幸福の胡蝶蘭屋さん

*

美容室の開店祝いは何がいい?おしゃれで喜ばれるおすすめの人気プレゼント

美容室
親しい友人や美容師が新しく美容室やヘアサロンを開店するとなれば、是非何かお祝いをしたいと考える方が多いでしょう。とは言え、開店祝いとなれば実際に何を贈ればよいのかわからないという方もいるはずです。新しい美容室やヘアサロンに合わないのではないか、どんなものを贈れば喜んでくれるのか、色々と不安になるかもしれません。ここでは新店を開店する方にとって確実に喜んでもらえるようなお祝いギフトを紹介していきます。また、お祝いを贈る際のマナーなどについても解説していきます。

お花

フラワーアレンジメント
贈り物の定番としてすぐに挙げられるのが、いわゆるお花やグリーンの贈り物でしょう。最近では贈り物として用いられることも増えており人気も高まっています。ですが、そのサイズによっては開店するお店のスペースに合わないといったケースもあります。単に置くスペースがないという場合や、美容室のイメージや雰囲気に合わないということもあるでしょう。さらに植物を贈るとなれば水やりなどメンテナンスも必要です。お花やグリーンを贈ると考えるのであれば、そのあたりまで配慮してあげるのが良いでしょう。

胡蝶蘭

胡蝶蘭
胡蝶蘭が開店祝いに向いていると言われていることには理由があります。
胡蝶蘭の花言葉は「幸せが飛んでくる」ということで、新規オープンしたお店にとってはとても響きがいい花言葉であり、非常におめでたいということは言うまでもありません。さらに鉢植えともなれば、いわゆる「根付く」という意味もあるため、その地域に根付くという点でいえば、近隣に住む方に愛されながら多くのお客様に利用していただけるようにとの願いを込めて贈ることも多いです。

スタンド花

いわゆる広告塔にあたるスタンド花は名入れもしっかり行うことができ、しかもお店の前に目立つように飾られて、前を通る人々へのアピールには最適です。基本的に季節の花を使用することが多く、あらかじめ予約をしておくことで、花の色も選ぶことができるというケースもあります。しかしながら、高さのあるスタンド台にアレンジメントされた大きめの花は、お店の規模によってはスペース的に向いていないこともあるので、前もってお届け先の方へ確認しておくことも重要です。

ドライフラワー

美容室の開店に最近注目を集めているのがドライフラワーリースです。リースは円の形になっており、「永遠」を意味することから末永く続く幸福、幸運のお守りと考えられています。お店の雰囲気に合わせて、可愛らしいものやシンプルなもの、高級感のあるものまでそろっているので、新装開店するお店のイメージにピッタリのものを選ぶことができれば非常に喜ばれるでしょう。贈る側にとっても価格的にギフトとして選びやすいという点も嬉しいポイントです。

プリザーブドフラワー

プリザーブドフラワーは生花に特殊な加工を施すことで、枯れないようになっている花です。水やりなどの手間をかける必要もなく、保存の状態が良ければ数年は美しい状態で飾っておくことが可能です。開店当時のことを思い出させてくれるということで、喜ばれるギフトとして人気です。贈る側にとっても「いつまでもお店が続いて欲しい」という願いを込めて贈ることもできることや、カラーのアレンジメントがバリエーション豊富であり、お店の雰囲気に合わせて贈ることができるという点でも人気です。

観葉植物

観葉植物
オシャレな観葉植物はお店のインテリアとしても喜ばれます。花のように枯れたりせず、管理などもしやすいということから相手に手間をかけさせる心配もなく、安心して送ることができるでしょう。店内に置く場合を想定するなら日陰に強いものを選んだほうが良いです。寒さや乾燥に強いものはどこに飾っても育てやすいのでおすすめです。観葉植物にも花言葉があり、開店の贈り物として贈るなら、それにふさわしい花言葉を持つ植物が喜ばれるはずです。

お菓子

スタッフみんなで楽しむことができるスイーツなどのお菓子類は、一見無難ではあるものの高確率で喜んでもらえるものばかりです。
新規開店のオープニングスタッフとして頑張ってくれた全員を労いたいという店長の気持ちに応えることができる贈り物と言えるでしょう。
忙しくて中々口にすることができないということもあるため賞味期限が短めのものは避けつつ、気軽に手短な時間で楽しむことができる個包装になったものを選ぶのがおすすめです。

