幸福の胡蝶蘭屋さん

*

【胡蝶蘭の花言葉】コチョウランの花言葉はどんな意味?色別の意味

胡蝶蘭の花言葉
その華やかさと美しさ・見た目の豪華さや長持ちすることから、胡蝶蘭(コチョウラン)は結婚のお祝いなど様々なお祝いのシーンで贈り物として選ばれている高級なお花です。胡蝶蘭といえば白が定番ですが、愛らしさのあるピンク、さらには珍しい青や黄色などカラーバリエーションも豊富です。

様々な色のある胡蝶蘭ですが、花色や品種に関係なく共通して「幸福が飛んでくる」や「純粋な愛」といった花言葉を持っています。蝶が舞っているように見える花びらの姿は、幸せが舞い込んでくると考えられています。

また、お祝いにぴったりな胡蝶蘭は、それぞれの色にも花言葉があります。清潔な印象のある白には「清純」、優しさを表すピンクには「あなたを愛します」という意味が込められています。最近になって市場に出回るようになった、青い胡蝶蘭には「尊敬」という花言葉があります。
贈る色によって、お祝いのシーンに合わせた花言葉を選ぶことができるのも、胡蝶蘭の魅力です。

同じ胡蝶蘭でも色ごとで異なる花言葉をもっています。
なお、胡蝶蘭にも様々な品種がありますが、品種による花言葉の違いはありません。

胡蝶蘭の名前の由来

胡蝶蘭の名前の由来、漢字で書くと「蝶」が入るので本来、蝶に関係すると思いきや実は属名、学名は共に「蛾」に由来があります。英名もモスオーキッド「蛾」が関係してきます。

どうしてそう呼ばれるのか、胡蝶蘭の原種に”蛾”に似ている花があるそうです。
特に東南アジアの原種には形だけでなく色、模様も”蛾”に近いものがあります。
「蛾」というと外国と日本で概念に違いがありますが日本ではあまり良いイメージではありません。

そこで日本では英名そのものを直訳するのではなく花がまるで優雅に舞う「蝶」に似ていると「胡蝶蘭」と呼ばれるようになりました。

そもそも日本には「蛾」に似た原種に近いものではなくイギリスで人工的に交配され美しく整えられた花として入ってきました。縁起が良く気高く美しく優雅に舞う「蝶」のような花ー胡蝶蘭、贈り物として人気なのも、うなずける花です。

胡蝶蘭の学名はPhalaenopsis aphrodite(ファレノプシス アフロディーテ)といいます。

【胡蝶蘭の花言葉】白

白の胡蝶蘭の花言葉

胡蝶蘭というと、白の胡蝶蘭を連想する人も多いほど、白は定番の色です。上品で清潔さがありながらも存在感のある白は、お祝いのシーンを選びません。

そんな白の胡蝶蘭には「清純」という花言葉があります。「新しい気持ちで迎えたい」「門出を祝いたい」などといったお祝いの場面に向いているので、ビジネスやフォーマルなシーンなど、華やかに演出してくれます。

また、「清純」の花言葉が表すとおり、清らかな花であるため、冠婚葬祭にも適しています。

【胡蝶蘭の花言葉】ピンク

ピンクの胡蝶蘭の花言葉
胡蝶蘭の持つ上品なイメージを損なわず、愛らしさのあるピンクも人気の色です。

ピンクの胡蝶蘭には「あなたを愛します」という花言葉があり、恋人やパートナーへの贈り物として向いています。また、白の胡蝶蘭とセットにした「紅白」でのプレゼントも、お祝い事にぴったりです。

普段はなかなか「愛している」と伝えることができない人も、愛を添えて贈ってみてはいかがでしょうか。上品で、優しさに溢れたピンクの胡蝶蘭ならきっと伝わります。

青の胡蝶蘭の花言葉

青色は「誠実」や「真面目」といった印象を与えることができるため、青の胡蝶蘭には「尊敬」という花言葉があります。上司や家族など、尊敬している相手への贈り物として向いています。

【胡蝶蘭の花言葉】珍しい色(黄色/紫/オレンジ)

黄色の胡蝶蘭の花言葉
白やピンクが胡蝶蘭の定番とされていますが、近年では紫、黄色といった珍しい色の胡蝶蘭も出回るようになりました。

黄色の胡蝶蘭は市場に出てから間もないので、まだ花言葉はありません。しかし、黄色は「活発さ」や「エネルギーに溢れている」という印象を与える色であるため、黄色の胡蝶蘭にもそんなイメージを持つことができます。応援したい場面での贈り物に最適です。

紫の胡蝶蘭も、黄色と同様まだ花言葉が付いていません。しかし、古来より紫は品があり、位が高い色として用いられてきました。フォーマルな場面や、気品を出したい時には紫の胡蝶蘭を贈ると良いでしょう。

