10月6日までのお届けについて
上記期間のお届けのご注文はお早めにご注文をお願いいたします。
ご注文が集中するため在庫切れや早めに受付終了となる場合があります。

胡蝶蘭の選び方とは?元気な胡蝶蘭を購入するためのポイントを紹介します

胡蝶蘭の選び方
胡蝶蘭は、日本人に昔から愛され、結婚式や開業祝い、弔事などの場面で使われています。胡蝶蘭は花の数や茎が何本たっているか色はどうするかなど種類がとても多いため、どんな胡蝶蘭を選んだらよいか悩んでしまいますね。
そんな時に胡蝶蘭を選ぶポイントを場面に合わせて紹介します。ぜひ参考にしてください。

胡蝶蘭を直接店舗で購入する場合のポイント

店舗
直接店舗で良い胡蝶蘭を選ぶためには葉っぱに注目しましょう。元気な胡蝶蘭の葉っぱはみずみずしく、ぷっくりとした見た目をしています。深い緑色でとても艶のある葉っぱをしています。

良い胡蝶蘭の葉っぱは上向きで光を多く浴びて、見た目のバランスがよく胡蝶蘭を見ているとこちらも元気がもらえます。

通販で胡蝶蘭を購入する場合のポイント

通販
通販で胡蝶蘭を購入するときには直接花を見ることができないためどんな胡蝶蘭が届くのか気になるところですね。
通販で胡蝶蘭を販売している場合は、胡蝶蘭に適した環境でギリギリまで生育を見守っているので品質は非常に良いものが届きます。

通販で胡蝶蘭を選ぶ場合は、胡蝶蘭の品質よりも大きさに注意しましょう。「イメージしていたものよりも小さかった」「大きすぎて飾る場所に困った」という声も多いです。
通販サイトのサイズ部分はきちんと確認して選ぶようにしてください。

贈る場面によって変わる胡蝶蘭の選び方

選び方
胡蝶蘭は多くのお祝いの場面で贈り物として重宝しています。贈る場面によっては、胡蝶蘭が負担になってしまうこともあるので気をつけましょう。
一般的な贈り物としての胡蝶蘭の選び方について紹介します。

一般的に喜ばれる胡蝶蘭は3本立ち

胡蝶蘭
胡蝶蘭を贈るときには、どのような場面でも3本立ちが喜ばれます。3本立ちは全体的なバランスがよく、華やかさもあります。どんな色を贈って良いかわからない場合は、白を選びましょう。

白い胡蝶蘭は、結婚式や開店祝いはもちろん弔事の場面で贈っても安心です。お祝いの場面では、贈る相手の好きな色がわかる場合は、好きな色を贈ると良いでしょう。
お供え花として胡蝶蘭を選ぶときには注意が必要です。胡蝶蘭のお供え花としてのマナーを紹介しますね。

弔事で胡蝶蘭を贈る場合

弔事で胡蝶蘭
弔事で胡蝶蘭を贈る場合は、四十九日までは色付きの胡蝶蘭を贈ってはいけません。四十九日までは、「白上がり」といって白を基調としたお花を供えるのがマナーです。

四十九日を過ぎた後に送る場合は、遺族に元気を出してほしいという気持ちを込めて色付きの胡蝶蘭を贈ることができます。

白色の胡蝶蘭はこちら

結婚祝いやお店の開業祝いとして胡蝶蘭を贈る場合

結婚祝い
お祝い事で胡蝶蘭を贈る場合は、胡蝶蘭の設置できるスペースがあるかどうかを確認してから胡蝶蘭を決めましょう。
値段から胡蝶蘭を決めてしまうと大きすぎて周りのインテリアと合わなかったり、置くスペースがないことで相手を困らせてしまうこともあります。

胡蝶蘭を贈らないほうが良い場合

もし胡蝶蘭を贈る相手が、小規模なお店の開業だったり病院だったりした場合には、胡蝶蘭を贈り物として扱わないほうが良いかもしれません。

小規模なお店の場合は、胡蝶蘭を置くことでスペースが限られてしまいかえって負担になってしまうことがあります。病院の開院祝いには、衛生面の関係から生花をお断りしている場合があります。
開業した人との間柄にもよりますが、マナー違反となる場合もあるので気を付けたほうが良いでしょう。

贈り物として優秀な胡蝶蘭ですが、上記のような場合は別の贈り物を考えましょう。

まとめ

まとめ
胡蝶蘭は贈り物として、お祝いや弔事などさまざまな場面で使われます。胡蝶蘭が贈り物として選ばれることが多いのは、蝶のような花の形からこれからの明るい未来を想像できるので気持ちがとても癒されるためです。

どんなものを選んだらよいか悩むときは、3本立ちの白い胡蝶蘭を選びましょう。3本立ちは、胡蝶蘭の中で最もバランスがよい数です。

開店祝いとして胡蝶蘭を考えている場合は、注意が必要です。お店の大きさが小規模の場合は、相手にとって負担になってしまうので気をつけましょう。病院の開業祝いにも、衛生的な意味から生花を断っているので他の贈り物を考えたほうが良いかもしれませんね。

相手のことを思いながら選ぶ胡蝶蘭は、明るい未来を願うあなたの気持ちを届けてくれるでしょう。