはクライアントならば相応の金額を張り込むことになるでしょう。
また親しい友人のお祝いでも、やはりここ一番の額を張り込みたいですね。
そこまで親しくない場合は逆に張り込み過ぎない、しかし見劣りしない程度の金額の物を贈りましょう。

【就任祝いの相場】取締役・役員就任祝いの相場・金額

次の就任祝いの相場は、取締役、役員の場合です。
代表取締役社長ではないにしろ、取締役、役員の就任はやはりその役職に見合うような、しっかりとした贈り物をしたいですね。
取締役、役員の就任祝いの相場は3万円前後の物が良く贈られています。
先ほどの代表取締役社長の就任祝いの相場は3万から5万以上でしたが、取締役、役員の場合でもそれに近い額になる訳です。
もちろんこちらも代表取締役社長の事例と同じく、贈る相手との関係によって金額相場が変動します。

取引先や、友人であるならば3万円ほどが良く贈られているようですが、身内になると3万円よりも高額の物を贈ったり、あえて1万円程度の物を贈るようにしている人も多いようです。

【就任祝いの相場】会長就任祝いの相場・金額

次に紹介するのは会長の就任祝いの相場です。
先に値段相場から紹介してしまいましょう、一般的な会長の就任祝いの相場は3万円から5万円以上となっています。
これも代表取締役社長と同じような相場になっていますが、社長という経験を経てから会長に就任していると考えれば相場が似てくるのは必然と言えますね。

また取締役、役員の場合の就任祝いの相場とも類似しています。
ただここでちょっと気を付けて見ていきたいのが、身内の場合です。
取締役、役員の場合の就任祝いの相場は身内である時にはやや控えめの金額で贈る人も多いのですが、会長となると逆に5万円以上の物を贈る人が増えます。

これは身内だからこそ、今までの苦労や出来事に敬意を払って金額を張り込むのでしょうね。

【就任祝いの相場】本部長就任祝いの相場・金額

次に本部長の就任祝いの相場をご紹介しましょう。
本部長というとちょっと聞きなれない役職という人も多いでしょう。
このためどれくらいの相場にして良いか分からないという人も少なくないですね。
会社には各部門の長として部長職があります。

部長はその部門の責任者であり、その部門を運営する役職です。

そして全体を運営する統括部として「本部」がある会社もあり、その本部の部長役職が本部長なのです。
この本部長の就任祝いの相場ですが、会長や役職よりはやや相場が下がって1万円前後ほどになります。

ただ取引先の相手となると少し相場が高くなり、3万円前後の物を贈る人が多くなります。
これは今後の付き合いにも関わってくる相手という要因があるからでしょうね。

【就任祝いの相場】校長就任祝いの相場・金額

次に校長の就任祝いの相場です。
胡蝶という役職は教頭という役職を経てから就任しているということもあって、金額相場も大きく変わってきます。
贈られている物を見ていると1万円前後から3万円までと相場にばらつきがあるようですね。
これは校長の就任祝いで選ばれる物が、飾れる物が選ばれやすい傾向にあるからでしょう。
例えば校長室に飾れる花、時計などが選ばれる傾向にありますが、校長室は広いですよね
だから花などになるとそれなりの大きさの物を贈らないと見劣りして貧層に見えてしまいます。
そこで少々張り込むことになる訳です。

現に身内の好調就任祝いの贈り物になると、3万前後までの物が選ばれることもあります。
見劣りしない、見栄えの良い物を贈りたいですね。

【就任祝いの相場】教授就任祝いの相場・金額

教授就任祝いの相場
就任祝いの相場で最後に紹介するのは、教授になった人への就任祝いの相場です。
本部長の就任祝いの相場と同じく、教授の就任祝いの相場も分からないと頭を悩ませている人が多いですね。
こちらも中々機会がないですから、もしそんな状況になっても困らないようにしっかりと相場を知っておきましょう。
教授の就任祝いの相場は3万円から5万円と、中々の高額の相場になっていますね。
この中でも知人程度の知り合いならば3万円前後、身内や親しい友人となると5万円前後で選ばれています。
特に身内となると5万円以上の物を贈ることが多く、張り込む人も多いのです。
教授ともなるとかなりの年月、努力を有したことでしょうから、それに見合う贈り物を選びたい所です。
これからの一層の飛躍上昇を祈って、素敵な贈り物を選びましょう。

就任祝いの相場は、取締役~役員についてはおよそ2~3万となっていて、社長就任という大きく上に上がった場合には、3~5万とされていますが、多くが5万円以上の贈り物になっています。社長就任で人気の贈り物はやはり胡蝶蘭となっていて、金額が上がるごとに胡蝶蘭の鉢植えも大きいものになります。

幸福が飛んでくるという胡蝶蘭なので、今後良い兆しにいくようにといったことが込められています。社長という立場に就任というのは最も大きい就任なので、それなりのものを贈る必要があります。自分の気持ちが大切だとはいうものの、マナーとして金額も関係してくるのでそこは気をつけるといいでしょう。

就任というのは大変おめでたいことであるため、取締役~役員への就任でも2~3万相当の胡蝶蘭が贈られています。社長の場合はもっと高いですが、多くは会社側からの贈り物という場合が多いため、独断での判断はしてはなりません。自分の上司と相談した上で、しっかりと何を贈るのか、いくらくらいのものにするのか、というのを考える必要があります。就任の案内を聞いたらなるべく早めに手配しておきましょう。

就任祝いにふさわしい胡蝶蘭はこちら