6月下旬~7月上旬までのお届けについて
上記期間のお届けのご注文はお早めにご注文をお願いいたします。
ご注文が集中するため在庫切れや早めに受付終了となる場合があります。

色から胡蝶蘭を選ぶ

胡蝶蘭は高級感と長く楽しめる日持ちが特徴で、ビジネスシーンや個人の特別なお祝いに人気です。 胡蝶蘭は白が定番ですが、さまざまな色があり、贈る場面や相手によって自由に選べます。「幸福の胡蝶蘭屋さん」では、定番の白を始め、赤リップ、黄色、ミックス、青などカラーが充実しているのが特徴です。

日本では珍しい青や紫などの取り扱いもあり、色がある胡蝶蘭を探している人に最適。色別の人気ランキングを参考に、贈り物にぴったりの胡蝶蘭を探してみましょう。

色から胡蝶蘭を選ぶ

胡蝶蘭を色別にお選びいただけます。胡蝶蘭といえば白というイメージがありますが実はいろんな色があります。定番の白、ピンク、赤リップ、黄色、青等様々な色の胡蝶蘭を販売しております。


  • 白色の胡蝶蘭

    胡蝶蘭といえば白というくらい白い胡蝶蘭は定番で人気色。

  • ピンクの胡蝶蘭

    目立たせたい場合におすすめなのがピンク色の胡蝶蘭です。

  • 赤リップ色

    白い胡蝶蘭の真ん中が赤くり紅白で縁起のよい赤リップの胡蝶蘭。

  • 黄色の胡蝶蘭

    黄色い胡蝶蘭

  • 青い胡蝶蘭

    日本では非常に珍しい青色の胡蝶蘭。当店ではブルーエレガンスを販売しております。

  • ミックスの胡蝶蘭

    店頭ではなかなか見かけないミックスの胡蝶蘭。珍しい胡蝶蘭を贈りたい方におすすめです。

幸福の胡蝶蘭屋さんオススメ商品はコチラ

胡蝶蘭を贈るときのよくある質問

特別な慶弔やお祝いに胡蝶蘭を贈る時には、胡蝶蘭を贈るマナーを知っておくとスムーズです。ここでは、胡蝶蘭を贈る時によくある質問を紹介します。

胡蝶蘭は、贈る色でマナーはありますか?

胡蝶蘭は白が多く流通していますが、さまざまな色があります。贈る相手が好きな色や花言葉などで選ぶことも可能ですが、一定のマナーを守ることが重要です。特に供花の場合、四十九日までは白一色の胡蝶蘭を選びます。
四十九日以降は、淡い色などを中心としてピンクや黄色など故人の好きな色を贈ることも可能です。
赤い胡蝶蘭は、贈るシーンが限られるため、贈る相手が好きな色でも注意しましょう。例えば、新築のお祝いでは火事を連想するためふさわしくありません。開業祝いでは、赤は赤字といった意味があるため、避けましょう。 開業や個人のお祝い事には、白をはじめとして、ピンク、黄色などの色を選べば間違いありません。赤リップは、赤が少し使われていますが、赤と白で紅白カラーが縁起が良いとされます。贈るシーンや相手に合わせて最適な胡蝶蘭を選んでください。

胡蝶蘭のお世話はどのようにすればいいですか?

胡蝶蘭は、毎日水やりをする必要がなく、土の表面が乾いてきたらコップ1、2杯の水を与えます。室内が乾燥している季節には、花びらに霧吹きで直接水を与えてください。ラッピングがされていると、ラッピングに水が溜まってしまい、根腐りを引き起こしてしまうことがあります。
水がたまらないように避けて水やりを行いましょう。胡蝶蘭を育てるのに最適な温度は、日中は25度、夜間は18度と言われています。冷暖房で管理されている部屋であれば、問題なく育てることができます。風通しがよい場所を好むため、直射日光が当たらない、適度に明るく風が通る場所に置きましょう。
詳しい胡蝶蘭の育て方はこちらをご覧ください

胡蝶蘭の大きさはどのように選べばいいですか?

胡蝶蘭を選ぶ時には、縁起がよいとされる奇数で本数を選びます。定番なのは3本の茎がある3本立て、豪華な胡蝶蘭を送りたい場合には5本立てを選びます。
胡蝶蘭は鉢植えで、大きさが大きめです。
贈り先にスペースが必要になるため、置き場があるかを確認してからサイズを選びましょう。場所がない場合には、ミディサイズの胡蝶蘭を選ぶと、受付の机やカウンターに飾ることができます。