胡蝶蘭の育て方を詳しくお教えします。

幸福の胡蝶蘭屋さん

午前11時まで翌日お届け

土日祝日も営業中

法人様 後払いOK

幸福の胡蝶蘭屋さん > 胡蝶蘭の育て方

【胡蝶蘭の育て方】開店祝いやお祝いでいただいた胡蝶蘭のその後の管理

胡蝶蘭は見た目も華やかで、贈答用として多く用いられています。 しかしながら、水やりや環境など、管理がデリケートな植物でもありますので、次に花を咲かせることができず、何時しか枯れてしまったという話をよく耳にします。 生長速度も遅く、見た目に変化が少ないわりに管理は必要ですが、咲いてくれた時の幸せは格別で、空間を一気に華やかにしてくれますので、是非ともチャレンジしていただきたいです。 胡蝶蘭は、一般的にふやしにくい種類の植物です。 ごく稀に花茎に芽ができることがあります。 この芽が出た際は、芽が大きくなり、葉が3枚程度になったら切り離し、同じように鉢に植え替えましょう。 うまく生長した場合、2~3年で花が咲く株になります。

【胡蝶蘭の育て方】ラッピングの外し方

胡蝶蘭をもらうときほとんどがラッピングされた状態の胡蝶蘭をもらうかと思います。 ラッピングされていた方が美しくそのまま飾っておきたいと思いがちですが、ラッピングされた状態は鉢の中が蒸れやすくなります。 胡蝶蘭の根は湿気に弱く根腐れやカビの原因になり、胡蝶蘭が枯れてしまう可能性が高くなりますのでできれば早めにラッピングをはずすようにしましょう。 もしラッピングをはずすのがもったいないという場合にはラッピングを外す前の写真をとっておいたり、鉢にリボンだけ付けなおすということもできます。 リボンだけでも鉢そのままよりもきれいに飾っておけるのではずすのがもったいない方はリボンだけ付けてみてはいかがでしょうか? ラッピングは主にセロハンと和紙などのペーパーになっていて、ホチキスでとめてありますので、 鉢を倒さないように気を付けながらホチキスをはずし、ペーパーとセロハンをはずしましょう。

【胡蝶蘭の育て方】会社やオフィスで注意するべきこと

移転祝いや社長就任祝いなどで胡蝶蘭をいただくことが多いですが、 胡蝶蘭をオフィスで育てるときは置き場所や水やりに気を付ける必要があります。 まず置き場所ですがエアコンの風に弱いため直接風の当たるような場所、エアコンの前やストーブの前などにおかないようにしましょう。 また、葉焼けの原因になるため直射日光はあてずに日当たりのよい場所でレースのカーテン越しに日光をあててやるのが理想です。 胡蝶蘭は寒さにも弱いため冬の営業時間外でもできる限りあたたかいところにおいてあげてください。 次に水やりですが、回数や量は時期や環境によって異なります。 胡蝶蘭は数株が寄せ植えになっていますので、それぞれの株もとにたっぷりめ水をあげて1週間から3週間かけて表面がかわいたら再びたっぷり水やりをしてください。

【胡蝶蘭の育て方】寄せ植えの作り方

胡蝶蘭を身近に楽しむ為に人気なのが、胡蝶蘭の寄せ植えです。 例えば、観葉植物と胡蝶蘭を寄せ植えする場合には、鉢を使っても大丈夫ですが、ガラスの器などを使っても問題ありません。 用土は胡蝶蘭でも観葉植物でも大丈夫なべラボンが最適です。 寄せ植えをするポイントは観葉植物は少し深く、胡蝶蘭は観葉植物よりも浅く植えます。 そのようにする事で、しっかりと水を吸いたい観葉植物と根を少し浮かせて植えた胡蝶蘭が共存をする事ができるのです。 直射日光を避けて、みずやりは植え込むの材料の両面が乾いてきたらあげましょう。水のあげすぎは禁物です。冬場に関しては3週間に一度程度の水やりで充分です。

【胡蝶蘭の育て方】もらった後の対処法

花茎が数本見事に立ち綺麗に咲いている様に見えても、多くの場合その姿は人工的に作り出されたもの。胡蝶蘭の株自身にとって見れば決して快適な環境とは言えません。 というのも、多くの胡蝶蘭が数株を無理矢理1鉢の中に押し込んだ寄せ植えの状態となっており、胡蝶蘭が好む適度な乾燥と通気が全く確保されておらず、そのままの状態ではいずれ全ての株が弱り枯れてしまいかねないからです。 そこで行うべきは植え替え。と言っても胡蝶蘭を貰ってからすぐに植え替えるのは厳禁。花が全て終わり、気候が十分暖かくなり、葉の付け根から新根が伸び始めてから行うのがベストです。 それまでは静かに花を鑑賞しつつ、株元の植え込み材料が完全に乾いて数日経過したタイミングで軽く水やりを行うのがベスト。 また胡蝶蘭は寒さを極端に嫌いますから、冬場は最低気温が12度以上保てる部屋に置くなど、保温を重点的に心掛けると良いでしょう。

【胡蝶蘭の育て方】植え替え方法と時期について

胡蝶蘭の植え替えは2年に1回程度行い、春の終わり(5月上旬)から初夏(6月下旬)が最適です。 水ゴケが黒ずんできた場合や古くなってきた場合などには植え替えを行い、環境を整え直します。 根が鉢からはみ出るほどに元気に育っている場合は、そのまま植え替えずに育てましょう。 手順としては、まず傷んだ根を取り除き、これまでの植え込み材はすべて取り除きます。 株元に湿らせた水ゴケを根が広げるようにして入れ込み、次に根を包み込むように水ゴケを巻き付けます。 水ゴケの量が多くなりすぎ、多湿にならないよう鉢の欠片や大き目の軽石の粒を鉢の4分の1程度まで入れ、鉢の真ん中に株が来るように押し込むように入れます。 複数の株の寄せ植えの場合も1株ずつにばらし、同様に植え替えましょう。

胡蝶蘭をバーグで植え替える時の注意点

胡蝶蘭はカトレヤと違い、太いバルブを持たない単茎種の洋ラン。つまり極端な乾燥に弱く、保温と並び冬場の管理を難しくさせている原因でもあります。 なるべくなら保水性に優れるミズゴケに植えたいところですが、水やりをついつい多くしてしまいがちな初心者の場合、むしろ排水性が良く乾きが早いバーク植えの方が適しているケースもあるのです。 またバークの場合、鉢に押し込む加減が難しいミズゴケよりも植え替えが簡単、というメリットもあります。 寄せ植えの状態から植え替える場合、引き抜いた株元から古い植え込み材料や古く腐った根を綺麗に取り除いた後は、新たな鉢の中心に株を据え、バークをザラザラと入れ鉢の中を少しづつ満たしていきます。 一番下の葉の付け根付近までバークで満たした後は、軽く鉢を叩いたり、ヘラ等の器具で軽くバークを押し込み株を安定させればOK。 軽く水やりをした後は窓際の薄日の射す場所に置き、新根や新葉が動き出すのを静かに待つと良いでしょう。

胡蝶蘭の植え込み材料なしで育てる方法

また最近では空中の湿気や通気・通風を好む胡蝶蘭の性質を活かし、ミズゴケやバーク等の植え込み材料無しで栽培を楽しむ人も増えています。 やり方は実にシンプルで、株を支える何らかの器具にビニールタイ等で胡蝶蘭の株を縛り付け、太い根を空気に曝け出したまま水やり等の管理を行うというもの。 特に乾燥し易い夏場は、朝夕たっぷりと水を与えるか、あるいはバケツに張った水の中に根を丸ごと沈めてしまう等、ダイナミックな管理が楽しめます。 バンダやエアープランツを栽培している人から見れば見慣れた光景ですが、初めて行うとなればやはり抵抗感は強いもの。 ですが水やりをし過ぎても乾きが断然早く根腐れ等の心配が無い事や、新根の伸び具合を常にチェック出来る等、初心者向けのメリットも意外と多いのです。 何より太い根や分厚い葉が生き物の様に伸びる様が楽しく、決して飽きる事がありません。

