胡蝶蘭は英語でなんという?胡蝶蘭の他の言語の呼び方は?

胡蝶蘭を英語で何という
胡蝶蘭は蝶のような花のかたちが独特な花ですね。冠婚葬祭や開店祝い、さまざまな贈り物として喜ばれる花です。胡蝶蘭という呼び方は、日本独自の言い方です。蝶のような花の形をそのまま名前にしています。

そんな胡蝶蘭は、多くの国でも愛されている花です。胡蝶蘭を英語で贈り物として贈る場合、どんな言い方になるでしょうか?今回は胡蝶蘭を英語で呼ぶときの言い方、他の言語での呼び方を紹介します。

胡蝶蘭は英語で何という?

英語
胡蝶蘭は英語でPhalaenopsisといいます。英語表記の読み方はカタカナだと「ファレノプシス」となります。
ファレノプシスというときいたことのある人もいるのではないでしょうか?

日本語では蝶のような花という胡蝶蘭。ファレノプシスも同じようにギリシャ語のPhalainaとopsisの2語が繋がって出来た言葉とされています。
直訳すると、「蛾のような花」になります。英語で呼ばれていても、蝶の例えである日本語と似てますね。花の形になぞらえた呼び方は、どこの国でも共通しているようです。

英語の別名も!

胡蝶蘭を英語で言うときには、別名もあります。

ファレノプシス以外にも、moth orchid(モスオーキッド)またはPhalaenopsis aphrodite(ファレノプシス アフロディーテ)です。どちらも胡蝶蘭の別名です。品種によって名前が異なってきますが、胡蝶蘭ということには変わりありません。

アフロディーテとは、ギリシャの女神です。愛と美と性を司る神話の女神で、ホタテの貝殻の中から生まれてくる絵の中心にいる女性です。胡蝶蘭には、英語名も愛のあふれる言葉で包まれているんですね。

胡蝶蘭を英語でいうとき、花言葉は?

胡蝶蘭英語の花言葉
胡蝶蘭を英語でいうとPhalaenopsis。ファレノプシスの花言葉は、「清純」「幸せが飛んでくる」。色によっても花言葉は変わります。白いファレノプシスなら「純粋」ピンク色なら「あなたを愛しています」です。

お祝いや人生の門出にふさわしい花言葉ですね。場面だけでなく相手への気持ちを託して贈ることも素敵です。

関連記事: 胡蝶蘭の花言葉は?ピンク・白など色別に紹介!

胡蝶蘭を他の言語でいうと?中国語、スペイン語、ギリシャ語を紹介

胡蝶蘭を英語ではファレノプシスということがわかりましたね。胡蝶蘭は世界中にあるためほかの言語ではどのように呼ばれているのでしょうか?母国語としての利用が多い中国語、スペイン語、ギリシャ語も合わせて紹介します。

胡蝶蘭を中国語でいうと?

胡蝶蘭を中国語でいうと蝴蝶兰。カタカナで表記すると、フゥー・ディエ・ランです。「兰」は英名で、orchidオーキッド(蘭)のことを示します。

中国語での読み方はあまりなじみがないかもしれませんが、覚えておくといいですよ。

胡蝶蘭をスペイン語でいうと?

スペイン語
胡蝶蘭をスペイン語では、Orquidea-phalaenopsisといいます。読み方は、オルキデア・ファレノプシスです。
スペイン語も英語に続く利用者の多い言語で、中南米の国のほとんどがスペイン語です。相手に合わせた言葉で伝えていけるといいですね

胡蝶蘭をギリシャ語でいうと?

ギリシャ語
胡蝶蘭のギリシャ語の表記の仕方は、Ορχιδέα Phalaenopsis。カタカナでの読み方は、オルヒデア ファレノプシスです。オルヒデアとは、ギリシャ語でのランという意味を持ちます。

英語表記では、Orchidéa Phalaenopsis。胡蝶蘭の英語でいう言い方とは少し違いますが、同じような表現をすることがわかりました。

まとめ

まとめ
胡蝶蘭を英語やほかの言語でいうとなんていうかをまとめました。胡蝶蘭を贈るときには相手の言語に合わせて胡蝶蘭を呼ぶと相手との仲が深まりそうです。胡蝶蘭を英語でいうと、ファレノプシス。ギリシャ語での「蛾のような」という言葉からできています。
中国語、スペイン語、ギリシャ語でも同じように「蛾のような」という花の形になぞらえた呼び方がされています。

日本語では胡蝶蘭という、蝶に例えられた素敵な言葉で呼ばれていますね。改めて日本人の繊細な感性が花の名前に託されているのだと感じます。

胡蝶蘭を英語でいう場合の花言葉は「清純」「幸せが飛んでくる」です。こちらは日本語での胡蝶蘭と変わりはないですね。だからこそ胡蝶蘭は多くの人に愛され、新しい門出をお祝いする花として贈り物に選ばれているのでしょう。