幸福の胡蝶蘭屋さん

*

開店・開業のお祝いに

[開店祝い・開業祝い]おしゃれで人気の贈り物から定番品まで人気プレゼントランキング

仲の良い知り合いの方が飲食店を経営するようになったり、 会社の同僚が起業して社長になった時に、 新しい門出を祝うという気持ちを込めて贈るのが「開店祝い」です。 また、お店がリニューアルオープンした際も贈る場合があります。 開店祝いを送ったことがない方は、 「何をあげたらいいのかわからない」、「あげるとマナー違反になってしまわないか」、 など多くの不安の声があるかと思います。 もしも縁起の悪いものを贈ってしまったら、 せっかくの門出が台無しになってしまうどころか、 この人とは少し距離を置こうと思われてしまうこともあります。 今までに開店祝いを送ってきたことがない方でも、 どの品が開店祝いで人気なのかわかりやすくするため、 ランキング形式でご紹介します。

1位:胡蝶蘭が開店祝いに選ばれる理由

胡蝶蘭の花言葉が「幸福が飛んでくる」というもので 縁起が良いとされているからです。 花の形は蝶に似ており、ひらひらと幸福やお客さんが舞い込んでくることを連想させ、もらった人のお店が繁盛することを願っています。 胡蝶蘭を置いておくだけで店の雰囲気が、高級感や清潔感が出て雰囲気が良くなるので、もらった方も嬉しいはずです。 また、お店に置いておくとなると衛生面に気をつけなければなりません。 多くの花は花粉を飛ばし、匂いが強いものもありますが、胡蝶蘭は花粉や香りが少ないためそのようなことを気にせずにお店におくことができます。 胡蝶蘭の花は長持ちします。 一度花を咲かすと2、3ヶ月は持ち、お手入れも簡単です。 一年中栽培されている花ですから時期も選ばないので、 開店祝いで一番人気のあるものになりました。

2位:お酒が開店祝いに選ばれる理由

開店祝いとして送ったお酒が開店祝いの打ち上げでその場で飲めるからです。 多くの人が集まりますので、その分の飲食代がかかってしまいます。 ですが、お酒を送ることによって多少の酒代が浮きますので、 もらった方は助かるでしょう。 飲食店やスナック、バーなどのお酒を提供するようなお店では、 そのお店に商品としておくこともできます。 開店費用はとても多額のお金を用意し、 多くの商品を仕入れなくてはいけません。 お酒を贈れば実用的で仕入れをしなくて済むので、 金銭的にも喜ばれています。 また、お店の経営者の方は年齢を重ねた方が多いかと思います。 年齢を重ねたらお酒が好きになる傾向で、 お酒が好きかどうか確認する必要はありますが、 贈ると忙しい開店作業の憩いに飲まれることでしょう。

3位:バルーンギフトが開店祝いに選ばれる理由

バルーンギフトの画像を見てもらえばわかりますが、 飾りが華やかで、とても可愛らしいです。 それを見た人が興味を持てるので、 子供にも大人にも人気があり、お店の集客力も上がることでしょう。 また、胡蝶蘭などと違い手入れする必要がありません。 そのままの状態で置いておけます。 開店してから多くのお客さんが来たり、お店の配置の微調整など 忙しい開店時期には多くの仕事があり、 もらった人の仕事を増やさなくて、少しは楽になるでしょう。 バルーンギフトはすぐにヘタれてしまうかと思っていました。 ですが調べてみるとガスを入れないで1ヶ月持つものや ガスがなくなりシワになっても補充用のガスがついているものなど、 長持ちするものが多くありその間思いせをより一層おしゃれにしてくれます。