【胡蝶蘭の育て方】株分けで増やす方法

既に述べた様に、胡蝶蘭は新しい葉が上へ上へと伸びてゆく単茎種。常にリードバルブから新芽が発生し、勢いに応じてその数が増えてゆくカトレヤ等の複茎種とは異なり、株分けにより株を増やすのはかなり難しい種類です。 どうしても株を増やしたいのであれば高芽の採取を狙ってみると良いでしょう。 胡蝶蘭は条件により、既に花が咲き終わった花茎の節から新芽が伸び出すケースがあります。十分葉が展開し、その根元から根が伸び出した時点で花茎から切り取り、小さな鉢に植え水やりを多めにして管理すると良いでしょう。 また、元ある株の成長点が何らかのトラブルで腐ってしまった場合、しばらく時間が経つとその茎の根元付近から幾つかの新芽が展開し伸び始めるケースがあります。 管理ミスによるあまり歓迎されないパターンではありますが、こちらも株を増やすチャンス。ある程度新芽が大きくなったらそれぞれ親株から切り離して植え替え、改めて育て上げるのがベストです。

【胡蝶蘭の育て方】蘭の種類

胡蝶蘭のリンゴベリーの育て方

リンゴベリーは国際園芸博「フロリアード2012」金賞受賞したコンパクトでも存在感のある濃いピンクの花色が美しいミディタイプの胡蝶蘭です。 置き場所を選ばないコンパクトサイズなのでテーブルやデスクの上などどこでも置くことができます。 国内外の著名な蘭品評会で数々の受賞経歴がある椎名洋ラン園さんが大切に育てた品種です。 育て方は他の品種同様に育てることができます。

胡蝶蘭のファレノプシスの育て方

お祝いの時に贈る花として代表的な胡蝶蘭ですが、とても沢山の種類があり、その中でも一般的にお花屋さんに並ぶ胡蝶蘭として「ファレノプシス」があります。 といっても、このファレノプシスは胡蝶蘭の学名なので、大体の胡蝶蘭にはこの名前の学名がついている事が多いようです。 育てる際に注意したいのが鉢の置き場です。胡蝶蘭自体がそうですが、直射日光にあてると、焼けをおこし、葉が茶色くなったりすることがあります。 真夏は窓辺に置かずに日の光がじんわりと入るような場所に置いて育て、秋から春にかけては窓辺のカーテン越しに日の光が入るようにしてあげるといいでしょう。 胡蝶蘭自体が18℃以下の温度で、30日位経つと花芽を作る性質がありますので室温にも気にしてあげると花が沢山咲いてくれると思いま す。

胡蝶蘭のミディの育て方

やや小さめでコンパクトなイメージが強いミディ胡蝶蘭は上品ですが、どのように育てることができるでしょうか。まずは設置する場所ですが、明るくて見やすいところ、そして寒さを苦手とするため、冬は暖かいリビングが良いでしょう。 日光が当たると葉焼けを起こす可能性があるために、カーテン越しなど明るくて、かつ太陽の光をじかに受けない場所がふさわしいです。室温が10度を下回らない場所に置くことができます。 とはいえヒーターなど暖房の風が当たる場所は避けるようにします。 水のやり過ぎは根腐れの原因になり注意が必要ですが、目安となる水やりは冬が10日から2週間に1回くらいで、夏は5から7日に1回くらいですが、気温や湿度や天気が関係してきますので、株や花、葉の様子を見て適度に水やりができるでしょう。

胡蝶蘭のパープルジェム 育て方

栽培スペースを取らないと最近人気のミニ胡蝶蘭。その中でもパープルジェムは花付きの良さと花持ちが群を抜く育て易い品種です。 パープルジェムはその名の通り、花径4センチ前後の可愛らしい赤紫色の花を房状に着けます。 一方その名前に反し、純白の花を着ける個体も知られており、異なる個体でカラーバリエーションを味わう楽しみ方もあります。 その密集感は大輪系胡蝶蘭が持つ優雅さとはひと味違い、少女っぽい可憐さが大きな魅力。ペタルやセパルが比較的細くリップが大きく垂れるその花型は、親の系統にいるドリティス・プルケリマの影響を強く受けたものと言えるでしょう。 開花期は初夏から秋と大変長く、窓辺のインテリアとしても大変重宝します。また株も強健で、大変育て易いのが魅力です。

胡蝶蘭のなごり雪の育て方

大輪系は豪華だけれども置き場所に困り、温度も必要…そんな悩みを抱えているなら、ミニ胡蝶蘭・なごり雪はいかがでしょうか。 なごり雪は胡蝶蘭の中でも比較的耐寒性に優れるアマビリスが交配親にいる為、最低10度位の低温にも耐える等、一般家庭での栽培もかなり楽なのです。 ミニ種で葉のスパンも短く、置き場に困らないのも嬉しい点。出窓での栽培にも大変適しており、年間を通じて室内で栽培する事も可能です。 なごり雪の花は直径5センチ程度。ほんのりピンクが乗る上品な白花やセミアルバが特徴的で、ミニ種らしく花茎が途中分岐しまるで蝶が乱舞する様な咲き方をします。その姿は大変可愛らしく、若い女性へのプレゼントとしても喜ばれる事請け合いです 。

胡蝶蘭のリンリンの育て方

胡蝶蘭のリンリンは千葉県の椎名洋ラン園さんが生産するビューティシーナシリーズのミディタイプの胡蝶蘭で 世界ラン展トロフィー賞&フロリアード2002金賞受賞歴もある胡蝶蘭です。 色は濃いめのピンク色で花の大きさ5~6cm程度になっています。 ミディタイプの胡蝶蘭のため玄関やリビング、テーブルの上等飾る場所を選ばずにどこでも飾ることができます。 他の品種同様の育て方で育てることができます。

胡蝶蘭のビオラセアの育て方

ミニ胡蝶蘭をフラワーショップの店頭で見掛けるケースはぐんと増えているものの、原種であるビオラセアを見る機会はあまり無いのではないでしょうか。 東南アジアの熱帯雨林が故郷となるビオラセアは、初夏から夏にかけて短めな花茎を伸ばし、径5センチ程度の中心に赤紫が乗る星型の花を数輪開花させます。 涼しげな花容や柑橘系の香り、あるいは厚みがあり艶やかな葉は魅力一杯ですが、栽培するには十分な温度と湿度が必要となる為、冬季温湿度が低下する一般家庭では冬越しが難しく、どちらかと言えば上級者向けの種類となります。 温室が用意出来ればそれに越した事はありませんが、一般家庭でもワ―ディアンケース等の室内温室が用意出来れば越冬は比較的容易。またダンボール等のボックス内に入れて毎晩保温し冬越しの工夫を図るのも良い手です。 その際は最低気温13度以上を目標にすると良いでしょう。

胡蝶蘭のピンクの育て方

胡蝶蘭と言えば、お祝いなどのシーンで贈るお花としても有名ですが、ピンクの胡蝶蘭に関しても誰かに贈る花として便利な存在となっています。 ピンクの胡蝶蘭の場合、花言葉が「あなたを愛する」というものなので、特定のシーンにおいては非常に有効なのです。 特に有効なのはやはりプロポーズのシーンにおいてでしょうか? 花言葉からすれば、こういったシーンにおいてまさにぴったりと言えます。 ピンクの胡蝶蘭ということで、女性は見た目からも綺麗だと喜んでくれるはずですし、ピンクの胡蝶蘭の特徴を踏まえると、プロポーズのシーンなどで最適と言えるのです。 ただ、ピンクの胡蝶蘭といっても、見た目における差はそれぞれあります。 白の面積が大きいものやピンクの面積が大きいものもあるなど、それぞれでピンクの胡蝶蘭の特徴は見た目に関してやや異なっています。 そういった違いがあるのも特徴なので、ピンクの胡蝶蘭を選ぶときには細かく見た目を観察しながら、購入していきましょう。 流通数は多いので、値段は胡蝶蘭の中ではそこまで高くないのも特徴です。

胡蝶蘭のオレンジマジックの育て方

ミニ胡蝶蘭は大輪系と異なり、花茎が途中で分岐し賑やかに花を咲かせる性質の品種が多いのですが、オレンジマジックもその一つ。 春からサーモンピンクをベースに鮮やかな赤い筋の入った花を分岐した花茎に10数輪纏まって咲かせ、室内を華やかな雰囲気に変えてくれます。 多くの胡蝶蘭同様香りが無いのは残念ですが、花持ちは大変良く、まさにギフト向け。花茎2本立ちの1株植えでも寄せ植え並みの豪華さを演出出来ますから、ギフトとしてのコストパフォーマンスも最高です。 栽培法も他の胡蝶蘭に準じますが、草丈も比較的低く栽培スペースも取らないので、室内栽培も大変楽。簡単に保温用の段ボールに入れられる等冬場の寒さ対策もし易く、大変育て甲斐のある品種と言えるでしょう 。

