胡蝶蘭ギフト通販の幸福の胡蝶蘭屋さん

10月6日までのお届けについて
上記期間のお届けのご注文はお早めにご注文をお願いいたします。
ご注文が集中するため在庫切れや早めに受付終了となる場合があります。

開店祝いに贈るメッセージの書き方・基本的な構成

開店祝いのメッセージ例文 友人・知人、家族や親類、会社でお世話になった方・・・、そんな身近な方々が自分のお店を開くことになったら、ぜひお祝いと応援のメッセージを届けたいですよね。 ここでは開店祝いメッセージの基本的な書き方やポイント、例文などをご紹介します。 まず最初にお祝いメッセージの基本の構成を見てみましょう。 1.祝いの言葉(開店おめでとうございます など) 2.主文(素敵なお店ですね など) 3.結びの文(成功をお祈りします 今度みんなで遊びに行きます 応援してるよ!など) とてもシンプルですね。 この3つのポイントを押さえて書けばすっきり読みやすいメッセージになります。 こうでなければならないというルールはありません。。 しかし開店前でお相手も忙しいときですので、短くても気持ちが伝わる文面と構成を心がけるとよいでしょう。

喜んでもらうためのポイント

1.贈るタイミング 相手に喜んでもらうためにはメッセージの内容だけでなく、贈るタイミングも大切です。 できれば開店の一週間前までに贈るのが望ましいです。 開店前は準備等で忙しいときですので、余裕を持って贈るのも大事な気遣いの1つですね。 2.お店を褒める 「おめでとう」などのお祝いの言葉ともに伝いたいのがお店の感想。 外観や内装のほかに、立地や周辺の雰囲気などお店に関することなら何でも大丈夫です。 「とてもステキでびっくりした」というような驚きの気持ちを加えるとなお良いですね。 相手が開店するに至った努力を称えるというのも喜んでもらえます。 3.繁盛を祈る 結びの文では繁盛を祈るメッセージを書きます。 そのまま「ご繁盛をお祈りします」でも良いですが、「友達を連れて遊びに行きます」というように、お店の繁栄につながる内容ならOKです。

開店祝いにメッセージを贈る3つの方法

開店祝いのメッセージを贈る手段は3つあります。 まずはオーソドックスに「お手紙」。 直筆の心温まる文面は大変喜ばれるでしょう。 郵送の場合は上記のポイントでもあったように、届くタイミングにご注意ください。 余裕を持って送るようにしましょう。 次に「メッセージカード」。 デザインだけでも可愛いものからゴージャスなものまで、さまざまなカードが売られています。 オルゴール付きのものはよく見かけますが、最近ではスマホで撮影した動画を再生できるカードまであります。 どれを選んでも良いですが、あまりお店の雰囲気からかけ離れたカードは選ばない方が無難です。 最後は「電報(祝電)」。 電報(祝電)はメッセージカードと同様さまざまな種類のアイテムがそろっています。 ぬいぐるみやお花、カタログギフトなどとセットで贈ることができる電報も販売されています。 それらすべてネットで注文できるのもうれしいですね。

タブー、NGワードに注意しよう

もらえばうれしいはずのメッセージカードですが、書いてはいけない言葉や贈ってはいけない色などがあります。 「倒れる」、「滅びる」、「終わる」、「消える」、「燃える」、「なくす」、「おしまい」などは忌み言葉とされています。 開店祝いですので「お店が無くなる」というニュアンスを与える言葉は避けるようにしましょう。 「忙しい」という言葉を使いがちですが、「忙」という漢字の中に「亡」という字が含まれているので、これも忌み言葉です。 もし迷ったときは「忌み言葉チェックツール」(無料)もあるのでぜひ活用してみてくださいね。 言葉以外で気を付けたいのが「色」です。 その色とはずばり「赤」。 赤いお財布は避けた方がよいというのを聞いたことはありませんか? 赤色は「燃える」を表す色だからです。 「火事」を連想させる色なので、赤い色のメッセージカードはもちろんのこと、赤い字で書くのも控えるようにしましょう。 併せて、開店祝いに赤い花を贈ることもタブーとされています。

開店祝いに送るメッセージの例文・文例

では実際どのような文面が開店祝いにふさわしいのでしょうか。 相手に喜んでもらうポイントを思い出してみましょう。 まず「祝いの言葉」、次に「主文」、最後に「結文」でしたね。 相手の負担にならないようにシンプルで読みやすい文章にするのもコツでした。 また、注意することとして「忌み言葉」や「タブーな色」ありましたね。 それからもちろん誤字・脱字にも十分気を払ってください。 「それでも何を書いたらいいか分からない」 「いざ書こうとすると書くことが浮かばない」 という方も安心してください。 具体的な例文集をご用意しました。 ご自分のキャラクターやお店の雰囲気に合わせてアレンジしてみてください。

