幸福の胡蝶蘭屋さん

*

銀婚式に花をプレゼントするなら胡蝶蘭がおすすめの理由

銀婚式

銀婚式は25年間、苦楽を共にしてきた夫婦の大切な日です。
銀にちなんだものを贈ったことから銀婚式と言われるようになりました。配偶者の相手からでも家族からでもプレゼントは何でも嬉しいものです。
今でも由来の通り、銀にちなんだものを選んだり、夫婦の記念日なのでペアのものを選んだりすることが多いと思います。
他にもお花をプレゼントされる人も多いでしょう。世の中にお花はたくさんありますがお祝い事のお花と言えば胡蝶蘭です。
胡蝶蘭がプレゼントとして人気な理由は花言葉と胡蝶蘭の持つ特徴にあります。

まずは胡蝶蘭の花言葉です。胡蝶蘭は「幸せが飛んでくる」という花言葉なのでお祝いにはとてもぴったりで、貰う側も嬉しいですね。
今まで、これからの2人の幸せを願うのに相応わしい花言葉です。
お花と一緒に花言葉が添えられているとロマンチックですね。
花言葉も素敵なのですがその上お花自体もとても綺麗です。花が開いている様子や茎の曲線は優雅で美しいです。
更に胡蝶蘭は約1~2ヶ月と長持ちすることで有名なお花です。
プレゼントで貰ったのにすぐ枯れてしまっては少し儚いです。
プレゼントされたのにすぐに枯れてしまっては貰った側も不快になります。胡蝶蘭はその点、安心してプレゼントできます。
環境も関係はありますが胡蝶蘭は簡単な手入れで長持ちするとされています。これだけでも十分素敵なお花でプレゼントされたら嬉しいです。
しかしまだまだ人気の理由があります。それは他のお花と比べると花粉が少ないのです。
同時に香りもほとんどないとされています。最近では患者の中に花粉症の人が多く、お花は置くことを禁止する病院が多いです。
胡蝶蘭だとそのような心配もなく、渡す場所も問わないで良いのが魅力的です。出先のレストランや飲食店でも気軽に持ち込めます。
もし自分が花粉症でも胡蝶蘭なら貰っても大丈夫ですね。これだけではありません。銀婚式というのは夫婦が決めた日(結婚記念日など)で祝われると思います。
お花は季節によって売られているものが変わります。しかし胡蝶蘭は年中、安定した品質が保たれていて日本各地で生産されています。
なので銀婚式がいつでも売っていないということがないので年中プレゼントができます。特徴がたくさんあってプレゼントには最適のお花です。
胡蝶蘭は素敵なお花でプレゼントした側もされた側も嬉しい気持ちになれます。銀婚式のプレゼントに胡蝶蘭が選ばれる理由がなぜだかよくわかります。

銀婚式とは・銀婚式の由来

ご夫婦にとって結婚記念日は特別なものです。しっかり覚えていて毎年何かお祝いをしている方も多いでしょう。はたまた、長く共に過ごすうちにその手の記念日を忘れてしまっているご夫婦もいるかもしれません。

元々結婚記念日の発祥はイギリスと言われており、15年までは1年単位、その後は5年単位で結婚記念日を祝う風習があります。それぞれの記念日に贈るものの名前が付けられており年を重ねるごとに豪華になっていきます。