胡蝶蘭の紫の育て方

紫色の胡蝶蘭に関しては、白やピンクなどの色のものと比べて、比較的歴史が浅いという特徴があります。 つまり、割と珍しい存在とも言えるのですが、紫色の胡蝶蘭に関しては実は花言葉が存在しません。 胡蝶蘭と言えば、贈り物にぴったりな花言葉が特徴ですけど、紫色の胡蝶蘭については花言葉がないのが特徴と言えるのです。 しかし、紫色の胡蝶蘭というのは、優雅さ、上品さを表すことができるため、贈り物としてのみならず、自らで購入して部屋の中に飾ったりするケースもあります。 ただ、紫色の胡蝶蘭は流通数が白やピンクと比べるとやや少なく、値段が少し高いと感じられる場合もあります。 値段が高いものもありますけど、実際はものによってかなり幅があるので、慎重に吟味しながら選んで購入していきましょう。

胡蝶蘭のサクランの育て方

近年、お花が小さいタイプの胡蝶蘭も人気になっています。 花の大きさで一般的な胡蝶蘭、ミニ胡蝶蘭、ミディ胡蝶蘭、マイクロ胡蝶蘭と分類されるようです。 花が大きいと植えてある鉢自体も大きく、持ち運びや置く場所などの関係で小さいマイクロ胡蝶蘭が人気になってきているようです。 その中でも「サクラン」は名前の通り、桜を思わせるかわいいピンクから紫の小さな花がとてもかわいらしく人気があります。 育て方も通常の胡蝶蘭とあまり変わらなく、大きさが小さいので持ち運びなども楽ということで、贈答やギフトなどに贈られる方が増えてきています。 そして、大きな胡蝶蘭に比べ、販売価格が低めに設定されている事も人気の要因になっていま す。

【胡蝶蘭の育て方】ミニ胡蝶蘭の育て方

ミニ胡蝶蘭は普通の胡蝶蘭のサイズよりも小さめなのでお部屋のアクセントとして置いてもとても見栄えがするのでマンションやアパートなどのリビングのインテリアの一つとしておすすめです。 ミニ胡蝶蘭は基本的にはとても育てやすい植物です。まず部屋では明るい光が差し込むところに置きましょう。ただし直射日光はNGですから、カーテンなどを一枚隔てたところに置いてあげるようにすれば大丈夫です。 水やりは、基本的に水苔が湿っていたら上げないようにしましょう。水苔部分が湿っているのに水やりをしてしまうと根があっという間に腐ってしまうので要注意です。あくまでも少し乾燥しているかなと感じた時に水をたっぷり与えるということが大切です。 部屋の中で温度や日照条件を整えれば一年中ミニ胡蝶蘭を育てることができます。丁寧に育ててあげれば毎年美しいミニ胡蝶蘭の花を楽しむことができ ます。

【胡蝶蘭の育て方】 季節ごとの置き場所や水やりや肥料

胡蝶蘭を育てるのは難しい、そんなふうに思っていませんか。しかし、胡蝶蘭の置き場所に気をつけて、水やりや肥料を適切なタイミングで与えれば、胡蝶蘭は元気に育ってくれます。 胡蝶蘭はもともと熱帯地帯で育つ植物です。熱帯地帯は1年を通して温暖で、平均気温が18℃を下回ることがありません。一方、日本には四季があり、季節によって湿度、光の強さ、気温などが違います。そのため、胡蝶蘭が育ちやすい環境を整えてあげなければなりません。 そこで、四季の管理の方法を変えることになるのですが、春・夏・秋・冬、それぞれの季節でどのように胡蝶蘭を管理していったらよいのでしょうか。季節にあわせた栽培をすることで、胡蝶蘭が元気に育ってくれます。

【胡蝶蘭の育て方】春の置き場所や水やりや肥料

原産地では胡蝶蘭は熱帯雨林の樹木に寄生をして生育しています。樹木の樹皮などに寄生をするのですが、根から樹木の栄養分を吸収するのではなく、胡蝶蘭の根や葉から水分を吸収し、光合成を行って成長しています。 光合成を行うには日差しが必要です。春にはレース越しの光が当たる場所に置きます。光が強ければ強いほどよいのではなく、直射日光を当てると葉焼けを起こしてしまいます。そのため、直射日光ではなく、必ずレース越しの光を当てるようにしてください。 水やりは10日に1回程度、コップ1杯ほどを与えます。植物の上からかけるのではなく、根元にそっと水を注ぎます。 肥料を与える必要はありません。肥料の与え過ぎは植物の根を傷めることになります。

【胡蝶蘭の育て方】梅雨(5月~7月)の置き場所や水やりや肥料

胡蝶蘭の原産地の熱帯地帯は一年中気温が高く、気温が上昇することで上昇気流を生み、低気圧が発生をします。低気圧は雨をもたらして熱帯雨林が形成されます。 このように胡蝶蘭の原産地は気温が高く湿度が高い特徴があります。 日本の梅雨は雨の降る日が多く、湿度が高くジメジメとした季節です。雨が多くて日差しがでる日が少ないですが、レース越しの光を当てるようにします。だんだんと日差しが強くなってきて、直射日光を当てると葉焼けをするので、レース越しの光を当てるようにしましょう。 水やりは10日に1回行います。 花が咲いていないは、1か月に1回、1500倍~2000倍程度に薄めた洋らん用の液体肥料を150mlほど与えます。 花が咲いている場合は肥料は与えませ ん。

【胡蝶蘭の育て方】夏の置き場所や水やりや肥料

夏になるといよいよ日差しが強くなってきます。 日差しが強い方が植物はたくさん光合成ができて喜んでいる気がしますが、日差しが強いからといってたくさん光合成ができるわけではありません。光合成を行うには、水や二酸化炭素も関係しているからです。 日光には紫外線が含まれており、紫外線は人間の肌にダメージを与えるだけでなく、植物にも影響を与えます。 そのため、夏には50%ほどに遮光をして光に当てるようにします。湿度が高く蒸れやすいので風通しがよい場所に置きます。エアコンの風が直接当たる場所は避けます。 水やりは1週間に1回程度です。 花が咲いていない場合は、1か月に1回、1500倍~2000倍程度に薄めた洋らん用の液体肥料を150mlほど与えます。 花が咲いている場合は肥料は与えません。

【胡蝶蘭の育て方】秋の置き場所や水やりや肥料

秋になるとだんだんと日の出時間が短くなっています。胡蝶蘭はレース越しの光が当たる風通しがよい場所に置きます。 水やりは10日に1回ていどです。9月や10月ころまでは暑い日もあり、鉢の乾き具合が湿度や気温などに左右されます。水の与え過ぎは根腐れを起こすので、1鉢ごとに状態を確認して水やりを行ってください。 夜間の水やりは控えるようにします。秋は日中は気温が高くても、夜間には冷え込むことがあります。気温が低くなる時間帯に水やりをしてしまうと、与えた水が冷たくなって根にダメージを与えます。そのため、水やりは日中に行うようにします。 10月ころまでは花が咲いていない場合は、1500倍~2000倍程度に薄めた洋らん用の液体肥料を150mlほど与えます。 花が咲いている場合は与えません。

【胡蝶蘭の育て方】冬の置き場所や水やりや肥料

胡蝶蘭の原産地は熱帯地域で1年を通して暖かい日が続きます。しかし、日本の冬は原産地とは違い寒さが厳しいです。胡蝶蘭にとっても厳しい季節となります。 日中はレース越しの光が当たる場所に置きます。夜間は窓辺が冷え込むので、日中に窓辺に置いていた場合は置き場所を変えます。室内でも夜間は室温が低下をするので、鉢にダンボールをかぶせるなどして寒さ対策をします。胡蝶蘭は気温が10℃を下回ると成長をとめてしまい、枯れてしまうこともあるので、寒さには気をつけてください。 水やりは控えめにして、2週間に1回程度日中に与えます。夜間は冷え込むので夜間の水やりは控えます。 寒くなると成長が緩やかになり肥料を多く必要としなくなるので、肥料は与えません。