お酒

お酒
贈り先である美容師の方がお酒好きならば、開店祝いにお酒をプレゼントするのも良いでしょう。お祝いごとにおいて、お酒好きの人にとってお酒はマストアイテムです。
開店祝いという特別なお祝い事ということで、できれば普段あまり口にすることのないような特別感のある銘柄、それなりの価格帯のお酒を贈ると喜ばれます。

また、相手の好みがわかっているという場合は、その種類や銘柄に絞ってたくさん送ってあげるのもおすすめです。

カタログギフト

贈り物を頂く方の意見として、何が欲しいか直接聞いてもらえるとありがたいという意見があります。贈る側としても何を贈ればよいのか迷う必要もなく、受け取る側も欲しいものがもらえて嬉しいものですが、よほど親しい仲でなければこの手のやり取りは難しいかもしれません。そんな時に重宝するのが、カタログギフトです。贈られる方はカタログを見て自分で欲しいものを選ぶことができます。しかも価格帯も様々なので相手との関係に合わせてチョイスすることもできます。

現金

新規開店ともなれば開店当初は何かと必要なものが多いです。実際に営業を開始することで、急遽必要になるものもたくさん出てくるでしょう。そのような時に、必要なものの購入資金として現金は非常にうれしいものです。贈り物として現金はいかがなものかと考える方もいるかもしれませんが、シンプルに相手が必要な時に使えるものということで考えれば、現金は贈り物としてもまったく問題ないです。贈る金額については相手との関係性により変わってきますので、現金を贈る際にはよく調べましょう。

金券・図書カード

金券
金券や図書カードも美容室の開店祝いには向いています。金券は現金同様、ほぼ何にでも使用することができます。また、美容室ではお客様用に常に最新のファッション誌、ヘアカタログを置いているお店がほとんどです。毎月の定期購読費用についてもそれなりの金額になるでしょう。そのような際に図書カードは非常に助かります。運営に必要なものを購入できるということで、金券や図書カードはこのような場合の贈り物としておすすめです。

バルーン

バルーンギフト
胡蝶蘭やお花以外のもので、華やかなものを送りたいと考えている方にはバルーンがおすすめです。お店のロゴや店名を入れて、さらにメッセージなどを入れて送ることができ、特別感のある贈り物となること間違いなしです。贈る際には店舗のイメージカラーにあった色を選ぶとよいですが、赤系のカラーについてはいわゆる「赤字」を連想させてしまうので注意しましょう。また、バルーンはそれなりにスペースもとるので、贈り先の店舗の広さにも気をつけるべきです。

美容室の開店祝いにつける熨斗(のし)・メッセージ

美容室の開店祝いの熨斗(のし)
贈り物に欠かせない熨斗(のし)紙は、ほとんどの場合はギフトを購入したお店でつけてもらえます。また、花や観葉植物の場合にはのし紙の代わりに立札を用いることになります。ルール通りのギフトを選び、それにのしをつけ、メッセージを添えて送ります。メッセージに関しても、基本的なマナーさえしっかり守れば、相手にとって失礼のないメッセージがおのずと出来上がります。ここでは気持ちを伝えるため手書きの文章を一言添えるのもよいでしょう。

表書きの書き方

表書きの書き方としては、「御開店御祝」の文字を水引の位置を確認しながら記入します。筆か筆ペンにて記入し、墨の色が濃く鮮やかになるように書きます。ボールペンや万年筆などは使用しないようにしましょう。またお祝いの内容が4文字になってしまうような場合には、5文字に変更して書くようにします。「開業祝い」「開店祝い」などの4文字の表書きについてはいわゆる「死文字」といって縁起の良くない表現になってしまうため、祝儀袋には不適切です。

名前の書き方

名前は「御開店御祝」のようなお祝い内容の文字の下に、それよりもやや小さめの文字で書きます。こちらはフルネームにて記入するようにします。複数名で記入する場合は贈り主の中から格上年長の順に右から左へ並べて書いていきます。4名以上は外一同と記入するほか、夫婦の場合は夫の名を中央に、妻の名前を左に記入します。また、肩書を記入する場合は名前の右上に小さく会社名等を入れるほか、宛名を入れる場合は祝儀袋の左上に書くことになります。