4位:お菓子が開店祝いに選ばれる理由

ほとんどの人が好んで食べるものなので、お菓子を開店祝いとして贈っても嫌う人は少ないでしょう。 開店祝いの贈り物だけでなく、開店祝いのパーティーに招かれた時の手土産にも持っていけます。 お菓子は日持ちするものが多く、お店の経営者だけでなくその従業員や部下も食べれることができます。 休憩時にみんなで食べることができますので、従業員や部下からも喜ばれるでしょう。 最近の開店祝い用のお菓子は見た目もオシャレで可愛らしいものが多く、 子供がいる方は子供に喜ばれると思います。 子供だけではなく、従業員や部下も見た目が良いので 幸せな気持ちで食べれます。 お菓子は送る人だけでなく、その周りの人も見たり、食べたりすることによって喜ばせることができる商品です。

5位:時計が開店祝いに選ばれる理由

開店作業はとても忙しいものです。 ですので多くのものを忘れてしまっていることや、 時間がなく買えなかったり、お金が足りずに後回しにしてしまうものがあります。 時計は結構買い忘れている方がいますので、 お店の時計がなく困っているところに贈ると喜ばれるでしょう。 ですが時計は、お店に多くて2つ程度で十分なものです。 それを確認せずに贈ってしまうと 時計だらけになり、もらった人が困ってしまうことがあります。 ですので時計を送る際は、 贈ろうとしている人に確認をして贈らなければなりません。 買う人が1人か2人で、 選ばれているランキングですので5位という結果になっていると思います。 決して時計を贈ると嬉しいと思ってもらえないということではないです。

[開店祝い・開業祝い]胡蝶蘭がプレゼント人気ナンバー1の理由

胡蝶蘭が人気ナンバー1の理由は数多くあります。 ですので、開店祝いに贈るなら胡蝶蘭がオススメです。 絶対に送って失敗したくない方や 贈って喜んでほしい方などは胡蝶蘭を送るようにしてください。 ですが胡蝶蘭を送る際は、胡蝶蘭を置けるスペースがあるか確認しなければ、 胡蝶蘭を贈ったのに置ける場所がなく、 やむを得なく捨てなければいけないことになりかねません。 また、立て札もつけなければ誰が贈ったのかわからなくなります。 胡蝶蘭を送るだけでいいと思った方は気をつけてください。 良いところばかりなら、ナンバー1になるのがわかりますが なぜこれほどまでに胡蝶蘭が開店祝いとして人気が出たのでしょう? その理由とともに胡蝶蘭がなぜ選ばれているのかご紹介します。

飲食店に胡蝶蘭が選ばれる理由

飲食店に贈るのは胡蝶蘭じゃなくてもいいと思いませんか? 胡蝶蘭以外でも綺麗でかわいい花はたくさんあります。 そんな花を差し置いて、胡蝶蘭が選ばれる理由がありました。 胡蝶蘭は花粉をあまり飛ばしませんし、 花の香りも他の花に比べたらあまりしません。 飲食店では、衛生面を気にしなければ お客さんが一度入店しても「ここは汚いからもうくるのはやめよう」 となってしまうことがあります。 せっかく美味しく作った料理の匂いも楽しんでもらいたいのに、 花の香りが強すぎると、 存分に楽しめなくなってしまうでしょう。 花の香りが嫌いな人も多くいるので、香りが強い花は贈り物としては不適切です。 胡蝶蘭はこのようなことになりませんので、 飲食店の開店祝いとして多くの人が贈っています。

飲食店の開店祝い

カフェや喫茶店の開店祝いに胡蝶蘭が選ばれる理由

カフェや喫茶店ではお店に入った時に、 安心できるような匂いにしているお店がたくさんあります。 コーヒーの香りを漂わせて、 コーヒーを飲みたくなるようにしたりするなど 店内の香りを重視しています。 そこに匂いの強い花を送ってしまったら、 せっかく作ったコーヒーの匂いや雰囲気が壊れてしまいます。 お客さんからしてみると落ち着ける空間ではなくなってしまうので、 別のカフェや喫茶店に行ってしまうことでしょう。 お店の中の匂いが合わないとあなたもリピートしづらいですよね? 胡蝶蘭は匂いがあまり強くないですので、 お店の雰囲気を守ることができるでます。 コーヒーの香りや木の匂い、料理の匂いなど様々な 匂いを存分に楽しむことができるのです。