【胡蝶蘭の育て方】基本的な手入れ

胡蝶蘭をできることなら長持ちさせたい! と思っている方は多いはずです。 野生の胡蝶蘭の平均寿命は50年と言われており、 家庭で育てた場合の平均寿命は10年となっており、 大変寿命が長い花となっています。 胡蝶蘭は栽培方法が難しいと言われていて、 「普通の花と同じように育てていたら枯れてしまった。」 「水のやりすぎで根が腐ってしまった。」 などはよく耳にする話です。 ですが、胡蝶蘭は初心者でもここに書いてある通りお手入れしてもらうことで、 簡単に育てることができます。 花が落ちたりしてもお手入れ次第で、 何度も咲くことが可能ですし、 慣れてきて環境を守っていただければ増殖させることも可能です。

【胡蝶蘭の育て方】種から育てると4年かかる

種から育てれば胡蝶蘭を普通に買うよりも安く買えると思っている方、 その考えはあっていますが育てるのがとても面倒なものです。 初心者の方が小学生の頃、アサガオを育てるような感覚で 胡蝶蘭を種から育てると確実に失敗します。 花を多く育てている上級者の方でも難しいでしょう。 胡蝶蘭の種はそうそう簡単に手に入るものではありません。 楽天やアマゾンなどで検索してもらうとわかりやすいですし、 胡蝶蘭専門店でも取り扱っているところが少ないです。 もしも、胡蝶蘭の種を入手して育てようと思っても いくつかの障害があります。 胡蝶蘭は植物と違って種を土に埋めても発芽しません。 胡蝶蘭に必要な栄養素を準備していただいて、 温度や湿度など守ってもらい、 無菌状態にしなければなりません。 環境システムが整っている農家の方などならできなくもありませんが、 一般家庭では無理がありそうです。 その状態を維持したまま、約4年続ければ花が咲くでしょう。

【胡蝶蘭の育て方】原種の育て方

胡蝶蘭の原種を育てたいと思っている方もいるはずです。 胡蝶蘭の原種は夏に一気に花を咲かせるものや、 冬に冬眠して春に花を咲かせるものなど、 種類によって花の咲かせ方などが違うので育ててみると面白いでしょう。 その胡蝶蘭がどこの場所で取れたのかということを、 知っていただく必要があります。 胡蝶蘭の原種の栽培で一番苦労するのが、環境作りです。 その環境にどれだけ近づけるかが育てる上でのコツになってきます。 逆に、その胡蝶蘭がどこの場所で取れたのかがわかっていないと、 すぐに枯れたり、 元気が無くなってしまうでしょう。 普通の胡蝶蘭をたくさん育てたことのある方は 胡蝶蘭のことがより詳しく好きになりますので、 胡蝶蘭の原種にチャレンジしてみるのもいいかもしれませんね。

【胡蝶蘭の育て方】苗から花を咲かせる方法

胡蝶蘭を買うときの値段を少しでも安くしたいと思っている方は、 苗から育てるのがオススメです。 苗からなら、種から育てるよりもはるかに簡単ですので、 初心者の方でも安心して育てることができます。 胡蝶蘭の苗には多くの種類があります。 ・フラスコ苗(内部が無菌状態のもの) ・実生苗(花同士を交配させて種を取ったもの) ・メリクロン苗(良い個体をバイオ技術で増殖させたもの) 枯れてしまう危険性があるので直射日光は厳禁になります。 明るいところに置いといてください。 用土と肥料は二種類あります。 ・水ゴケ 通気性、保水性は良いですが、 水をあげすぎると根腐れしてしまう危険性がありますので注意してください。 ・バークチップ 排水性、通気性共に良いです。 その分、水やりの回数が多くなりますので 初心者の方はこちらの方がオススメです。

【胡蝶蘭の育て方】根がのびてきたときの対処法

伸びた根
胡蝶蘭の根が伸びる時ってどうやって伸びると思いますか? 普通の植物なら、 土の中に伸びますが、胡蝶蘭は空気中に伸びてきます。 胡蝶蘭の根がなぜ空気中に伸びるのかというと、 胡蝶蘭はもともと樹木や岩肌に根を絡ませ伸びます。 これを着生と言いますが、胡蝶蘭は着生植物の代表格です。 空気中から水分を取っていることもあります。 この空気中に伸びた根はそのままにしておいてください。 見栄えを意識して切ってしまうと、 胡蝶蘭にとって快適な環境が奪われ、元気が無くなってしまうこともあります。 最悪の場合、枯れてしまうこともありますので注意してください。 また、無理やり土の中に入れてしまうのもいけません。 胡蝶蘭の根が過剰に土の中の水分を取ってしまい、 根腐れしてしまうことがあるからです。

【胡蝶蘭の育て方】葉焼けや葉が枯れる原因と対処法

胡蝶蘭の葉はきれいな緑色をしています。 問題のない胡蝶蘭の葉は艶があり、張りがあります。 葉が広がってなく、上向きになっています。 上向きになるのは株にしっかり光が当たっている証拠です。 では、葉焼けしたものは見ればわかると思いますが、 葉の色や形、艶が無くなってしまいます。 ではなぜこのようなことが起こるのでしょうか? ご紹介していきます。 葉焼けが起こる原因は直射日光をしてしまったことになります。 月日によって陽の当たるところが違うので、 うっかり直射日光の当たるところにおいてしまうことがあります。 すぐに日陰に移動してください。 葉焼けの箇所が少なかったら 日陰に移すだけで元気になる場合があります。 一度葉焼けしてしまったら元に戻りませんので、 新芽が出てくるのを待つしかありません。 葉焼けした部分が広かった場合、 感染症などのリスクがありますので消毒済みのハサミで、 葉焼けした部分を切ってもらい、 切った部分は植物用の細菌剤を薄めて消毒してください。 このようなことにならないためにも、 直射日光には細心の注意をしておく必要があります

【胡蝶蘭の育て方】芽の管理方法

胡蝶蘭は芽の種類がたくさんあり、 見分けるのが大変難しくなっています。 例えば発芽と根の区別は育てたことのない方は、 見分けがつかないでしょう。 区別するポイントは根は下向きに伸びていきますが、 発芽は上向きに伸びていきます。 このようなことを覚えておかなければ、 胡蝶蘭が弱ってしまったり、 増殖できるのを逃してしまうこともあります。 では、初心者でもわかりやすい方法を ご紹介していきます。

【胡蝶蘭の育て方】わき芽の対処法

わき芽とは葉や茎の付け根から出る芽のことをいい、子株とも言います。 この脇芽が出てきたときの対処法について調べてきました。 胡蝶蘭にとってわき芽が出た人は、 その育て方、環境が良かったということです。 胡蝶蘭が今に満足していますので、誇らしく思ってください。 胡蝶蘭からわき芽がでる原因は2つあります。 ・胡蝶蘭の成長が止まってしまったこと ・胡蝶蘭が弱ってしまい元気がないこと 寿命が残りわずかなときに子孫を増やそうとするのは、 自然界の原理が、子株とも言われています。 わき芽が出たらすぐに切り離さないのがポイント。 今までの通り育ててもらい、 わき芽の葉っぱが3枚になるのを待ってください。 わき芽が出たんだから肥料をたくさんあげなきゃ。と思いますが、 肥料も今のままで十分です。 むしろ肥料を与え過ぎてしまうと、 胡蝶蘭自体を枯らしてしまう危険性があります。 わき芽をいつ分けるのかというと、 植え替えのタイミングで行なっててください。 ですので、4月から6月までには行うようにしましょう。 用意するものもありますので書いて行きます。 ・ハサミ(消毒したもの) ・軍手 ・鉢 ・新聞紙(汚れてもいい場所ではなくても良い) ・植え込み材 やり方は植え込みをするときに、 わき芽と親株を分けるだけです。 くっついているところは、ハサミでわき芽の方を大きめにすると良いでしょう。

