胡蝶蘭ギフト通販の幸福の胡蝶蘭屋さん

10月6日までのお届けについて
上記期間のお届けのご注文はお早めにご注文をお願いいたします。
ご注文が集中するため在庫切れや早めに受付終了となる場合があります。

本数別でおすすめの胡蝶蘭

胡蝶蘭はお祝いやビジネスなど、さまざまなシーンで幅広く使われている花です。

特にフォーマルな贈答品として人気が高く、開店祝いやお歳暮・お中元のほか、白い胡蝶蘭であれば供花にもなります。見た目がとても華やかな胡蝶蘭ですが、本数やボリュームに適した使い方があるため、贈答品に選ぶ場合には最適な胡蝶蘭を贈るようにしましょう。

例えば、スペースが小さいオフィスや個人宅へ5本立ちの豪華な胡蝶蘭を贈っても、置き場がなければ迷惑なギフトとなってしまいます。一方で、ビジネスなどでほかに差をつけたい場合は、より豪華で目立つ胡蝶蘭を選ぶのが正解になるケースも考えられるでしょう。

幸福の胡蝶蘭屋さんは、本数別や用途などから最適な花を選べる胡蝶蘭の通販専門店です。依頼主が実際に贈る胡蝶蘭の画像を見られるため、安心して美しい花を贈れます。受賞経験のある生産者から仕入れた質の良い胡蝶蘭を販売していて、ビジネスシーンや大切な人へのプレゼントなどで利用しやすいです。

さまざまな色の胡蝶蘭が購入できるほか、同じ本数でも花数の異なる胡蝶蘭があるので、豊富な品ぞろえの中からボリュームや予算に合わせた花を選んでみると良いでしょう。

本数から胡蝶蘭を選ぶ

胡蝶蘭の本数の意味

胡蝶蘭を本数別で紹介します。胡蝶蘭は主に「3本立ち」「5本立ち」「7本立ち」とあり本数が増えると見た目が大きくかわり豪華な印象になります。
プライベートのお祝いには3本立ち~5本立ち、ビジネスシーンで大切な取引先などには5本立ち~7本立ちがおすすめです。


3本立ちの胡蝶蘭

幸福の胡蝶蘭屋さんオススメ商品はコチラ

胡蝶蘭を贈るときのよくある質問

胡蝶蘭は大切なギフトに使われるため、特に贈る際のマナーは知っておきましょう。ここでは、胡蝶蘭を購入する際・贈る際のよくある質問を紹介します。

胡蝶蘭をギフトにする場合、定番の本数は何本ですか?

開店祝いや結婚式には白の大輪三本立てがフォーマルとなりますが、設置スペースによってはミディにした方が喜ばれると思います。華やかにしたい場合は紅白カラーや紫などを混ぜても綺麗です。

ただし、開店祝いの場合、赤色を入れるのは火事を連想させるので避けた方が良いでしょう。渡すタイミングは開店当日は忙しいかもしれないので避け、前日より前に送るなど、相手の都合に合わせましょう。

5本立ちなどの豪華な胡蝶蘭を贈るのに適切なシーンを教えて下さい

3本立ちと比較して5本立ち以上の豪華な胡蝶蘭はボリュームがより感じられ、見た目が豪華です。
ギフト用で3本立ちが基本的だと考えれば、5本立ち以上の豪華な胡蝶蘭を贈る適切なシーンは、50年や100年などの特別な周年パーティーや、胡蝶蘭が多数贈られると予想できるお祝いの席で見劣りしないために、いつもより豪華な花が必要な場合でしょう。
いつもの贈り物、いつものお祝いであれば3本立ち、いつもより豪華にしたい、特別な席で使う場合では5本立ちや7本立ち、もっと豪華な10本立ちなどを選択するのが最適と言えます。

お祝いに胡蝶蘭を贈りたいのですが、立て札は立てられますか?

贈答用胡蝶蘭には立て札が付けられるのが基本です。立て札がなければ贈り主が分かりませんし、何の用途で贈られたのかも理解できません。
立て札には木札や紙札があるので、胡蝶蘭を購入する際に希望の形状を選びましょう。お祝いの際は赤字で祝や御祝の文字を入れ、仏事に使う場合には黒字で御供などと表示させるのが一般的です。
名前は贈り主名だけを表示する場合もあれば、相手先の名前と贈り主名の両方を表示することもできます。
また、立て札を付けるとやや大げさなイメージになったり、小さいサイズの胡蝶蘭で立て札が目立ちすぎたりする場合には、メッセージカードを付けて贈るのもひとつの手段です。

幸福の胡蝶蘭屋さん 胡蝶蘭の本数のこだわり

当店では美しく見えるようなきれいに仕立てた胡蝶蘭を販売しております。同じ本数でも1本当たりの花数も多く豪華に見えるものをご用意しております。