胡蝶蘭の花言葉・英語

胡蝶蘭は英語でPhalaenopsisといい、カタカナだと「ファレノプシス」という表記が近いです。ファレノプシスはギリシャ語の「Phalaina」(蛾)と「opsis」(〜のような)の2語が繋がって出来た言葉とされています。「蛾のような花」ということで、「蝶」に例えた日本語と似ています。

そんなファレノプシスの持つ花言葉は「Gaiety」で、意味は「陽気」です。日本語での花言葉は「愛」や「清純」といった、清らかなイメージとは対照的な意味を持っています。蛾がひらひらと舞っている様子に似ているところから、「陽気」という花言葉をつけたという、価値観の違いが見受けられますね。

英語の花言葉には、日本語の花言葉が持つ「気品さ」「上品さ」は持っていないので、国際パーティーでの贈り物や相手の国籍など、送り先に合わせた選び方をするようにしましょう。

胡蝶蘭の花言葉・怖い意味、悪い意味はある?

贈り物をする際に「実は、悪い意味があったらどうしよう…」と不安に思うかもしれませんが、胡蝶蘭自体の花言葉には怖い意味や、悪い意味はありません。

しかし、他の蘭にはいくつか、怖い印象を持つ花言葉があります。例えば、洋蘭のカトレアには「魔力」「魅惑的」という花言葉があります。魔力というと、なんだか引きずられるような悪い運気があるように思えます。しかし、「惹きつけられるほど魅惑的」という意味であり、実際のところネガティブなワードではありません。

また、紫蘭には「あなたを忘れない」という意味があります。使い方によっては「怖い」という印象を与えてしまう言葉ですが、言葉自体は悪い意味ではありません。相手を思う、純粋な言葉です。

このように、使い方によっては「怖い」という印象を与えてしまう花言葉もいくつかありますが、基本的に蘭の花言葉には「悪い意味、怖い意味」のものはありません。安心して贈りましょう。

シーン別おすすめの種類

色や大きさなど、さまざまな種類のある胡蝶蘭は、お祝いのシーンによって贈る種類を選ぶこともできます。ビジネスシーンでは、白の胡蝶蘭を選ぶことが多いです。一方、個人に贈る場合は小さめの「ミディ」が向いています。

シーンを選ばない胡蝶蘭は、いくつかのルールがある葬儀にも適しています。ただし、白の胡蝶蘭を選ぶようにしましょう。

ビジネスシーンには白

胡蝶蘭は、ビジネスシーンのお祝い事において定番の花です。他の花と比べて高価であること、管理を行えば長く咲き続けることから、ビジネスの場で選ばれるようになりました。

胡蝶蘭の花言葉である「幸福が飛んでくる」という意味は、これからの明るい未来を祝うのにぴったりな言葉です。開業・開店祝いをはじめ、移転・増床祝い、就任祝いなど幅広いシーンで贈ることができ、お取引先のおめでたい出来事を祝う気持ちが伝えられます。

ビジネスシーンの贈り物として向いているのは、白の胡蝶蘭です。「清純」という花言葉を持つ白の胡蝶蘭は、誠実な印象を与えることができます。「赤字・火事」を想像させる赤の胡蝶蘭はタブーとされているので、気をつけましょう。ラッピングでも赤は避けたほうが無難です。

個人向けにはミディや色物

胡蝶蘭は花の大きさによって主に2種類に分けられます。花が大きいものは「大輪」、小ぶりなものは「ミディ」と呼ばれます。

通常、胡蝶蘭はその華やかさが魅力的な花ですが、同時に広いスペースが必要となります。開業や開店祝いとして店先に置く場合は問題ないですが、個人としてもらった場合、どこに置くか悩んでしまう恐れもあります。また、胡蝶蘭は長持ちする花でもあるので、2〜3ヶ月は管理を必要とします。

しかし、ミディの場合は、小さなスペースにも置くことができ、管理に手がかかることもありません。贈り先に管理の手間をかけさせることなく、誕生日祝い、長寿祝い、母の日や父の日、引越し祝いなどシーンを選ばずに贈ることができるので、個人向けのお祝いの花にぴったりです。

胡蝶蘭は葬儀に贈っても大丈夫?

葬儀で贈る供花には、気をつけなければならないルールが2点あります。1つは「白上がり」と言って、四十九日までの間は、白一色で統一しなければなりません。したがって、他の色を使うことはできないので気をつけましょう。もう1つは「トゲがある花を贈ってはいけない」という点です。バラなど、トゲがある花は避けましょう。

胡蝶蘭にはトゲがありませんので、葬儀に贈る花としても向いています。「四十九日までは他の色を使わず、白の胡蝶蘭を贈る」という点に注意すれば大丈夫です。

ただし、白一色を守るのは四十九日までの間で、それ以降は何色の花を贈っても、特に問題はありません。ピンクや黄色など派手な色だとしても、タブーではないので、故人の好きな色を選ぶようにしましょう。