胡蝶蘭の高芽が出てきたときの対処法

胡蝶蘭の花茎にはたまに、高芽が出る時があります。 高芽とは花がつくべき場所に、 葉や根が出てきて小さな株ができた状態のことを言います。 では、その高芽が出てしまったときの、 対処法について書いていきます。 高芽が出る条件はよくわかっていません。 二番花を咲かせるために、 花茎を高めのところで切り夏などの暑い暑い状態で育てた場合、 花芽になることができずに 高芽になりやすいようです。 植え替えた後の成長期に花芽が出た場合や、 花茎が出ているときに一番成長する、 親株の先端の芽が枯れてしまうなどしてしまった場合、 肥料の調整を誤ってしまい、 窒素の量が規定よりも多くなってしまった場合は、 高芽になってしまう可能性があります。 高芽が出た場合は切り離すことがオススメです。 もしも、高芽から葉や根があるのなら、 株分けすることができます。 胡蝶蘭の株を簡単に増やせるチャンスですので是非やってみてください。

胡蝶蘭の花芽が出てきたときの剪定の対処法

胡蝶蘭の発芽は11月?12月に出てきます。 それ以外の時期に出ているものは、 人が時期を変えているものです。 発芽したときに気をつけることや、選定方法を書いていきます。 発芽は1本だけではない時があり、 2本や3本など生えてくる時があります。 そのときに胡蝶蘭が花を咲かせられるだけの元気があるのか、 調べてください。 基本的に健康状態が良いものは、 葉の数が多いものなので葉の数を数えるようにしましょう。 3枚以上あれば、健康な状態です。 もし少ないようでしたら、ハサミで思い切って切るようにしてください。 もったいないと思ってしまいますが、 そのままにしておくと胡蝶蘭自体の負担が少なくすみ、 元気な花を咲かせることができます。

【胡蝶蘭の育て方】茎が枯れた時の対処法

胡蝶蘭の茎が枯れてしまったときは誰でも焦りますが、 十分な対処をすれば元に戻る可能性もあります。 では、茎が枯れたときや変色したときの対処方法について書いていきます。 茎が枯れたときは茶色になります。 胡蝶蘭の茎が枯れてしまう原因は、 温度と湿度に問題があったかと思います。 枯れてしまったものは復活することができませんので、 ハサミなどできることをおすすめします。 対処方法としては、温度や湿度の見直しをする必要があります。 茎が黒くなっていたら、枯れているのではなく病気になっていることが多いです。 胡蝶蘭の多くはカビが原因の病気にかかりやすく、 根から感染してしまいます。 茎が黒くなっていることは、 それだけ病気が進行していることになりますので 病気の特定をし、症状にあった薬を与えてあげなければなりません。

【胡蝶蘭の育て方】花が終わった後の対処法

胡蝶蘭の花が咲かない原因と対策

胡蝶蘭の花が終わってしまうのは寂しいものですよね。 ですが、きちんと手入れしてあげることによって、 もう一度同じように花を咲かせてくれます。 その方法を手順通りに書いていきます。 ・カッターナイフで支柱のテープを外す。 ・支柱を抜く ・株の下から数えて4、5本目の節を残しその上を斜め上に切る。 これで終わりではありません。 まだまだやることがあります。 胡蝶蘭が最も好きな温度、20度前後に保ち、 1、2ヶ月待っていただくと、 芽が出てきますので数ヶ月また待っていただくと開花します。 二度咲きは管理がとても重要になってきますが、 手順としては簡単なものになりますので 初心者の方でも十分挑戦していただけます。 H4:胡蝶蘭の花が咲かない原因と対策 胡蝶蘭を育てていて花が咲かないとなったひといませんか。 花がとても綺麗な胡蝶蘭の花が見れないのは、 大変もったいないことなので、 その原因と対策について書いていきます。 胡蝶蘭の花が咲かない原因は、4つあります。 ・直射日光 ・水の与え過ぎ ・風通しが悪い ・胡蝶蘭にとって温度が低い この4つをまずは治してください。 大抵の場合この4つのどれかが当てはまっているので 今ある環境をチェックしてください。 直射日光は葉焼けしてしまう危険性があり、 焼けてしまったところは元に戻りにくです。 水の与え過ぎは根腐れの原因になってしまうので、 注意してください。 また、根が空気中に触れていないのも花が咲かない原因になります。 風通しが悪いと蒸れてしまうので、 これも根腐れの原因になってしまいます。 温度が低いと、枯れてしまう原因にもなりますので 注意してください。

胡蝶蘭の切り花を長持ちさせる方法

胡蝶蘭は鉢でもらうのもありますが、 切り花をもらうこともあります。 その時に綺麗な花を長持ちさせたいですよね? 長持ちさせる方法を書いていきます。 ・水を替える 水を変えないでいると水の中に細菌が増え、 その水を胡蝶蘭が吸うのでそうしても枯れるのが早くなってしまいます。 夏の場合は水を毎日変えてください。 また、替える際は切り口を5mmほど切ってから水に挿してください。 切る際は「水切り」という方法を使えばさらに長持ちします。 「水切り」とは、水の中で茎を切るというもです。 これは他のは何も共通して言えることですので、 応用してみるのもいいでしょう。 胡蝶蘭がしおれてしまっても諦めないでください。 湯あげという方法を使えば、 復活することがあります。 「湯あげ」の方法を書いていきます。 ・熱湯を用意して、2cm?3cmになるように器に入れる。 ・茎を水切りで切ってもらい、その切り口を7分ほどつける。 ・冷たい水に半日?1日入れれば元気になります。 この方法も他の花でも応用できます。

【胡蝶蘭の育て方】栽培の難易度とコツ

胡蝶蘭を育ててすぐに枯らしてしまうか不安になりますよね。 胡蝶蘭は栽培方法が難しい花として有名ですので、 育てる上でいくつかの方法やコツなど覚えておかなければいけないことがあるので大変です。 何も知らないまま他の花と一緒の方法で 胡蝶蘭を育ててしまい、すぐに枯れさせてしまったらもったいないと思います。 とはいっても、胡蝶蘭を育てなければいけない場面はあります。 例えば、会社に胡蝶蘭が送られてきた場合です。 胡蝶蘭はギフト用として用いられることもあるので、 会社に送られてくることもあります。 そのような時に胡蝶蘭の育て方を知って長持ちさせたら、 他の人から「◯◯さんすごい!」と思われることでしょう。 では、早速胡蝶蘭の初心者でも簡単に栽培できる育て方について書いていきます。

【胡蝶蘭の育て方】室内の管理方法

胡蝶蘭は元々、熱帯のジャングルの高い木に着手して生育していました。 設置場所をこの環境に近づける必要があります。 そのため、直射日光を避ける必要があります。 直射日光が当たらないところで、明るい室内のところに置いてください。 レースカーテンを閉めるなどして工夫する必要があります。 直射日光が当たってしまうと、枯れる原因になりますので注意してください。 また、風通しの良いところに置いてください。 ジャングルは風通しの良いところですので、 風通しが悪くなってしまうと多くの病気になってしまう可能性があるからです。 ですが、エアコンの風が当たるところは避けてください。 直接風が当たってしまうと、花が痛む原因になってしまうからです。

【胡蝶蘭の育て方】温室が良い理由

胡蝶蘭にとって温室はとっても居心地が良い場所なのです。 ではなぜ温室が良いとされているのでしょうか? それは先ほども書いた通り、胡蝶蘭の原産地が熱帯地方のジャングルだからです。 そのため胡蝶蘭は、高温多湿を好み、低温低湿を嫌います。 胡蝶蘭は低い温度と少ない湿度に弱いのです。 熱帯地方と日本を比べると日本の方が、圧倒的に寒く、 湿度も低いことがわかると思います。 胡蝶蘭は湿度60%?80%、温度は20度?30度を好み、 気温が30度を越すと胡蝶蘭が枯れてしまいます。 ですので、胡蝶蘭を育てる上で、温度と湿度の管理が重要になってきます。 湿気を逃がすことなく、寒さから守ってくれる温室は 胡蝶蘭にとって快適な環境と言えるでしょう。