カフェの開店祝い

スナックの開店祝いに胡蝶蘭が選ばれる理由

多くのスナックは落ち着いて雰囲気のところが多いです。 落ち着いた雰囲気にするには、 お店の照明を暗くしたり、奇抜なものを飾らなかったりするなど 様々な工夫が必要になってきますし、 置く物の多くが制限されてしまいます。 胡蝶蘭は高級感があり、お店の雰囲気を落ち着かせてくれます。 お店を雰囲気が良くなるのでお手入れが楽な胡蝶蘭を 置くだけでいいのです。 胡蝶蘭は2、3ヶ月の間、花が咲きますので、 お店に長く置いておけることなどから人気となっています。 他の花に比べて香りもあまりしないので、 お酒の匂いを楽しみたいというお客さんの願望を壊すことなく、 胡蝶蘭を店内に置くことも可能です。 胡蝶蘭があると高級感があるいいお店だと思ってくれるので、 リピートしてもらいやすくなるでしょう。

スナックの開店祝いに胡蝶蘭がおすすめの理由

事務所の開設祝いに胡蝶蘭が選ばれる理由

事務所は作業をするところです。 作業をするところでほんの息抜きになれるようなものがあれば、 仕事も効率良くなることでしょう。 胡蝶蘭の見た目は華やかです。 見ているだけで幸せな気持ちになれます。 仕事に疲れた時にふと目にすれば、 無意識のうちに元気が出て集中力が増すこと間違いなしです。 これで仕事の効率も上がることでしょう。 また、事務所には多くの別の会社の人がやってくることがあります。 別の会社の人がやってきた時に、 事務所に何も置いていないと、 その事務所が簡素なところに見えてしまう可能性があるでしょう。 簡素な事務所と思われるよりも、 開店した当初は豪華とはいかないものの 明るい雰囲気がある事務所にした方が印象はいいはずです。

事務所開設祝い

開院祝いに胡蝶蘭が選ばれる理由

開院祝いとなると花粉や香りに気をつけた花でなくてはなりません。 衛生面が大変重視されている現場ですので、 花粉や香りがあるものですと喜ばれないこともあるでしょう。 胡蝶蘭は、花粉や香りが少ないですので 開院祝いに多くの方が選んでいます。 また、清潔感があり花持ちが長いことが有名な花です。 清潔感のない病院には行きたくないですよね? 胡蝶蘭は清潔感をもたらしてくれ、 お手入れも病院は一定の温度に保たれているので、 水をあげるだけでよく簡単なものです。 清潔感のないものを開院祝いとして送らないように注意してください。 清潔感のある胡蝶蘭で花粉や匂いが少ないので、 病院や歯科医院、動物病院に贈るものとして人気があるのです。

開院祝い

新装開店祝いに胡蝶蘭が選ばれる理由

新装開店とは以前あったお店を、 より良い状態にガラリと変えることを言います。 新装開店は珍しいものです。 あまりしない方もいると思いますが、 新装開店するとお客さんが興味を持って足を運んでくれます。 新装開店して以前と同じような店内の印象なら、 あまり新装開店した意味がなくなてしまうことでしょう。 綺麗になったり、メニューが一新したり、お店の雰囲気が変わったり することを多くの方は望んでお店に来ます。 そんな時にお店の雰囲気をよりよくするために、 胡蝶蘭が送られてのです。 胡蝶蘭の見た目は華やかな印象を与えて、 お店の雰囲気も以前よりも華やかなものになるでしょう。 新装開店して変わったと思わせることができますので、 贈る人は胡蝶蘭を選んでいると思います。