結婚25周年に当たる日は銀製品を贈ることから「銀婚式」と名付けられています。これが銀婚式の名前の由来とされています。

日本では明治天皇が「大婚二十五年祝典」として銀婚式のお祝いを行ったことにより、日本国内でも銀婚式が習慣になりました。

結婚記念日のなかでも銀婚式と結婚50周年の金婚式は特別なイベントになりますので、大げさなイベントではなくてもいいので何かお祝いをするのがおすすめです。

結婚記念日の数え方

結婚記念日の数え方は1年目を「結婚式」として、2年目「藁婚式」、3年目「革婚式」、4年目「花婚式」、5年目「木婚式」、6年目「鉄婚式」、7年目「銅婚式」、8年目「ゴム婚式」、9年目「陶器婚式」、10年目「錫婚式」、11年目「銅鉄婚式」、12年目「絹婚式」、13年目「レース婚式」、14年目「象牙婚式」、15年目「水晶婚式」、その後は5年ごとに20年目「磁器婚式」、25年目「銀婚式」、30年目「真珠婚式」、35年目「珊瑚婚式」、40年目「ルビー婚式」、45年目「サファイア婚式」、50年目「金婚式」、55年目「エメラルド婚」、60年目「ダイアモンド婚」となります。

銀婚式のお祝いのマナー

結婚25年目ともなると、多くのご夫婦が子育ても一段落し、今後は自分たち自身のことを考え始める時期と重なるというケースも多いです。

特別な日である銀婚式をお祝いするにあたって、相応しい贈り物を贈りたいものです。お祝いのマナーとして、ネガティブなものを連想させるもの、例えば弔事に用いられるようなお茶や、二人の仲を切ってしまうというような意味を連想させるハサミや包丁、壊れやすい陶磁器などは避けるべきです。

銀婚式とは言え、銀製品にこだわる必要はなく実用的でご夫婦が喜ぶようなものをチョイスすればよいでしょう。

お祝いをするタイミング・時期はいつ?

一般的にはお祝いは結婚記念日の半年前から当日の間に行います。
しかし相手が遠方に住んでいて、直接お会いして贈り物を渡すということが難しい場合もあるため、25周年になる結婚記念日から1年間の間に贈り物を渡すという場合もあります。

ここで注意したいのは結婚記念日の定義に関してはそれぞれの夫婦によって異なるということです。婚約した日から25周年、あるいは入籍した日から25周年、はたまた結婚式をした日から25周年、同居し始めてから25周年というようにいくつかのパターンがあるので、可能ならあらかじめ相手に確認しておくのがベターです。

銀婚式のプレゼント相場はいくら

銀婚式におけるプレゼントの相場ですが、子から両親へ贈る場合、あるいは夫から妻へ、妻から夫へというように、渡す相手によって金額は変わるものの、平均として2万円から5万円くらいと言われています。やはり25周年の節目ということで、他のお祝いと比較してもやや高価になることが多いです。結婚記念日はその名前に由来するアイテムをプレゼントする風習があるため、銀婚式においては、いわゆる銀製品のアイテムを贈るというのもおすすめです。

銀婚式のプレゼント相場・子から両親へ

子から両親への贈り物として人気のアイテムは銀製の食器、インテリア、アクセサリーといった日常で使用できるもの、身につけられるものです。特に夫婦で使用することのできるペアの食器、あるいは名前・記念日の刻印が入れられるものは両親にとって大事な記念品となるでしょう。あるはサプライズとしてペア旅行などもおすすめです。時期や両親の予定もあるので、旅行を計画する際はそれらを踏まえたうえで入念に計画を立てましょう。

銀婚式のプレゼント相場・夫から妻・妻から夫へ

夫から妻への贈り物として喜ばれるのは、やはり高級感のある銀製品としてマグカップやティーカップなど普段から使用できるものです。また、女性としては嬉しいスパ、エステのギフトチケットなども喜ばれます。逆に妻から夫への贈り物となると、長く使用できるような高級レザー財布、あるいは銀製のボールペンや万年筆などが人気アイテムです。またお酒好きという方には高級日本酒や焼酎など、普段中々飲むことができない希少なお酒も喜ばれます。

銀婚式のプレゼントに熨斗の書き方

銀婚式において相手にプレゼントを贈る場合には、他の祝いごとと同様に熨斗紙を付けるのが基本です。とは言え、フォーマルな贈り物でつけられるこの熨斗紙ですが、書き方がよくわからないという方も多いでしょう。またどのような熨斗紙を選べばよいかわからないという方もいるはずです。こちらではそのような方向けに、熨斗について解説していきます。まずはこれらを抑えてマナーをわきまえたプレゼントを贈れるようにしましょう。