【胡蝶蘭の育て方】屋外に出すときの注意点

気をつけることは、直射日光、気温、水やりの3つとなります。 この3つを守っていただかないと胡蝶蘭が枯れてしまったり、 花が痛んでしまったりしますので注意してください。 まずは、直射日光が当たらず、明るいところに置くようにしてください。 これは先ほどから言っているのでわかっている人も多いかと思います。 直射日光が当たってしまうと、枯れる原因になってしまうので 直射日光が少しでも当たるような屋外の場所は避けてください。 また、気温が20度を下回らない日且つ、30度を超えない日は 外に出しても問題ありません。 気温が20度を下回ったり、30度を越してしまうと 胡蝶蘭が枯れたり、痛んだりしまうので 天気予報で気温をチェックしておく必要があります。 水やりは表面乾いてきたら、 コップ1杯(200ml)ほど行ってください。 下皿に水がたまりますので捨てましょう。 この水を捨てないと根が腐る原因になりますので捨てるまでが水やりだと思って、注意深く行ってください。

【胡蝶蘭の育て方】着生蘭について

植え込み材で胡蝶蘭を枯らしてしまったり、 花を痛めたりしていた方が着手蘭ではうまく栽培したというのは よく聞く話です。 植え込み材の場合、環境に左右され、水分を多く含みすぐによる根腐れを 起こしてしまうケースもあります。 では、着手蘭のメリットはなんなのか説明していきます。 原産国に近づけるということです。 胡蝶蘭は木の上で生活しているので、地面に近いよりも地面から離れていた方が、 胡蝶蘭にとって居心地がいいものになります。 また、植え込みの場合、土に水分が保っている時間が多いため、 根っこが十分に乾かないことがあるのです。 現地の胡蝶蘭は、根っこが空気中に触れており、 十分に乾くことができます。 ですので、植え込み材を使うと根腐れをしてしまうことが多いのです。 胡蝶蘭の水やりのタイミングがわからない方は、着手蘭をオススメします。 その理由は、水やりのタイミングがわかりやすいからです。 根っこの部分が見えているので、乾いてきたら水やりをやってください。

【胡蝶蘭の育て方】増やし方のコツ

胡蝶蘭が好きでもっと欲しい!と思っている方が口にするのが 「胡蝶蘭は値段が高い」です。 値段が高いのなら、今ある胡蝶蘭を増やしてみてはどうですか。 実際に私がやってみて増えた方法を書いていきます。 「株分け」という方法で増やします。 「株分け」とは植物の一部分と根を一緒に切り離し、植物を増やすというものです。 今育てている胡蝶蘭に子株または高芽がありましたら、 株分けを行うことが可能です。 子株とは大きい株の横についている、小さな株のことを言います。 高芽とは、茎に葉と根が生えてきたものことを言います。 これができるまで成長しているのは、最適な環境を維持し続けてきた方だけですので そのような方は増殖もうまくいくと思います。

【胡蝶蘭の育て方】枯れた時の復活方法

花が枯れてしまいもう一度楽しみたいと思いませんか。 初心者でも簡単にできる方法がありましたので書いていきたいと思います。 1. 準備 カッターナイフを用意してください。 カッターナイフがない場合はハサミでも構いません。 そのまま切ってしまうと部屋が汚れる危険性がありますので、 新聞紙を用意しておくと良いでしょう。 2. 茎と繋がっている支柱を外す 株と茎を支えていた支柱のテープを用意していただいたカッターナイフで切って、 綺麗に外してください。 そして、支柱を抜きます。 支柱はしっかりと差さっていますので、むやみに抜くと胡蝶蘭を痛める危険性がありますので、 片手で株元を抑えて抜いてください。 3. 茎を切る 胡蝶蘭の株には節がついています。 その節を根っこの方から数えて、 5節ほど残したその上を斜めに切ってください。 あとは育てた環境と同じ環境で待てば、 1ヶ月ほどで新しい花が開花してきます。

【胡蝶蘭の育て方】寿命を伸ばす方法

胡蝶蘭は病気をしたりしなければ、50年ほど寿命があると言われています。 家庭などで育てる場合の平均寿命は10年ほどです。 そのため長く育てることが可能な植物となっております。 長く育てるための方法を書いていきます。 花が咲き終わったら、植え替えを行いましょう。 植え替えの時期は暖かくなる4月がオススメです。 遅くても6月までには行うようにしてください。 出来るだけ夏や冬の場合や、 花がまだ咲いている場合は避けるようにしてください。 植え替えの頻度はあまり多いと根を傷つけてしまうこともありますので、 2年に1回ペースで行うと良いでしょう。 あとは、前のところで書いたことを守ってもらえば、 胡蝶蘭の寿命が伸びるでしょう。

【胡蝶蘭の育て方】北海道の注意点

北海道での注意点は「低温」です。 胡蝶蘭は本州でも低温で枯れてしまうことがありますので、 注意しておかなければなりません。 低温のところに置いておくと、花が痛むだけでなく 花が枯れてしまうこともあるようです。 北海道の方は全館暖房を基本として設計されているのが多いです。 ですので、北海道の住宅は案外暖かいです。 全館暖房で、1日中暖房がついていれば、 胡蝶蘭にとっても過ごしやすくなりますが、 その場合「乾燥」に気をつける必要があります。 暖房をつけえると目などが乾燥して、しょぼしょぼとなる人はいませんか。 胡蝶蘭は人よりも乾燥に弱いですので、 加湿器をつけるなどして工夫する必要があるようです。 それ以外にも、濡れタオルなど乾燥対策しておけば 問題ありません。

【胡蝶蘭の育て方】沖縄の注意点

沖縄県での注意点は「直射日光」です。 沖縄県は他の都道府県に比べて、直射日光が強いです。 ですので、沖縄県の方はレースカーテンなどを使うなど工夫すれば、 胡蝶蘭にとってはとても過ごしやすい環境になります。 沖縄県は高温多湿で、胡蝶蘭の原産国のマレーシア、インドネシア、フィリピン、台湾と気候が似ていますので、育てやすいと思います。 胡蝶蘭を育てる上で、水やりや植え替えなどをしっかり行ってもらえば、 他の都道府県よりもはるかに長生きさせることができると思います。 沖縄は他の都道府県と比べても圧倒的に、 胡蝶蘭の栽培に適しているので、 沖縄に住んでいる方は胡蝶蘭を育てるのに向いています。 また、そのような環境の場合、胡蝶蘭の増殖も容易にできますので ぜひチャレンジしてみるのもいいかもしれません。

【胡蝶蘭の育て方】初心者が上手に育てる方法

【胡蝶蘭の育て方】直射日光がNGの理由

栽培環境としては、18℃以上のやや暖かい環境を好みますので、冬は10℃以上の室内の暖かい場所で、5月下旬の春の終わり頃から9月下旬の秋の初め頃までは室外で育てます。 ただし、胡蝶蘭は18℃以下の気温に1ケ月程度さらすことにより、花芽を作りやすくなるので、室内に早く入れすぎないことも大切です。 贈り物などでラッピングされた胡蝶蘭の場合は、包材により鉢内が蒸れ、カビや根腐れなどの病気の原因になりますので、1週間程度でラッピングは取り外しましょう。 胡蝶蘭は、直射日光にあてると葉焼けをおこしてしまうほど直射日光を嫌いますので、室内でも室外でも遮光が必要です。 葉焼けを起こしてしまった箇所は、ナイフなどでその箇所をくり抜きましょう。 室内の場合は、薄いレースカーテンをするなどして遮光し、扇風機やエアコンの風が直接当たる場所は避け、カーテンなどが花に当たらないようにしましょう。 また、室外の場合は、簾や葦簀、ネットなどで日光対策をし、通気性と害虫予防を考え、地面に直に置かず50㎝程度高さに置くようにしましょう。

【胡蝶蘭の育て方】水やりや霧吹きをする方法

胡蝶蘭の質に大きく影響を与えるのは水やりです。 水やりと同時に鉢の中の空気の入れ替えをするため、植え込み材が乾くまで待ち、その後たっぷりと水を与えます。 水の与えすぎは根腐れを起こしやすく、乾燥させすぎると生長障害を起こしますので、鉢の状態をよく見極めましょう。 株の大きさや栽培環境などによって頻度は変わってきますが、基本的には夏は多め、冬は少なめで水やりをします。 寒さに弱いため、冬は濡れた状態で寒さに当てると根腐れを起こしてしまいますので注意が必要です。 プラスチック製の鉢やビニールポットの場合は、真夏でも乾燥しづらいので、水やりのタイミングには気を付けましょう。 また、蕾が出ている時期は空気中の湿度にも気を付けます。 空気中の湿度が低すぎて乾燥している場合、蕾が黄色に変色し、落ちてしまうことがあります。 エアコンの効いた室内など、空気が乾燥している場所に置いているのであれば、霧吹きなどで湿度を補ってあげましょう。

