6月下旬~7月上旬までのお届けについて
上記期間のお届けのご注文はお早めにご注文をお願いいたします。
ご注文が集中するため在庫切れや早めに受付終了となる場合があります。
また、一部商品は7月1日以降の出荷となる場合があります。

胡蝶蘭の蕾(つぼみ)ができた!きれいに咲かせる5つのポイント

胡蝶蘭の蕾(つぼみ) 企業での昇進、レストランの開店などビジネスの場面だけでなく、引っ越しや還暦祝いなど、個人のお祝いのギフトとしていただくことも多い胡蝶蘭。きちんとお手入れをすれば、二度咲き、三度咲きと長く楽しめることはご存じでしたか?

胡蝶蘭を上手に咲かせる上で、最も難しいのが「冬越し」。なぜなら、胡蝶蘭の原産地は東南アジアなどの熱帯地域。温暖で多湿な環境を好む胡蝶蘭にとって、日本の冬はとても厳しい環境なのです。 しかし、冬越しを諦める必要はありません。ちょっとした工夫で、きちんと越冬させることができます。

この記事では、胡蝶蘭が花を咲かせるまでの流れをご紹介しながら、蕾を上手に咲かせるために注意すべき5つのポイントと、蕾が枯れてしまう原因をまとめました。

胡蝶蘭の花が咲くまで

胡蝶蘭の花芽から蕾へ 1花芽が出る
胡蝶蘭の上から2枚目の葉のつけ根付近から、緑色の芽が出てきます。これが胡蝶蘭の花芽です。同様の場所から白色の芽のようなものも出てきますが、これは新根(根っこ)です。気温が15℃以下の場合、胡蝶蘭は休眠状態にあるため花芽はあまり伸びません。なお、10℃以下になると枯れてしまうので注意が必要です。

2花芽が長く成長し、蕾ができる
気温が20℃以上になると、花芽が伸び始めます。花芽は最初横に伸びはじめますが、その後上に向かって成長し、花茎になり、その先端に緑色の蕾ができます。その後も花茎は成長を続け、大輪の胡蝶蘭で70〜80cm、小輪のものでも10〜20cmほどの長さになります。

3蕾がふくらむ
胡蝶蘭の蕾が丸く大きくふくらみます。開花までもう少しです。
このとき、蕾が黄ばんだり、しわしわと萎れていたりしたら要注意。以下の「胡蝶蘭の蕾を咲かせるポイント5つ」の条件が守れているかチェックしましょう。

4開花する
胡蝶蘭の花は、3日に1輪ほどのペースで開花し、満開になってから約1〜2週間楽しめると言われています。花が咲き始めてから最後の花が落ちるまでは、なんと3ヶ月。
ただし、胡蝶蘭の置かれる環境や個体差にもよります。以下のポイントに気をつけることで、蕾を枯らさず、できるだけ長く楽しむことができますよ。

