胡蝶蘭ギフト通販の幸福の胡蝶蘭屋さん

胡蝶蘭の胴切りとは?胴切りのやり方を解説

胡蝶蘭の胴切り
胡蝶蘭を長く育てていくと植え替えをする時期が必ず来ます。そのままにしておくと根っこで鉢がパンパンになってしまい、根腐れを起こしてダメになってしまうことも。
茎が成長しすぎてグロテスクに感じてしまうような見た目になることもありますね。胡蝶蘭の植え替えをするときには、そのまま新しい鉢に植え替える以外にも株分けをしたりコルク付けしたりいろいろな方法があります。

それぞれ鉢に植えてある状態とはまた異なった胡蝶蘭の姿を見ることができますよ。その胡蝶蘭の手入れの中に胴切りというものがあります。今回は胡蝶蘭を胴切りする方法についてまとめました。

胡蝶蘭の胴切りとは?

胡蝶蘭の胴切りとは、茎の部分を切り分けて株分けをする方法です。長く育てていても花芽が出なかったり、茎の成長が遅い場合に行う方法です。
胡蝶蘭を胴切りするためには、清潔なハサミと新しい鉢などの胡蝶蘭を植え付ける場所が必要です。

胡蝶蘭の胴切りと株分けとの違いは?

胴切りするとそれまで花芽や茎の成長に届かなかった栄養が回るようになります。胡蝶蘭の胴切りは株分けの一種です。株分けの方法という大きなくくりの中に胴切りが入っているのです。

その中で茎や根っこが伸びすぎたときに行うのが、胴切りという方法です。胡蝶蘭はもともと亜熱帯地方に生息する着床植物。茎の途中から根っこが伸びてきます。これは本来の胡蝶蘭の持つ生命力にあふれた姿になります。

根っこと茎が伸びすぎた場合に行うのが、胴切りです。持っている胡蝶蘭の成長具合や状態によって、最適な株分け方法を選んでくださいね。

胡蝶蘭の胴切りのやり方

胡蝶蘭を胴切りするやり方を紹介します。

用意するものは、胴切りをする胡蝶蘭、清潔なハサミ、植え替えるための場所です。植え替えをする場所は、必ずしも植木鉢に土を入れる方法でなくても可能です。水苔を使って行う方法もあります。仕上がりが好きな形をイメージして、お好みの素材を用意してください。

やり方は清潔なはさみで胡蝶蘭を最適な場所で切るだけです。
この時に切り口には土がついたり余分な根っこが付いたりしないようにしましょう。切り口から雑菌が入り込んでしまうと胡蝶蘭が枯れてしまう原因となります。できれば切り口は乾かして、殺菌剤を塗ることがおすすめです。殺菌剤がない場合は、切り口を乾燥させるだけでも効果があります。

清潔なハサミを使う理由は、胡蝶蘭の病気やウイルスの感染を防ぐためです。切った部分は人間でいうと大きな手術をした状態です。そのまま新しい場所に植え付けてしまうと、胡蝶蘭自身が弱っているため枯れてしまう危険に見舞われています。

胴切りをすると子株が増えにくくなることもあります。育てていく中で子株を増やして株分けしたいと考えている人は切りすぎに注意しましょう。

胡蝶蘭の胴切りをするのにおすすめな時期は?

胴切りの時期
胴切りをするのにおすすめな時期は、胡蝶蘭が成長しやすい春から夏にかけてです。この時期は胡蝶蘭の根っこが成長しやすいからです。梅雨に入る前の5月頃が最適といわれています。

気温が上がってくる時期なので、胡蝶蘭の成長がしやすい時期です。梅雨時期は空気中から 胡蝶蘭の根っこは高温多湿を嫌います。胴切りした胡蝶蘭は植え替えてすぐに花をつけるとは限りません。

胡蝶蘭はもともと亜熱帯の植物なので、日本の風土は非常に成長しにくいのです。そのため胴切りした後3年は様子を見ましょう。根っこが大きく成長する時期が来れば、きちんと花を咲かせます。自分で胴切りをして成長する胡蝶蘭を見るのは、お祝いなどで送られる特別な胡蝶蘭とはまた違った楽しみ方ができますよ。じっくりと成長を楽しんでくださいね。

胴切りした後の胡蝶蘭の管理方法

胡蝶蘭
胴切りをした胡蝶蘭は、2週間は水を与えないようにしましょう。日当たりと風通しが良い場所で管理します。乾燥が気になるようなら霧吹きで軽く葉っぱに水を与えましょう。

その後胡蝶蘭に大きな異常が見られなければ、直射日光の当たらない明るい日陰に移動させてあげましょう。水やりや害虫、病気に気を付ければ、それまでの胡蝶蘭とはまた違った姿、成長を楽しむことができます。

まとめ

まとめ 今回は胡蝶蘭の胴切りのやり方についてまとめました。胡蝶蘭の胴切りは、伸びすぎた胡蝶蘭の姿を整え、生命力にあふれたワイルドな姿を見せてくれます。胡蝶蘭の胴切りをするときに最も気を付けるのは、切り口の消毒と病害虫です。

切り口はしっかりと乾燥をさせてから、新しい場所に植え替えましょう。この時の切り口に雑菌が入らないように気を付けてください。植物用の消毒薬を塗っておくとより安心です。

胡蝶蘭を胴切りした後には、なかなか成長をしないこともあります。もともと胡蝶蘭は日本の風土に根ざした植物ではありません。そのため、花をつけるのに3年程度かかる場合もあります。ですが日々の成長を楽しむことは、胴切りしたからこその楽しみ方です。胡蝶蘭の扱いが不慣れでも、ぜひ挑戦してみてくださいね。