新装開店祝い

支店開設祝いに胡蝶蘭が選ばれる理由

支店開設祝いとして胡蝶蘭はよく送られています。 支店を開設するのは、本店での売り上げが好調で、 支店を出した際にも利益が出せると思った時にしかしません。 ですので、支店解説はめでたいものです。 その際に間違ったものを贈って失敗したくはないですよね? 支店開設となると多くの仕事関係の人から贈り物が来ます。 時計など事前に確認しておかなければならないものは、 被ってしまう危険性が高いですので、 被ってしまってもいい胡蝶蘭が選ばれています。 胡蝶蘭なら被ってしまっても多くの花が楽しめ、 お手入れも簡単ですので喜ばれることでしょう。 また、胡蝶蘭は花が長持ちしますので、 お手入れをすれば長い間楽しめることも選ばれている理由になっています。

支店開設祝いの贈り方・マナー

アパレルや洋服店の開店祝いに胡蝶蘭が選ばれる理由

アパレルや洋服店では販売をしなければいけません。 お客さんが来なければ売り上げがなくなってしまうので、 その想いも込めて花言葉が「幸福が飛んでくる」という 胡蝶蘭が人気です。 また、胡蝶蘭は花の形が蝶に似ていることから、 お客さんがひらひら舞い込んでくると言われており、 物を売らなければいけませんのでお客さんが来ることが絶対条件です。 いろんな想いを込めて胡蝶蘭が選ばれています。 他の花が選ばれない原因は、他の花は香りが強いものがあります。 香りが強いと服に臭いが移ってしまい、 せっかく気に入って試着したのに香りが気に入らなくて買わないことがあるからです。 新品の服が花の香りが強すぎるのは男性は嫌うと思います。 このような理由からも胡蝶蘭が選ばれていることでしょう。

アパレル・洋服店の開店祝い

ネイルサロンの開店祝いに胡蝶蘭が選ばれる理由

ネイルサロンも同様にお客さんを集めなくては商売になりません。 そこで胡蝶蘭が幸福を飛んでくるや ひらひらとお客さんが舞い込んでくるという思いを込めて送られています。 ネイルサロンはリピートされるかが重要になってきます。 花の匂いが強すぎてその香りが嫌いなお客さんなら、 もう来てくれない可能性もありますので 匂いの少ない花にする必要があるのです。 また、ネイルサロンはネイルしてもらう時間が結構長いので、 長く滞在するにあたり香りがきついと、 ストレスを与えかねません。 香りのことでネットなどに悪評がつけられたら、 本来のサービスであるネイルサロンができない可能性もあります。 ですので、香りの少ない胡蝶蘭が ネイルサロンの開店祝いに選ばれているのです。

ネイルサロンの開店祝いに喜ばれるもの

美容室や理容店の開店祝いに胡蝶蘭が選ばれる理由

美容室や理容室では、シャンプーの香りなどを楽しんでもらうのもサービスです。 美容室や理容室に入ってシャンプーのいい匂いや、 リンスのいい匂いがすれば、その商品を買ってくれることもありますので なるべく香りの主張が少ないものを置かなければなりません。 香りの主張が強いものをおいてしまうと、 シャンプーの匂いやリンスの匂いが本来とは違う捉え方をされてしまう危険性があります。 その際に美容室や理容室の明るい雰囲気に合うようなものではないと、 その場所だけ違和感を覚えてしまいます。 ですので胡蝶蘭が選ばれているのです。 胡蝶蘭は明るい雰囲気にも合いますし、 胡蝶蘭は香りが少ないですので、店内の香りを邪魔することもありません。 また、胡蝶蘭の花言葉「幸福が飛んでくる」とも相性がいいですので、 選ばれている理由でしょう。

美容室・理容店の開店祝いには胡蝶蘭

[開店祝い・開業祝い]プレゼントを贈るタイミング・お返しのタイミングなど贈り方マナー

開店祝いを贈る場合に贈るタイミングが 「開店する時に渡せばいいのか」「前もって渡しておけばいいのか」 など色々な不安の声があるかと思います。 では、開店祝いをいつ渡せば良いのかご紹介します。 開店祝いを渡すタイミングは、 開業する1週間前からその前日までに贈るようにしてください。 できることなら開業するという知らせを受けてから早めに贈るのがおすすめですが、 なかなか贈るものや仕事などで都合が合わないかと思いますので、 開業してから贈ることがないように気をつけてください。 また、開店祝いをもらった時のお返しについて悩んでいる方もいるかと思います。 開店祝いを送る人は心を込めて贈ってくれたのに、 自分はどのように返していいのかわからないと思うのも無理はありません。 開店祝いのお返しにはどのようなものがいいかご紹介します。 オススメなものとしてお菓子などの食べ物、カタログギフト、日用品です。 お返しを贈る場合には開店祝いを頂いた、お礼状を書いておくのがマナーとなります。