熨斗とは

熨斗のイメージとして、贈り物につける名前が書かれた紙と飾り紐が付いたものを頭に思い浮かべる方が多いはずです。ですが実際には、熨斗とは右上についている小さな飾りのことを言います。元々はあわび貝を薄くのして干したものであり、生ものを添えるという意味を含め、古い時代には包装の上から貼っていました。そのため生もの以外の贈り物には熨斗を貼るのがしきたりとなっています。反対に贈り物付帯が鮮魚や精肉の様な生鮮品の場合では、熨斗は不要とされています。ですが、最近ではこのような習慣の中にも誤りがでてきていることもあるので、贈り物の際には注意しましょう。

水引の選び方

水引とは熨斗紙の真ん中にある紐のことを指します。結び方は蝶結び、結び切りの2種類がありますが、それぞれ贈り物に合わせて結び方を選ぶようにします。基本的に繰り返し起こっても良いおめでたいお祝い事には蝶結びを選びます。すぐにほどけて、しかも何度でも結びなおせるということで、何度あっても喜ばしい出産のお祝い、内祝いに用いられます。なお、結び切りに関しては一度結んだらほどけないということで、一回きりのお祝いの際に用いられます。結婚式が代表的ですが、銀婚式に関してもこちらが使用されます。

表書きの書き方

表書きの書き方としては、熨斗紙の上段、つまり水引の上の箇所にお祝いの目的を書きます。銀婚式の場合には「銀婚式祝」と書くのが一般的です。しかしながら4文字の表書きは「死」に結びつくということで縁起が悪いと敬遠する方もいるかもしれません。贈り物をする相手によっては、心配な場合は「銀婚式御祝」というように文字数を増やすことで4文字を避けるようにしましょう。もちろん「銀婚式祝」でも決してマナー違反、あるいは間違いではありません。

名前の書き方

続けて名前の書き方ですが、こちらは熨斗紙の下段、すなわち水引の下の箇所に書くようにします。注意したいのが、名前は「贈り物をする相手」ではなく「自分の名前」を入れるようにします。宛名のつもりで夫婦の名前を書かないようにしましょう。なお、連名では右側が上位となります。ご夫婦での男女連名に関しては男性が右、女性が左となります。兄弟であれば右から長男の名前となります。さらに連名の場合は、名前の記載は3名迄として4名以上は代表者のみ名前を入れ、他は左側に「他一同」と書きます。

銀婚式に喜ばれるおすすめの定番ギフトランキング

銀婚式ということで銀製品の贈り物が好まれることは紹介しましたが、もちろんそれ以外でも定番ギフトと位置づけられているアイテムはたくさんあります。インターネットや雑誌などで調べて見るだけでも、その種類は豊富で金額も手軽に用意できるものから、それなりに高級なものもあります。以下では定番とされるアイテムを順に紹介していきます。メッセージ性のあるもの、サプライズで喜ばれるものなど、結婚25周年という長い時間の節目を祝うにふさわしい贈り物を用意しましょう。

銀婚式に喜ばれるおすすめの定番ギフト1 花・プリザーブドフラワー・花束

ブリザーブドフラワーは水なしでも長期間鮮やかな色、そしてみずみずしさを保つことができるため贈り物には非常に向いています。
手間もかからず後始末も不要なため、銀婚式以外でも様々なお祝いに用いられています。
一般的な家庭では1年位持ちますが、保存状態によっては2年から3年は状態良く楽しむことができると言われています。感謝の気持が伝わるブリザーブドフラワーは、様々なアレンジがなされたものが多いので選ぶ方としても楽しいです。