水引の選び方

祝儀袋についている水引ですが、実は様々な結び方があります。開店祝いなどは花結び(蝶結び)と呼ばれる結び方が用いられているのが一般的です。何度ほどいても結びなおすことができる、何度あってもおめでたい、繰り返したいお祝いを表すということで、開店祝い以外にも開業祝、出産祝い、新築祝いなどにも用いられることが多いです。本他にも鮑結びや結び切りといった水引の種類があるので、間違えないようにしましょう。また、数や色なども種類があるものの、通常は紅白の5本のものを選びます。

お花の場合はメッセージカードをつける

せっかくなら開店祝いにメッセージカードを添えて、相手に自分の気持ちを伝いたいものです。お花を贈る際は是非、メッセージを添えましょう。しかしながらいくら良いメッセージを考え付いたとしても、このようなお祝いの場では、言葉を慎重に選ばなければなりません。いわゆる忌み言葉は使うのを避ける必要があります。「燃える」「焼ける」など火事や赤字を連想させる赤いものをイメージする言葉や、「倒れる」「つぶれる」といった倒産をイメージする言葉は使用してはいけません。他にも開店祝いに関わる忌み言葉は複数あるため、メッセージカードをつける際は気を付けましょう。

メッセージの文例・例文

メッセージの文例としては次の通りです。
① ご開店おめでとうございます。今日のこの日を迎え、感慨もひとしおのこととお喜び申し上げます。千客万来・商売繁盛を心よりお祈りいたします。
② この度は新規オープンおめでとうございます。地域の皆様に愛されるようなお店になることを願っております。今後のますますのご活躍をお祈りいたします。
③ ご開店おめでとうございます。これまでの努力をずっと見てきたのでこみ上げるものがあります。この日を迎えられたのは〇〇様の数多くの努力があってのことと思います。念願を迎えられたこと、心よりうれしく思っております。
開店祝いを贈る相手との関係性に合わせてメッセージをつけるようにしましょう。

胡蝶蘭の場合は立札をつける

開店祝いにて胡蝶蘭を贈る際には「お届け先の店舗名」を記載するのが良いとされています。開店祝いにおける胡蝶蘭の様なお花は、周囲の人たちに対して開店を知らせる宣伝効果を持つお花となります。出来るだけ多くの方に見てもらい、お店の名前を知ってもらえる絶好のチャンスとなるため、お届け先の店舗名はしっかり記載しましょう。特にお届け先が路面店、あるいは複合施設などの場合は、お店のロケーションを知らせる目印にもなります。贈る相手からも喜ばれるでしょう。

美容室の開店祝いの贈り物の相場金額

開店祝いの相場として、どれくらいのものを用意すればいいのかは悩ましいところです。一般的な相場としては5千円から5万円と幅広くなっていますが、ここは相手との関係性によって変わってくるので注意が必要です。例えば普段から付き合いのある友人なら5千円くらいが相場です。兄弟ともなれば2万円から3万円が妥当でしょう。大切な身内ということもあり、取引先や普段の友達、知人と比較してもやや高い相場となります。しかし、取引先の中でも重要なビジネスパートナーともなれば3万円から5万円になるケースもあります。

美容室の開店祝いを贈る時期・タイミング

開店祝いや開業祝いなどをお届けするタイミングは贈り物によって多少異なるものの、オープンする数日前から前日が良いでしょう。特にお祝いにお花を贈るとなれば、お店が新しく開店、開業する前日にお店のオーナーやスタッフの方がお客様を迎え入れる準備を行うため、それと同時にお花のセッティングを行えるからです。花の鮮度も高い状態で展示できる点や、オープンまでのメンテナンスも不要という点を見ても、出来るだけ前日のお届けがおすすめです。逆にお菓子やお酒、インテリアなど鮮度が関係しないものは、オープン直前の準備に邪魔にならない期間である数日前に届くようにしておいても良いでしょう。仮に、オープンに開店祝いが間に合わなかったという場合でも自分のお祝いの気持ちを示すためには出来るだけ早く贈り物を贈る方が良いでしょう。