【胡蝶蘭の育て方】土と肥料と栄養剤について

胡蝶蘭の用土は一般的に水ゴケを使用します。 水ゴケは乾燥させて園芸用品店やホームセンターで販売されています。 使う際は、必要な分だけを取り、水をしっかりと含ませ、軽く絞ってほぐしてから使用します。 水ゴケの場合は釉薬の塗っていない、通気性の良い素焼きの鉢がおすすめです。 また、バークチップやヤシ殻チップでも栽培できます。 水はけが良く、通気性もよいので、水やりをこまめに気にされる方には育てやすいです。 バークチップやヤシ殻チップの場合は、プラスチック製の鉢がおすすめです。 肥料は水やりとして与えることができるので液体肥料が便利です。 地上に伸びている根の先端が緑がかった色をし、生長している場合は5月に入ってから与えます。 根の先端まで白い場合は生長が止まった根で、5月を過ぎても新しい根が伸びていない場合は、新しい根が出てくるまで肥料は与えず、出てきてから肥料を与えるようにします。 胡蝶蘭は、6月~9月の蒸し暑い時期によく生長し、この時期の栄養と環境が開花に影響を与えますので、しっかりと管理してあげましょう。 9月いっぱいまで週1回肥料を与え、夏以降はしっかりとした花芽を出やすくするため、リン酸の多い肥料を与えると良いです。

【胡蝶蘭の育て方】花芽の支柱について

花茎がある程度伸びてくると、花の重みで下を向いてしまい、綺麗に観賞することができませんので、支柱を立て、花茎を支えてあげます。 ビニタイなどで支柱にゆるく結わえ、ゆっくりと形を作っていきます。 その際、花茎は伸びるにつれ太くなっていきますので、締め付けないよう気を付けましょう。 また、伸び始めた花茎は先端が折れやすいので注意して扱います。 花が枯れてきたら花茎を切ります。 株がしっかりとしていて、葉が大きな株の場合は、先端から2~3節目程度の場所で花茎を切り落とすと、節から新しい花茎が伸び2番花が咲きます。 ですが、2番花を咲かせた場合は翌年花が咲かないことがあります。 葉が少ない株や葉が弱っている株の場合は花茎の付け根から切り落とし、株をしっかりと休ませます。

【胡蝶蘭の育て方】植木鉢や化粧鉢の選び方

胡蝶蘭の植木鉢や化粧鉢の選び方について、最初きちんと理解しておくことは重要になります。 特に胡蝶蘭を育てていると、成長するごとに定期的に植え替えをすることになります。 その際に土との相性が悪い鉢にしたことで胡蝶蘭の調子が悪くなるケースもあります。 また植え替えをする場合には、胡蝶蘭の花が終わってからするのが一番よく、春過ぎたあたりの5月6月7月がベストです。鉢は大きく分けて三つの種類があります。 素焼き・陶器・プラスチック(ポット)といったタイプです。素焼きは少しざらざらした触り心地で水が少し吸いつくような感じです。 滑らかな肌触りの陶器など、じっくりと選んでみましょう。胡蝶蘭は湿気が苦手なのでその辺を考慮しましょう。

胡蝶蘭の水苔での育て方

胡蝶蘭の水苔での育て方はとても重要になります。胡蝶蘭は、水に濡れている時・乾燥気味の時のバランスが大切です。特に水苔は、 水はけと水持ちのバランスがよいので、胡蝶蘭にとって最適な育ちやすい環境だと言えます。胡蝶蘭を水苔で育てるときに相性がいい鉢を選ぶことは重要です。 水苔を使った栽培で一番相性がいいのは素焼き鉢と言われています。素焼き鉢は、鉢の中にある余分な水分を吸収し、蒸発させてくれるとても通気性の良い鉢ですし、 水苔にも最適な環境といえます。水苔は吸水性が高く、発散するところがないといつまでも湿気がこもってしまいがちなので、その辺を上手に調整できるのが素焼き鉢になります。 しっかりと考慮した上で鉢選びをすべきです。

【胡蝶蘭の育て方】簡単なポイント

胡蝶蘭の育て方のポイントをまず抑えておきましょう。 ・温度は20℃前後を目安にしてください。デリケートな花です。 ・水のあげすぎに注意してください。鉢植えの表面が乾いてかいることを確認してから水をあげましょう。目安は1週間(冬は10日程)としておき、コップ一杯くらいで根元がびしょびしょにならない程度にしてください。朝に水やりして、受け皿に水が残っていたら捨ててあげてください。 ・肥料は特にいりません。 ・いただいたものなら、ラッピングははずして育てましょう。 NGなこと ・直射日光。光に当てる場合は、レースのカーテン越しにしてください。 ・エアコンや扇風機の風。原産地に近い環境は高温多湿のため、直接人工的な風に当たると早く枯れてしまいます。 これらを踏まえて、楽しみながら育ててください。

胡蝶蘭の育て方のブログ

胡蝶蘭の育て方をブログにアップしている方も多くいます。憧れてはいるけれど、いざもらってお世話となるとどうすればよいかわからない方も多いようです。 そこでブログで胡蝶蘭の育て方を丁寧に解説してくれている人もいます。花屋さんで聞いても忘れてしまうことも多いのですよね。ブログに詳しく書いている方もいるので、ありがたいです。鉢植えの仕方を丁寧に書かれている方もいます。ブログによっては、不定期で小さな胡蝶蘭のプレゼントをされている方もいます。ブログで様々な種類の胡蝶蘭の成長を見れますし、花が咲く前から枯れていくまでの姿を見ていると、何だか自分が育てているような優しい気持ちになれます。 胡蝶蘭をもらったのをきっかけにブログに書くのも良いかと思います 。

胡蝶蘭の育て方の本

胡蝶蘭を育てることに関して、しっかり本を読むのもひとつの手です。おすすめは、 ・わかりやすい洋ランの育て方:毎年上手に花を美しく咲かせるコツ ・コチョウラン ・洋ランの育て方完全ガイド ・初めての洋ランガイドブック ・コチョウラン(NHK趣味の園芸 よくわかる栽培12ヶ月) です。栽培キットがついたタイプもあります。 本だと、ゆっくりといつでも読めますし、様々なことがしっかりと詳しく書いているので、はじめるなら本格的に!と思っている方は1冊買うのも良いかと思います。日本の気候に合わせた育て方や、季節ごとの扱い方、良くあるトラブル等、しっかりと書かれています。花を咲かせることに苦戦することもありますが、本を1冊持っておけばたとえ咲かなくてもまた来年も挑戦してみよう、と思えるかもしれません。

胡蝶蘭の育て方のPDF

本を買うのは…でも、紙媒体のものが欲しいな…と悩んで決断できない方はPDFがおすすめです。ブログを書いている方や花屋さんと様々な方がPDFを作って公開しています。季節ごとの手入れの仕方をカレンダー形式にして公開している方もいます。非常にわかりやすいです。見えるところに張っておけば、すぐに確認が出来て便利です。検索すると、簡単に探し出せます。 何枚かダウンロードし、ファイリングしておくと、自分に合った胡蝶蘭の育て方が出来るかもしれません。PDFを公開している方は、胡蝶蘭への愛が深いのだなと感じました。胡蝶蘭を育てている人たちの力になりたい、という気持ちがあふれています。一度参考がてらに見てみるのも良いかと思います。

胡蝶蘭の育て方の動画

ブログを探すのも、本を読むのも、PDFをダウンロードするのも嫌だ!もっと簡単にわかりやすく胡蝶蘭の育て方を知りたいという方は、是非動画を検索してみてください。いまや胡蝶蘭の育て方を動画にアップしている方はたくさんいます。 花のカット仕方、苗の扱い方など、動画で10分程で知ることが出来ます。やはり動画は人がしゃべっているので、非常にわかりやすいです。まるでガーデニングの勉強会に参加しているような気分です。プロの方が動画時配信しているものもあります。YouTubeなら、無料で何度も繰り返し見ることが出来ますし、時間が空いたときに見て勉強も出来ます。様々なツールを使って、胡蝶蘭を育てる充実した時間になると思います。