【開店祝いのお返し】時期と金額について

開店祝いのお返しを渡そうと思った方でも、 「開店してから何日経ってから渡せばいいのか」や 「開店祝いとしてもらったものより高いほうが良いのか安くても良いのか」 などお返しについての渡す時期や金額に悩んでいる方がいると思うので、 開店祝いのお返しを渡す時期や金額についてご紹介します。 開店祝いのお返しはパーティーでおもてなしする場合と、 品物だけでお返しする場合の2通りがあります。 パーティーでおもてなしして開店祝いのお返しをする場合は、 その時のおもてなしが開店祝いのお返しになるのです。 また、パーティーを行った際に記念品を渡そうとしている場合、 1000円?3000円程度のものを渡すと良いとされています。 品物で開店祝いのお返しをする場合は、 開店祝いで受け取ったものの30%?50%程度のものを 贈りましょう。 品物だけの場合は、必ずお礼状を伴わせて贈ってください。 お礼状の書き方にもルールがありますので、 調べて書かねければ失礼なことになりかねません。 品物だけの場合、開店してから1週間?2週間で贈るようにしてください。 必ずしも手渡しで渡さなくても大丈夫です。

開店祝いのお返しについて

開店祝いにフラワーアレンジメントよりも胡蝶蘭が人気の理由

フラワーアレンジメントは人目を惹くこともできますし、 賑わった雰囲気を作ることができます。 人目を惹くことができればお客さんの視点を集め、 お店に足を運んでくれるかもしれませんし、 友達や家族に新しいお店ができたと話してくれる可能性もあるでしょう。 店内に色とりどりな豪華なフラワーアレンジメントがあれば、 店内が賑わっている雰囲気にしてくれます。 それだけではなく、来客が多く繁盛しているお店のような錯覚を生んでくれるので、 お客さんが人気のあるお店だと雰囲気だけで思ってくれるでしょう。 ではなぜこのようなことがあるフラワーアレンジメントよりも胡蝶蘭の方が人気なのか、 調べてきましたのでご紹介します。 それは、フラワーアレンジメントは胡蝶蘭に比べて、 香りが強く、花粉の出るものが多いからです。 飲食店や病院などは衛生面がとても重要な現場になるので、 あまりにも花粉が落ちていたり、花の香りが強いと お客さんが不快に思ってしまうことがあります。 胡蝶蘭は香りもしませんし、花粉もあまり出しません。 それに先ほど書いたフラワーアレンジメントの利点を持っています。 胡蝶蘭を贈れば見た目もいいので、 迷惑になるということが少ないからフラワーアレンジメントよりも人気なのです。

開店祝いにフラワーアレンジメントよりも胡蝶蘭が人気の理由

[開店祝い・開業祝い]プレゼントを贈るタイミング・お返しのタイミングなど贈り方マナー

開店祝いを贈る場合に贈るタイミングが 「開店する時に渡せばいいのか」「前もって渡しておけばいいのか」 など色々な不安の声があるかと思います。 では、開店祝いをいつ渡せば良いのかご紹介します。 開店祝いを渡すタイミングは、 開業する1週間前からその前日までに贈るようにしてください。 できることなら開業するという知らせを受けてから早めに贈るのがおすすめですが、 なかなか贈るものや仕事などで都合が合わないかと思いますので、 開業してから贈ることがないように気をつけてください。 また、開店祝いをもらった時のお返しについて悩んでいる方もいるかと思います。 開店祝いを送る人は心を込めて贈ってくれたのに、 自分はどのように返していいのかわからないと思うのも無理はありません。 開店祝いのお返しにはどのようなものがいいかご紹介します。 オススメなものとしてお菓子などの食べ物、カタログギフト、日用品です。 お返しを贈る場合には開店祝いを頂いた、お礼状を書いておくのがマナーとなります。