生花が良いという場合は胡蝶蘭や花束もおすすめです。

銀婚式に喜ばれるおすすめの定番ギフト2 旅行

年令を重ねると、物をもらうよりも思い出を作りたいと考える方も多いです。形には残らないものの、素敵な思い出を作ってあげたいと考えるなら、旅行はおすすめです。

旅行の段取りは手続きや段取りなども必要なため、相手の予定にも配慮しなければなりません。

それなりにコミュニケーションが取りやすい間柄である両親や親戚といった親しい関係へ贈るほうが好ましいでしょう。また知人や友人などの場合には旅行よりはディナーなどのように気軽に招待できるものが向いています。

銀婚式に喜ばれるおすすめの定番ギフト3 ペア物

銀婚式のお祝いにはペア物も喜ばれます。例えば夫婦で楽しめる名入れのペアグラスです。純銀製で美しいステンレス製のペアグラスは保温性も抜群であり、手入れも簡単なことから贈り物として非常に喜ばれます。名前の他に結婚式の日付、メッセージなどを刻めば思い出の品となること間違いなしです。

また、銀製品にこだわらなくても、例えば有田焼のような有名な焼き物の夫婦茶碗、あるいは若狭塗の本格的な夫婦箸など、毎日2人で使うものであれば心から喜んでもらえるはずです。

銀婚式に喜ばれるおすすめの定番ギフト4 指輪・アクセサリー

これまでの25年に感謝して、「これからも一緒に過ごしていきましょう」という気持ちを込めて、夫婦で使えるアクセサリーはおすすめです。女性にも喜ばれる指輪のプレゼントですが、せっかくなら夫婦でペアエリングを選んでみるのも良いでしょう。

女性に贈る場合には普段のコーディネイトを華やかにしてくれるプラチナのデザインリングが人気ですが、ペアリングで考えているという方はシンプルで上品なデザインのほうが向いています。

銀婚式に喜ばれるおすすめの定番ギフト5 お酒・ワイン

銀婚式のお祝いを家族そろって乾杯したい、そのような場合には少し高級なお酒はピッタリです。中でも祝福の贈り物としてワインをプレゼントする方も増えており、特にワイン好きの両親にとって、子供から感謝の気持ちを込めて贈られるワインは嬉しいものです。

最近はお酒の持込可能なレストランも増えているので、お祝いのディナーの際にタイミングを見てプレゼントするのもありでしょう。結婚した年に製造されたワイン、贈り先の相手と同じ生まれ年のワインなども喜ばれます。

銀婚式に喜ばれるおすすめの定番ギフト6 時計

時計もまた、銀婚式の贈り物の定番として選ばれています。いつでも眺めることができるインテリアの様なオシャレな電波掛時計や、素敵なメロディの流れる電波メロディ置時計など、これからも幸せな時を進めて欲しいという願いを込めたギフトとして最適です。

また、一緒にこれからの時を歩んでいってほしいということで、ペアウォッチなどを贈るというのもおすすめです。こちらもシンプルで普段から使いやすいデザインのものが好まれます。

銀婚式に喜ばれるおすすめの定番ギフト7 銀の食器

やはり銀婚式の名にちなんだ銀の食器は根強い人気があります。見た目が美しく、しかも耐久性があるということで末永く使ってもらえるでしょう。あまり使用しないと酸化が起こり変色してくることもあるため、贈り物としては普段から頻繁に使用してもらえるお皿をはじめ、ナイフ、フォークなどがおすすめです。これらもお店によっては相手の名前や大切な記念日の日付などの刻印を承ってくれるところもあるので、是非問い合わせをしてみてはいかがでしょうか。

銀婚式に喜ばれるおすすめの定番ギフト8 ケーキ・お菓子

銀婚式を迎えた夫婦にとって意外に人気なのがデコレーションケーキの贈り物です。やはりお祝いと言えばケーキの様なお菓子は定番です。美しく華やかに飾られたケーキは家族みんなでお祝いする際には小さい子供からも喜ばれます。また、感謝の気持ちをそのままメッセージプレートに表現することができるのも人気の理由の一つでしょう。最近では相手の好きなものを立体ケーキで表現するというような、ちょっとしたサプライズを狙った贈り物も流行っています。