胡蝶蘭の蕾を咲かせるポイント5つ

咲きかけの蕾

1最も気をつけたい「温度管理」

胡蝶蘭を育てる上で1番気をつけるべきポイントが、「温度」。
暖房などを用いて、最低でも15℃以上、できれば20℃前後になるようにしてあげましょう。

また、気をつけたいのが「温度差」。1日を通して温度差が大きくならないよう、リビングなどの場所に置き、夜でも温度が下がらないように注意しましょう。

2空気の乾燥は大敵!「湿度」

胡蝶蘭は東南アジアを中心とした熱帯地域のお花なので、乾燥が苦手です。乾燥すると、せっかくできた蕾が茶色くなって落ちてしまうこともあります。

特に冬の乾燥する季節には、霧吹きを使い、胡蝶蘭の葉の表と裏に向かって、しっかり水を吹きかけてあげましょう。その際、水が蕾にかからないように注意してください。

また、エアコンや扇風機の風が直接当たることも、胡蝶蘭の乾燥の原因につながります。室内で育てる際は、こうした風が当たらない場所を選んで置いてあげましょう。

3適度な日当たり

胡蝶蘭は無理して陽に当てる必要はなく、部屋の明かりでも育ちます。レースのカーテン越しなど、直射日光を避けた明るい場所に置きましょう。

なお、直射日光を受けると葉が焼け、白っぽくなったり、黒く焼けて変色してしまうので注意が必要です。

4水やりは控えめに

胡蝶蘭の水やり 胡蝶蘭の水やりは、1週間〜10日に1回程度にしましょう。胡蝶蘭の植え込み部分を触り、乾いていればコップ1杯(150ml程度)の水をあげる程度で十分です。
胡蝶蘭は水によって根腐れを起こしやすい植物なので、水をあげすぎると蕾が枯れてしまうことにもつながります。
もし受け皿に水が溜まっているようであれば、それも捨ててあげましょう。

胡蝶蘭の水やりは、「植え込み部分の苔が乾燥したら、水をあげる」のリズムを守りましょう。
また、室温と近い温度で、午前中の暖かい時間帯に行うのがおすすめです。肥料は与える必要はありません。 詳しい胡蝶蘭の水やりや基本的な育て方はこちら

5葉や蕾を狙う「害虫」に注意

胡蝶蘭を狙う主な害虫に、「カイガラムシ」、「アブラムシ」、「ハダニ」がいます。それぞれの特徴と対処法をご紹介します。

・カイガラムシ
非常に多くの種類がいると言われるカイガラムシ。そのなかでも胡蝶蘭に多く見られるカイガラムシは、大きさ1mm程度の白くフワフワとしたもので、葉と葉の間や、根元に付着しています。また、花びらに付着している場合もあり、黒くシミのような見た目をしています。カイガラムシを見つけたら、歯ブラシや爪楊枝などでこすり取ります。その後、2,000倍に希釈した中性洗剤で株を洗い、最後に冷たすぎない水ですすいであげましょう。

・アブラムシ
さまざまな植物に付着するアブラムシは、強い繁殖力で胡蝶蘭を弱らせていきます。また、ウイルスなどの病原体を媒介し、病気を運んでくることもあります。アブラムシは非常に繁殖力が強いので、見つけたらすぐに薬剤を塗布して駆除することが大切です。

・ハダニ
室内で育てている胡蝶蘭で気をつけたいのがハダニ。葉の裏がべたつき、ツヤがなくなり、白斑のようなものが出るのが特徴です。乾燥を好むため、霧吹きなどで葉に水をかけて予防しましょう。防ダニ剤の使用もおすすめです。

蕾が枯れたかも?チェックすべきポイントとその原因

しわしわの胡蝶蘭の蕾(つぼみ) ・蕾が茶色い、しわしわしている
胡蝶蘭の蕾が茶色(もしくは黄色)く変色している、しわしわとしてしまっているのは蕾が枯れている証拠です。
その原因は「湿度」と「日光」。先ほどご紹介したように、胡蝶蘭は乾燥に非常に弱い植物です。霧吹きなどを使って、しっかりと湿度を上げてあげましょう。

胡蝶蘭の蕾は環境の変化にも弱く、置き場所を変えてしまったり、植え替えを行うと傷んで咲かないこともあります。咲くまではなるべく同じ場所に置くようにするのもいいでしょう。
また、直射日光は葉だけでなく、蕾を枯らす原因にもなります。蕾が枯れてしまったら、湿度は十分か、陽が当たりすぎていないかを再度確認してみましょう。

胡蝶蘭の蕾に関するまとめ

まとめ
いかがでしたでしょうか?胡蝶蘭はデリケートな植物ですが、きちんとお手入れをすればなんとその寿命は50年以上とも言われています。この記事で取り上げた、「温度管理」、「湿度」、「日当たり」、「水やり」、「害虫」の5つのポイントに注意して、胡蝶蘭のきれいな花を長く楽しみましょう。

胡蝶蘭のおすすめコラム

胡蝶蘭に関する記事を紹介いたします。