幸福の胡蝶蘭屋さん

*

上場祝いの贈り方/マナー

取引先が上場することになり、さらなる発展を願って上場祝いを贈ることになったけれど、そのマナーが心配だと言うケースもあるでしょう。
或いは、上場祝いに胡蝶蘭を贈りたいが注意点がないか気になる方もいるでしょう。 そんな上場祝いのマナーと胡蝶蘭の贈り方を紹介します。

上場祝いのマナー・タブー

上場祝いを贈る時に相手の会社の名前などを銘記するようなら誤字のないか注意する事が大事です。

もし、相手の会社の名前を誤字したまま贈るのは、礼儀的には良くない事になります。上場祝いに贈る品物やタイミングには問題がなくても相手の会社の名前が違ったら、先方は手放しでは喜べない事態もあるかも知れません。

名前を間違うのは時折起きるミスですが、だからこそ上場祝いと言う大事な場面で起きないように注意しましょう。

上場祝いのメッセージで気を付けること

上場祝いを贈る時にメッセージを作成する際には、忌み言葉を使わない様に気を付けなくてはいけません。

上場祝いの忌み言葉の例としては、落ちる・倒れる・詰まる・閉まるなどが挙げられます。上場祝いのメッセージを作成する時に、忌み言葉を使用しないことを忘れていた事態にならないようにしましょう。 更に、上場祝いの贈り物をする時には、しっかりと相手の好き嫌いなどに気を遣うことが大事になります。 自己本位で贈り物を選ぶと相手にとっては全く嬉しくない贈り物にあるのも考えられます。 例えば、先方にとって全然好みではない絵画を上場祝いに贈っても、 迷惑に感じながら義理立てとして嫌々飾ると言う事態になるかも知れません。

上場祝いを贈る事が自己満足にならないように、相手に寄り添って考える事をおすすめします。

【上場祝い/タイミング】上場祝いはいつ贈る?最適な贈る時期

まず、上場祝いのタイミングとして大事な点は、上場した当日よりも極端に遅れないようにするという事です。

例えば、上場した当日から1年2年経過した後で上場祝いを贈っても、何でこのタイミングで贈って来たんだろうと思われるかも知れません。

もし、上場当日から遅れて上場祝いを贈るようであれば、あまり遅くならない内に贈ることをおすすめします。

【上場祝い/相場】上場祝いの胡蝶蘭の相場

上場祝いに胡蝶蘭を贈る時の相場があり、大体2万円から5万円位だとされています。

また、上場祝いに胡蝶蘭を贈る時にはその上場の内容や、その会社との現在とこれからのお付き合いの希望などによっても予算は変わって来るようです。

上場祝いの贈り物をする時に、幾ら位の予算を組むのかは大事な点なので慎重に検討することをおすすめします。

それでは、実際に上場祝いの胡蝶蘭を購入する時にどんな点を注意すればいいのでしょうか?

まず、上場祝いの胡蝶蘭を何処で購入するかがポイントになります。

その胡蝶蘭を販売している所がどんな経歴があるのか、どんな評判があるのかを確認しておくことをおすすめします。

出来るならしっかりした経歴のある評判の良い所が良いでしょう。

また、上場祝いに購入する胡蝶蘭の金額・立札を付ける事が出来るかどうかなどの点も確認しましょう。 立札を依頼する事が出来ると勘違いしていて実は出来なかったとなったら、別に立札を準備する事が必要になる事態も考えられます。

この他にも、お店側の事だけではなく自分側の依頼する時のミスにも注意することをおすすめします。

例えば、上場祝いの胡蝶蘭を届ける場所を間違えて伝えない様にしましょう。

上場祝いに胡蝶蘭が選ばれる要因とは?

上場祝いの贈り物に胡蝶蘭が選ばれる事例があるのはどうしてか疑問に感じませんか?

上場祝いの胡蝶蘭の贈り方


まず、上場祝いの胡蝶蘭を贈る時には、そちらを先方の飾る場所に丁度良い大きさの品物にしましょう。
もし、胡蝶蘭を贈る時にその大きさに注意しないと、先方を煩わせる可能性も考えられます。 狭い部屋に住んでいる時にその場所に飾って欲しいと大き過ぎるインテリアを贈られたら、 仕舞う場所もなく置く場所もないので頭が痛かったと言う例なら分かりやすいと思います。

相手に迷惑を掛けない為にも、その大きさには注意することをおすすめします。 また、上場祝いに胡蝶蘭を贈る時には、その色にはこれでなくてはいけないと言うルールはありません。

ただ、胡蝶蘭の花の色の指定がない事で、却って困惑する方もいるかも知れません。 今までよく知らなかった方もいると思いますが胡蝶蘭の花の色はバリエーションがあるのです。

ご参考までに説明すると、胡蝶蘭の花の色の中でも当たり障りがないのは白だと言われています。

この他にも、上場祝いに胡蝶蘭を贈る時には、その立札もきちんと準備する事が大切になります。

上場祝いの時の立札の言葉は、祝・祝上場・御祝・上場御祝などです。

胡蝶蘭を販売している店舗で立札を準備を依頼出来るかどうかもチェックしておくと良いでしょう。