胡蝶蘭をドライフラワーにする方法、プリザーブドフラワーも合わせて解説!

胡蝶蘭のドライフラワー お祝いで頂いた胡蝶蘭、そのまま廃棄するのはしのびない、と思う人は多くいます。
胡蝶蘭の花言葉は「幸せが飛んでくる」ですから、贈花には贈ってくれた人の思いやりの心が籠っています。幸福を呼ぶ花は少しでも長く保存して手元に置きたいものですよね。

とはいえデリケートな高級花、胡蝶蘭はドライフラワーに出来るのでしょうか?胡蝶蘭をドライフラワーにする方法、プリザーブドフラワーについても合わせて解説します。

胡蝶蘭をドライフラワーにする方法

胡蝶蘭はドライフラワーに出来ます。しかし少々難易度が高く初心者向きではありません。
ドライフラワーは観賞用の花を乾燥させて、形状を保ったまま長く楽しむので、カスミ草や千日草など水分の抜けやすい草花が適しています。

生花としての胡蝶蘭は花丈が長く、高級感を感じさせる花で、管理はやや難しい部類に入ります。東南アジアの熱帯雨林を原産地とするので、湿気を好む植物であり、花びらは厚く、茎中の水分量も多いようです。従ってドライフラワーとして完全に乾燥させるには、他の花よりも手間と時間がかかります。

生花をドライフラワーにする方法はいくつかありますが、胡蝶蘭にはシリカゲル法が最も適した方法でしょう。花束やブーケをドライフラワーにする際は、胡蝶蘭以外の花も乾燥させてアレンジすることも多いので、ここではシリカゲル法とその他3つの方法を紹介します。

シリカゲル法

乾燥材、シリカゲルを使った方法です。蓋つきの容器にシリカゲルを3分の1ほど敷き詰め、その中に軽く穴を作ります。穴に胡蝶蘭を置き、上からシリカゲルを入れて埋めます。花びらの隙間にも全てシリカゲルを詰めたら、蓋をして一週間ほど置いてから取り出します。全体がパリパリに乾いていたら出来上がりです。シリカゲル法は花の色や形が余り変化せず、乾燥が早いので、胡蝶蘭のドライフラワーに最も適した方法です。シリカゲルは園芸屋さんで買いましょう。

ドライ・イン・ウォータ法

花を少量の水に差しながら、少しずつ蒸発させる方法です。乾燥するまでに長く時間がかかり、夏場は細菌が繁殖しやすい、というリスクも持っています。
花を観賞しながらドライフラワーにできるのが利点ですが、胡蝶蘭向きの方法ではありません。胡蝶蘭の副花としてよく利用される、カスミ草などに適しています。

ハンギング法

ドライフラワーの作り方としては最もよく知られた方法です。花を麻紐などで束ね、逆さまに吊るして乾燥させます。茎がしっかりとして、水分量の少ない花が向いています。

ラベンダー、ミモザなどが良いでしょう。変色があり、吊るしていると花が落下することもあるので、胡蝶蘭には適していない方法です。

押し花

押し花もドライフラワーの一種です。花全部をパーツごとに分解してから、新聞紙や半紙などで挟み、重しを載せて、水分が抜けるまで放置します。

ぺったんこになった胡蝶蘭は栞や便箋にして半永久的に楽しめます。透明樹脂でレジン加工して置き物にするのもいいですね。レジンはホームセンターなどのDIYコーナーで入手します。

胡蝶蘭をドライフラワーにする注意点

胡蝶蘭は本来ドライフラワーには不向きな花種です。ですが美しい花をいつまでも眺めていたいと願うのは、人類の永遠の夢のようなもの。胡蝶蘭をドライフラワーにする上で、以下のポイントに注意しましょう。

色落ち

ドライフラワーにするには、ある程度の色落ちは覚悟しておきましょう。胡蝶蘭は多彩な色が豊富にある品種ですが、淡い色の胡蝶蘭はドライフラワーに向きません。

白い胡蝶蘭は最もポピュラーな色目ですが、ドライフラワーにすると花びらが黒ずんできます。濃い色、青や紫、黄の花は色が残りやすいようです。いずれにしても元の花色で、とはいかないので、多少の色落ちはあります。

形の崩れ

胡蝶蘭をドライフラワーにすると、花が壊れたり、落下したりします。乾燥状態ですから、ちょっとした衝撃で形は崩れます。生花の倍以上に形崩れには注意しましょう。

劣化

ドライフラワーは永遠に楽しめるものではありません。時間が経てば色褪せますし、水分を吸収すれば腐食します。台所や洗面台など湿気の多い場所に置くと早く劣化する、と覚えておいてください。

胡蝶蘭をプリザーブドフラワーにしてみる

プリザーブドフラワーとは生花に染色液、保存液を吸わせて、色付けし、加工したものを指します。

胡蝶蘭は切り花であれば3週間前後の寿命ですが、プリザーブド加工されたものだと条件によって1、2年は保存できます。従って近年お祝いごとの贈り物にはプリザーブドフラワーの胡蝶蘭が人気を呼んでいます。プリザーブドフラワーは加工花ですが、造花と違い、生花と変わらない色合いや瑞々しさを持っています。

水替えが必要無いため、室内のインテリアとしてとても重宝する美しいアレンジ花です。胡蝶蘭のプリザーブドフラワーは加工済みのものを専門店や通販で購入できます。ガラス容器に入った加工済みの胡蝶蘭はひんぱんな手入れが必要無いため、お供えの仏花としてもよく購入されています。

善き日の記念に長くとっておけるようにと額縁入りのもの、かごに盛られたもの、ドーム型のものなど様々なアレンジが施されています。胡蝶蘭のプリザーブドフラワーは専門店での購入が一般的ですが、実はハンドメイドもできるのです。花屋で購入した胡蝶蘭、贈り物として頂いた胡蝶蘭を出来るだけ長く保存しておきたい、と考える人はぜひハンドメイドに挑戦してみましょう。

胡蝶蘭のプリザーブドフラワーの作り方

①ホームセンターなどでプリザーブドフラワーの薬液を購入します。
②胡蝶蘭の茎を下2cmだけ残して切り取ります。
③蓋つきの容器に薬液を流し込み、胡蝶蘭の花を沈めて十分に液体を吸わせます。
④蓋をして3日程度待ちます。
⑤花をバットなどに取り出して自然に乾燥させたら、出来上がりです。

胡蝶蘭はシリカゲル法で乾燥させると、ドライフラワーとして長く保存して楽しめる花です。変わらぬ色合いや瑞々しさを求めるならば、プリザーブドフラワーに加工するのもおすすめです。花屋さんで一目惚れした胡蝶蘭、お祝いごとで頂いた胡蝶蘭はいつまでも美しい姿で大切にしておきたいものですね。

胡蝶蘭のおすすめコラム

胡蝶蘭の花言葉や相場、胡蝶蘭顔贈り物として選ばれる理由など当店で胡蝶蘭に関する人気のコラムを紹介いたします。