【開店祝いのお返し】時期と金額について

開店祝いのお返しを渡そうと思った方でも、 「開店してから何日経ってから渡せばいいのか」や 「開店祝いとしてもらったものより高いほうが良いのか安くても良いのか」 などお返しについての渡す時期や金額に悩んでいる方がいると思うので、 開店祝いのお返しを渡す時期や金額についてご紹介します。 開店祝いのお返しはパーティーでおもてなしする場合と、 品物だけでお返しする場合の2通りがあります。 パーティーでおもてなしして開店祝いのお返しをする場合は、 その時のおもてなしが開店祝いのお返しになるのです。 また、パーティーを行った際に記念品を渡そうとしている場合、 1000円~3000円程度のものを渡すと良いとされています。 品物で開店祝いのお返しをする場合は、 開店祝いで受け取ったものの30%~50%程度のものを 贈りましょう。 品物だけの場合は、必ずお礼状を伴わせて贈ってください。 お礼状の書き方にもルールがありますので、 調べて書かねければ失礼なことになりかねません。 品物だけの場合、開店してから1週間~2週間で贈るようにしてください。 必ずしも手渡しで渡さなくても大丈夫です。

開店祝いのお返しについて

開店祝いにフラワーアレンジメントよりも胡蝶蘭が人気の理由

フラワーアレンジメントは人目を惹くこともできますし、 賑わった雰囲気を作ることができます。 人目を惹くことができればお客さんの視点を集め、 お店に足を運んでくれるかもしれませんし、 友達や家族に新しいお店ができたと話してくれる可能性もあるでしょう。 店内に色とりどりな豪華なフラワーアレンジメントがあれば、 店内が賑わっている雰囲気にしてくれます。 それだけではなく、来客が多く繁盛しているお店のような錯覚を生んでくれるので、 お客さんが人気のあるお店だと雰囲気だけで思ってくれるでしょう。 ではなぜこのようなことがあるフラワーアレンジメントよりも胡蝶蘭の方が人気なのか、 調べてきましたのでご紹介します。 それは、フラワーアレンジメントは胡蝶蘭に比べて、 香りが強く、花粉の出るものが多いからです。 飲食店や病院などは衛生面がとても重要な現場になるので、 あまりにも花粉が落ちていたり、花の香りが強いと お客さんが不快に思ってしまうことがあります。 胡蝶蘭は香りもしませんし、花粉もあまり出しません。 それに先ほど書いたフラワーアレンジメントの利点を持っています。 胡蝶蘭を贈れば見た目もいいので、 迷惑になるということが少ないからフラワーアレンジメントよりも人気なのです。

開店祝いにフラワーアレンジメントよりも胡蝶蘭が人気の理由

[開店祝い・開業祝い]現金を贈るときの金額相場・贈る相手別の相場などマナー

開店祝いで現金を渡そうとしている方もいるかと思います。 「取引先の人はいくら渡せばいいのか」、「どうやって渡したらいいのか」 など様々な疑問があるかと思います。 そういった疑問を開店祝いを初めて贈る人にもわかりやすいように、 ご紹介します。 ・取引先の場合 10000円~30000円 ・重要な取引先の場合 30000円~50000円 ・知人 3000円~ 5000円 ・親しい知人 5000円~10000円 ・親、子ども 30000円~50000円 ・兄弟、姉妹 10000円~30000円 ・親戚 5000円~50000円 友人や知人、身内に送る際は事前に欲しいものなどを聞くこともできますので、 現金を送るよりも、胡蝶蘭などを送る方のほうが多いです。 金額で迷った場合は付き合いなども考え、 これからも仲良くしたいと思ったら多く包んでおけば良いかと思います。

開店祝いに現金を贈る