幸福の胡蝶蘭屋さん

*

移転祝いを贈るタイミング・時期

事業所の移転が決まったら、必ず取引先の会社に通知が送られてきます。一日でも早く祝い物を贈りたいと思うのは当然のことですが、移転祝いの場合は贈るタイミングに十分に気を付けなければなりません。

たとえば自宅の引越しのケースを考えてみてください。大量の荷物を梱包して室内がごった返している中、大きな花が送られてきたらどうでしょうか。ありがたいどころか邪魔以外の何物でもありません。書類手続きなど他にもやらなければならないことがたくさんあり、誰からプレゼントを貰ったか確認する時間すらないでしょう。したがって、移転祝いを贈るのは先方の移転作業が十分に片付いてからにするべきなのです。

理想的なのは、移転後の業務開始当日、あるいはその前日です。そのくらいの時期なら移転祝いを贈ってもご迷惑になる可能性は極めて低く、大きめの胡蝶蘭でも安心して贈ることができます。

些細なことですが、カレンダーの六曜をチェックして縁起の悪い日に移転祝いを贈らないように気を付けましょう。大安がベストですが、少なくとも仏滅は避けた方が良いでしょう。

万一事業所移転連絡の確認が遅れてしまった場合でも焦る必要はありません。移転祝いは移転から1か月後に贈っても構いません。もちろん、あまりにも遅すぎると先方に失礼になってしまうので、その際は謝辞も添えた方が無難です。いずれにせよ、移転後も良好な関係を続けるためには、移転祝いを贈るタイミングがとても大切だという事を肝に銘じておく必要があるでしょう。

移転祝いに何を贈ろうか迷ったらコレ! 移転祝いプレゼントランキング