10月6日までのお届けについて
上記期間のお届けのご注文はお早めにご注文をお願いいたします。
ご注文が集中するため在庫切れや早めに受付終了となる場合があります。

胡蝶蘭を押し花にしてみよう!!小物作りや加工法も紹介!

胡蝶蘭の押し花
高貴で美しい胡蝶蘭をじっと眺めていると、「このきれいな花をいつまでも残しておきたい!」そんな衝動に駆られませんか?胡蝶蘭は、ドライフラワー、プリザーブドフラワーに加工して保存できますが、押し花にすると色落ちが少なく、様々な小物に利用できるといわれています。
美しく咲いた胡蝶蘭を押し花にしてみましょう。胡蝶蘭、押し花の作り方、楽しい小物作りや加工法を紹介します。

胡蝶蘭の押し花

胡蝶蘭は3ヶ月で開花期を終えます。美しい高級花なので、お祝いで頂いたり、花屋さんで気に入ったものを買い求めたりと、それぞれが思い入れのある花に違いありません。愛着のある美しい花を半永久的に保存しておきたいなら、押し花にするという方法があります。

子供の頃、身近な花を摘んで押し花にした、夏休みの自由研究で植物標本を作った、そんな記憶を持つ人も多いでしょう。
そうした経験を思い出し、押し花作りに挑戦してみると、胡蝶蘭の押し花はあらゆるシーンで活躍できることに気付きます。

お祝いで頂いた胡蝶蘭を押し花にするなら、はがきやカードに加工することをおすすめします。結婚祝い、新築祝いで頂いた胡蝶蘭を一輪切って押し花にしておきます。約10日前後で、押し花が完成する時期には、お礼状を送るのに最適な日数です。はがきに胡蝶蘭の押し花を貼り、お祝いを頂いた方へ送り返せば、相手方に喜ばれる返礼になりますよね。

「あなたから頂いた胡蝶蘭を大切にしていますよ」といったメッセージも伝わります。胡蝶蘭の押し花を貼ったお礼状には、感謝の言葉を書き添えておきましょう。また通販で相手方に胡蝶蘭を贈った人は、実際の花の姿を目にする機会がありません。

業者から画像を提供されますが、押し花の形で本物を目で確認できると、贈り主も安心し、祝う気持ちをより共有できるのではないでしょうか?押し花は押し花作家と呼ばれる人が活躍し、芸術性の高い物、きれいに加工された小物類、アクセサリーが販売されています。しかしはがきやカードといった加工物は、スキルが無くとも誰でも簡単に作れるのです。胡蝶蘭はお祝いの記念と返礼のために、ほんの少しでも押し花にして保存、加工することをおすすめします。

胡蝶蘭の押し花の作り方

胡蝶蘭の押し花・フレーム 胡蝶蘭の押し花を作る際、必要な物を挙げておきます。
・胡蝶蘭の花
・カッターナイフ
・ピンセット
・乾燥シート
・半紙
・辞書や辞典などの分厚い本
手芸店やホームセンターで揃います。
個別に揃えるのが難しい人は、押し花作成キットなどがセット販売されているので、こちらを利用しましょう。乾燥シートは新聞紙、キッチンペーパーで代用できますが、胡蝶蘭は水分を多く含む花なので、しっかりと乾燥させるためには、乾燥シートを使う方がよいです。

胡蝶蘭、押し花の作り方①~花を分解する~

胡蝶蘭を分解 新鮮で元気の良い胡蝶蘭の花びらを、必要な量だけ切ります。リップ部分をカッターで切り離し、花びらをパーツごとに切って分解します。
胡蝶蘭は花びらの形が最も特徴的なので、慎重に切り離して下さい。不用意に花を傷つけないようにしましょう。傷がついた部分が変色する恐れがあります。

胡蝶蘭、押し花の作り方②~乾燥させる~

パーツに分解したら、指で少し押します。立体の胡蝶蘭を平面にする作業です。次に半紙を敷き、その上に乾燥シートを置きます。乾燥シートの上に、胡蝶蘭をパーツごとに並べてください。
その上からさらに乾燥シートを載せ、半紙を敷いて、辞書などの本に挟みます。半紙は胡蝶蘭の水分で本を汚さないためです。

胡蝶蘭、押し花の作り方③~重しを載せる~

胡蝶蘭を挟んだ本に、重しを載せ更に圧力をかけます。時折乾燥の状態を見ながら、10日前後放置します。
水分が抜けきっていなければ、また数日重しをして、放置しましょう。乾燥シートをめくる際は、花が崩れないように注意します。

胡蝶蘭、押し花の作り方④~パーツを戻す~

乾燥し、平面になった胡蝶蘭を本から取り出します。パーツをピンセットで元通りの位置に戻し、きれいに並べます。その後小物などに加工します。

胡蝶蘭の押し花、加工法

押し花は紙やシート、布に貼り付けて固定し、様々な小物に加工できます。事前にデザインを考えておき、この世にただ一つ、オリジナルな胡蝶蘭の小物を作りましょう。

はがき・カード

はがきやカードなど台紙に押し花を貼るには、透明フィルムを使うなど、色々な方法がありますが、一番簡単な「押し花専用はがき」を利用する方法を紹介します。押し花はがきの薄紙をめくり、剥がします。

はがきの粘着面に胡蝶蘭の押し花をデザインして貼っていきます。花に花レジンを塗り、乾かせば出来上がりです。カード類は胡蝶蘭の花色を使い分けることで、分類にも役立ちます。

ペーパーウェイト・箸置き

最近は100均ショップなどでレジンが購入できるようになりました。レジンで小物を作るキットも販売されています。
気に入った型を見つけたら、レジン液を流し入れ、胡蝶蘭の押し花を入れて埋めます。紫外線に当ててレジンが固まれば出来上がりです。大きさに合わせて、ペーパーウェイト、箸置きなどに活用しましょう。

和小物

胡蝶蘭はアジア原産の植物なので、和風の小物にも利用できます。うちわに貼り付けたり、和紙に貼ったりして、和風の飾り付けを楽しみましょう。
押し花用の両面シールで貼付けすると、簡単にできます。栞やブックカバーを作り、本好きな人にプレゼントするのもいいですね。着物の端切れや千代紙と組み合わせてデザインすると、胡蝶蘭の持つ和の魅力がぐっと引き立ちます。

小物入れ

加工技術に自信がない人は、既にある手持ちの小物入れに、胡蝶蘭の押し花を貼り付けて、デコるという方法もあります。
100均ショップでもガラス素材の透明な小物入れを販売しているので、こうしたグッズを購入して、胡蝶蘭の押し花を貼り付け、オリジナルな小物入れを作りましょう。

まとめ

まとめ
お祝いで頂いた心をいつまでも大切にするために、押し花はとてもよい保存方法といえます。胡蝶蘭を贈ってくれた人には、押し花はがきでお礼状を送ってみましょう。ペーパーウェイトに箸置き、小物入れや壁飾りなど、活用法は無限です。せっかくきれいに咲いてくれた胡蝶蘭です。押し花にしていつまでも手元に置いておきたいですね。