幸福の胡蝶蘭屋さん

*

胡蝶蘭はとても素敵なお花ですよね。縁起もいいので、良くお祝いとしてもらうことが多いのではないでしょうか。花自体もとても可愛く他のお花よりも長持ちなので、飾るにはピッタリのお花です。
そして、適切な育て方をすればだいたい1ヶ月~2ヶ月は楽しませてくれるので部屋においてあるとパッと華やぎます。

[胡蝶蘭/育て方]温度・湿度・水のあげ方・肥料・植え替えなど管理方法/二度咲きと花が終わった後の管理

しかし、やはり花なので終わってしまうのですが、胡蝶蘭の場合、その後のお手入れをしっかりとすれば来年再来年とまたお花を咲かせることが出来ます。では、花が枯れてしまったあとの胡蝶蘭の育て方を紹介したいと思います。

まず、花が終わったら植え替えを行います。まずは、胡蝶蘭を一株ずつそれぞれ小さな鉢に、水苔やパークで植えなおします。このときに根が腐っている部分があったらそのままにしないできちんと切り取る事が大切です。
根がほとんどなくなってもきちんと生えてくるので残さずにしっかりとはさみで切り取りましょう。
このときに使うはさみもしっかりと火にあぶって消毒をしてから行う事が大切です。その後花茎の支柱をとります。


そして、植え替えが終わったら胡蝶蘭の茎の部分をカットします。株を健康に育てて来年にしっかりとした花を咲かせたいなら根元からカットすることがポイントです。
根元から切ると株に力が蓄えられるのでながく胡蝶蘭を育てることが出来ます。これは来年胡蝶蘭を育てたときに関係してくるのでしっかりと行いましょう。

また、すぐに咲かせたい場合は2~3節目でカットしてください。きったすぐしたの節から新しい芽が生えてきますよ。
ですが、この方法はまたすぐに花を楽しむことが出来ますが、胡蝶蘭の体力がなくなってしまうので、来年も再来年も長く楽しむには根元からのカットをおすすめします。


そして、大事なのは管理する場所です。適当な場所に管理してしまうと育たずに枯れてしまう可能性があるので、管理だけはしっかりしましょう。
まず、春~秋はカーテン越しの明るい部屋においてください。
直射日光にあてると葉焼けの原因になるので、風通しの良い、日陰におきましょう。
胡蝶蘭は寒さに弱く10度以下になってしまうと成長しない特徴があるので、冬冷え込みがひどい場合はダンボールをかぶせるなど工夫して寒い場所に置かないようにしてくださいね。


そして、他に大事なのは水やりや肥料です。花が終わった後の植え替えの後一週間はそのまま何もしないでおきます。

そして、一週間たったら水やりを開始してください。そして、その後は基本的に水苔が乾いたらあげるようにすることが大切です。
水のやりすぎは根腐れを起こす原因になるのでやりすぎないようにしてください。
そして、胡蝶蘭は春~夏にかけて生長していくので夏場は忘れないようにみずやりを行う事が大切です。夏は特に乾きやすいので水苔の様子をしっかりとみておくことが大切です。与えすぎもダメですが、与えなさすぎもダメなので水やりのポイントをおさえておいてくださいね。

そして、肥料には液肥と置き肥がありますが、胡蝶蘭の場合は液肥がおすすめです。置き肥にしてしまうと水苔が早く痛んでしまします。
そして、液肥でも濃い液肥はあまり好まないので通常よりも少し薄めてから肥料を与えるようにするのがコツです。
水やりと肥料は胡蝶蘭の生長のためには絶対にかかせないものなので、忘れないようにやりましょう。

また、胡蝶蘭の植え替えの時期はいつがベストなのかと疑問を持つ人もいるのではないでしょうか。特にあまり花を育てた事がない人はきちんと育つのか心配になってくると思います。絶対にいつでないとダメというのはありませんが、基本的に一番ベストな時期は4月です。

夏は暑くてダメージを与えてしまいますし、冬は寒いため生長しないからです。
もちろん住んでいる地域にもよるので絶対に4月が適しているとはいいませんが、だいたい4月~6月の間に植え替えを行うのが一番おすすめです。
この時期に合わせて植え替えを行いましょう。

胡蝶蘭は育て方が難しいと思っている人も多いのですが、基本的に適した温度とみずやりを行えばどんな人でも育てる事が出来ます。
また、みずやりの頻度も時期によってですが、1週間に1回くらいでいいので、そこまで頻繁にあたえるものではないので、忘れてからしてしまうという事は少ないでしょう。手のかかる花ではないのでもし、プレゼントでもらったら育ててみてくださいね。

しかし、もし、育てているうちに葉がしおれている、枯れている場合はすでに株が死んでしまっているので胡蝶蘭は咲きません。
この場合はあきらめて捨ててしまいましょう。どうしてもまた育てたい場合はまた買ってきて最初から育ててください。

このように、胡蝶蘭の花が咲き終わった後の手入れの仕方を紹介しました。意外と難しくないと思った人も多いのではないでしょうか。
胡蝶蘭は手間がかからない花なので毎日世話が出来ないという人にもすごくおすすめです。もし、胡蝶蘭をプレゼントされた人は育ててみてくださいね。

当店でも胡蝶蘭の販売をしております。
ご自宅で育てたい方はぜひ当店をご利用ください。

胡蝶蘭の花が終わった後の処分・廃棄・回収方法

ギフトでもらった胡蝶蘭、もう一度咲かせるのではなく花が終わったら処分したいという方もいるかと思います。
処分したい場合は「ゴミとして出す」か、「胡蝶蘭の回収業者に依頼する」ことになります。
ゴミとして出す場合は各自治体ごとに異なるので役場などに問い合わせや、法人でゴミの収集を依頼している場合は産廃業者に確認をしてみましょう。

胡蝶蘭の回収業者に依頼する場合は送料+処分代が一般的になっていますので、ゴミとして出す場合と回収とどちらが安いか比較してみましょう。