NHKの趣味の園芸の胡蝶蘭の育て方

NHKの趣味の園芸の胡蝶蘭の育て方を参考にしてみましょう。 胡蝶蘭の育て方のポイントなど詳しい説明もあり、とても参考になります。 栽培環境・日当たり・置き場・水やり・肥料・病気と害虫・用土・植え付けや植え替え・増やし方など、 様々な方法によって胡蝶蘭の育て方を学ぶことができます。特に胡蝶蘭が大きく成長した際には植え替えが必要になりますが、この時には新しい鉢植えを選ぶなど、 様々な注意点やポイントなどアドバイスがあるので参考にしやすいです。また、NHKの趣味の園芸の胡蝶蘭のサイトでは、 そだレボといって栽培レポートを閲覧されている方々が紹介しているので、とても参考になります。 皆さんと情報交換しながら一緒に栽培する楽しみもあります。

胡蝶蘭の育て方の写真のまとめ

胡蝶蘭の育て方の写真のまとめについて、胡蝶蘭を育てる場合、まずは写真を撮っておくとよいです。 綺麗な花を開花させている場合、まずその社員を撮ることで、成長の様子がよくわかるようになります。 ある程度の大きさになったら鉢の植え替えなど、スムーズに行うなど色々と作業も出てくるので、その辺も考慮した上で胡蝶蘭を育てていくことは大切になります。 また、ご自身で胡蝶蘭を育てるのは趣味として、毎日観察しながらブログなどへアップするのもよいでしょう。同じように胡蝶蘭好きな方とのよき交流の場として交えることができるので、色々と上手に胡蝶蘭に関して情報収集することができます。 胡蝶蘭の育て方の写真のまとめることで記念にもなります。

胡蝶蘭の育て方のよくある質問

胡蝶蘭はどのような場所で育てるのがいいでしょうか  胡蝶蘭は熱帯の花なので、その環境に似た環境を作ることが必要です。   日当たりのよい、風通しの良い屋内の場所が理想的で、屋外は気候の変化があるので、あまりお勧めできません。  直射日光に当たると枯れてしまうことがあるので、窓際に置く時は、直射日光を避ける方法が必要です。  胡蝶蘭を育てるには、20度前後の気温を保つことが必要で、温度管理が大切になってきます。  また、高温多湿な環境で育つ花なので、エアコンといった空調による乾燥にも気を付ける必要があります。  水やりは、1週間に1回程度、コップ1杯程度の水を与えます。 株が複数個ある場合は、それぞれに水やりをする必要があります。  また、水やりのし過ぎによる根腐れにも気を付けないといけません。  目安としては、敷いてある水苔が乾いてきた時が水やりのタイミングのひとつです。 胡蝶蘭の育て方・お手入れ方法

1 胡蝶蘭とは

胡蝶蘭は、ラン科の多年草の植物で、フィリピンやインドネシア、台湾などが原産地です。

さまざまな色や大きさがあり、白・ピンク・黄色・白に中心が赤い特徴の赤リップなどの色や、やや小振りのミディ、小さく可愛いミニサイズのものもあります。

熱帯の植物のため寒さに非常に弱く、強い日差しを嫌い、乾燥にはわりと強い植物です。

通常1ヶ月以上花を楽しむことができ、花言葉は「幸福が飛んでくる、あなたを愛しています」とされ、開店祝いや新築祝い、結婚55周年のお祝いの花などにもよく用いられます。

育てる際は、日光・風通し・温度に注意して育てます。

7 害虫・病気

胡蝶蘭によくある害虫は、ナメクジとカイガラムシです。

ナメクジは新芽や花茎、花といった軟らかい部分を齧ってしまいます。
齧られた部分から菌が入り、軟腐病になってしまうこともありますので、誘殺剤などを使って早めに駆除しましょう。

カイガラムシは葉につき、吸汁して株を弱らせてしまいます。
年中発生しますが、室内の風通しの悪くなる冬から春にかけて発生しやすくなるので注意が必要です。

胡蝶蘭によくある病気は、軟腐病です。

軟腐病は多湿の環境で育てている場合に発生しやすく、株全体に発生し、はじめに葉や株の付け根に斑点が広がり、次第に拡大して株が腐り、葉も黄色くなって腐敗して枯れてしまう病気です。
軽いうちは薬剤を用いるなどして拡大を抑えることができますが、ひどい場合は回復しづらいので、早めに対処しましょう。

環境によっては、葉の中心に水が溜まることがあり、新葉が腐ってしまうことがあります。
水が溜まっていたらティッシュなどで吸い取ります。

 

意外と簡単、花が終わった後の胡蝶蘭の育て方

胡蝶蘭に肥料を与えるときに注意したいこと

胡蝶蘭の培養土(ばいようど)について

胡蝶蘭の株分けを成功させるポイントとは

胡蝶蘭の根腐れを復活させる方法

胡蝶蘭の植え替えの時期と植え替えの方法

胡蝶蘭を長持ちさせる水のやり方

胡蝶蘭の上手な咲かせ方

胡蝶蘭の繁殖

胡蝶蘭の葉と根

胡蝶蘭の魅力

冬の胡蝶蘭の育て方

マイページにログイン

無料会員登録で300P(300円分)プレゼント

本州・四国送料無料!

お届けする胡蝶蘭の写真をご依頼主様にお送りします。

休業日のご案内

FAXでのご注文

お買い物ガイド

お支払い方法について

クレジットカード
VISA、JCB、DC等各種クレジットカードをご利用いただけます。
お支払い回数は1回払いだけでなく分割払いも可能です。
VISA MASTER UFJ NICOS DC JCB AMEX Diners

銀行振り込み(前払い)

金融機関 ジャパンネット銀行 楽天銀行 帯広信用金庫
支店名 本店営業部 ジャズ支店 本店
口座種別 普通預金 普通預金 普通預金
口座番号 6851583 7024941 1415409
口座名義人 ユ) テンヴィクトリーズ

※お振り込み手数料はお客様負担になります。

後払い(法人様限定)

商品お届け後後請求書をお送りします。指定の期日までにお振込下さい。
※お振り込み手数料はお客様負担になります。
※審査の結果ご利用いただけない場合がございます。

返品、交換について

お客様の都合による返品、交換はお受けいたしかねます。
ただし、当店の手違い等、不良は直ちに返品、交換いたします。
これに生じる送料は当店がご負担させて頂きます。
またいかなら場合においてもお買い上げ金額を補償の上限とさせて頂きます。
ご注文後のキャンセルはお届けの3営業日前の17時までにご連絡下さい。
期限を過ぎた場合は御注文時と同じ金額をご請求させていただきます。
実際にお届けする胡蝶蘭は写真と色・大きさ等が若干ことなる場合がございます。

送料と最短お届け日

午前11時までのご注文(カードもしくは法人様後払い)で下記の通りお届け可能です。
※当店休業日は除きます
※離島・一部地域を除きます。
※天候、災害、交通状態等で下記の通り届かない可能性もあります。

地域 最短お届け日 送料
北海道 翌々日午前 1050円
北東北(青森・秋田) 翌日14~16時 無料
南東北(岩手・宮城・山形・福島) 翌日午前
関東(茨城・栃木・群馬・埼玉・
千葉・東京・神奈川・山梨)
北陸・信越
(新潟・長野・富山・石川・福井)
中部(静岡・愛知・三重・岐阜)
関西(大阪・京都・滋賀・奈良・兵庫)
和歌山 翌日14~16時
中国(岡山・広島・山口・鳥取・島根)
四国(香川・徳島・愛媛)
高知 翌日18~20時
九州(福岡・佐賀・長崎・熊本・
大分・宮崎・鹿児島)
翌々日午前 1050円
沖縄 2100円

時間指定も承ります。
※上記の最短お届け日以降の時間帯をご指定ください。

午前: 午前中 午後: 12:00~14:00
午後: 14:00~16:00 夕方: 16:00~18:00
夜間: 18:00~20:00 夜間: 20:00~21:00
冬季のお届けについて

冬季は、凍結の恐れがあるため、北海道、東北、裏日本豪雪地帯等、最低気温がマイナスになる地域へは配送できません。

Copyright (C) 幸福の胡蝶蘭屋さん All rights reserved.