友人・友達に贈るカジュアルなメッセージの文例・例文

友人・友達に贈るカジュアルなメッセージの文例を紹介いたします。 「○○さん 開店おめでとう!明るくてすごく入りやすいお店だね 〇〇さんの雰囲気がよく出ていて人気出そう 大変な時は手伝いに行くからいつでも声かけてね」 「○○ちゃんの長年の夢だった□□ショップを開くことができて本当に良かったね おめでとう!○○ちゃんらしい可愛いお店でとても素敵!みんなに宣伝しておくね」 「○○、開店おめでとう 開店に向けてすごく頑張ってたよな 今度友達連れて遊びに行くからよろしく ○○の店なら必ず成功するよ!」

友人・友達に贈るフォーマルなメッセージ文例・例文

「○○さん 開店おめでとうございます ○○さんの優しさが店内にあふれていますね きっとこのお店にお越しになるお客様も喜ばれることでしょう このお店のますますのご発展と皆様のご健勝をお祈り申し上げます」 「ご開店おめでとうございます ○○さんの念願だった素敵なショップを実際に見ることができて、とてもうれしく思います 大勢の人でにぎわう様子が今から目に浮かびます 立地も素晴らしいので車での来店にも便利ですね 多くの方がこのお店を訪れるよう心から願っています 頑張ってください」

家族に贈るカジュアルなメッセージ文例・例文

家族に贈るカジュアルなメッセージ文例を紹介いたします。 「○○ 念願の開店おめでとう!○○は小さい頃からお店を持ちたいと言ってたから 自分のことのように嬉しいよ 今日からいそがしくなるけれど体大事にして頑張ってね」 「○○ 開店おめでとう!○○のイメージ通りのお店になったね ○○は人一倍頑張りやさんだから このお店も必ずうまくいくよ!ずっと応援してるからね」 「祝・新規店舗オープン!開店準備は進んでる?本当にこんなに立派なお店を構えるなんてびっくりしました 今後このお店とともに成長していく〇〇の姿を見るのが楽しみです このお店が繁盛しますように!」

家族に贈るフォーマルなメッセージ文例・例文

家族に贈るフォーマルなメッセージ文例を紹介いたします。 「○○さん 開店おめでとうございます 長年の夢が叶いましたね 家族一同みな喜んでいます スタッフの方々も良い方ばかりで安心しました これからも○〇さんがいっそう輝けるようこのお店の繁盛を心から願っています」 「開業おめでとうございます 〇〇さんが最初お店を始めたいと聞いた時はびっくりしました でもこんなに素晴らしい店舗が完成してとてもうれしく思います 必ず遊びに行きますので落ち着いたら連絡ください」 「〇〇さん 独立開業おめでとうございます こんな素晴らしい場所に念願のお店第一号が出店できたことを誰よりも喜んでいます お店自体も静かな落ち着いた雰囲気で素敵ですね 今度ゆっくりお邪魔しますね 体に気を付けてがんばってください」

取引先に贈るカジュアルなメッセージ文例・例文

取引先に贈るカジュアルなメッセージ文例を紹介いたします。 「〇〇さん この度はご開業おめでとうございます 長年の努力が実った結果ですね 〇〇さんらしい細かい配慮の行き届いた素敵なお店だと思います あとでゆっくりお邪魔しますのでそのときはよろしくお願いします」 「ご開店本当におめでとうございます 開店に向けて一生懸命動かれていた〇〇さんのお姿が大変印象的でした 私たちも○○さんの姿勢を見習って新しいことに日夜挑戦し続けていきたいと思います これからの〇〇さんのご活躍を心よりお祈りします 」

取引先に贈るフォーマルなメッセージ文例・例文

取引先に贈るフォーマルなメッセージ文例を紹介いたします。 「〇〇 〇〇様 ご開業心よりお喜び申し上げます このような設備の整った素晴らしいお店を拝見し感動しております 弊社もなにかお役に立てることがあれば喜んでお引き受けいたします その際はぜひご一報ください 新店舗のご繁栄を心より願っております」 「〇〇 〇〇様 ご開店誠におめでとうございます この門出を記念いたしましてお祝いの品をお贈りさせていただきます ささやかではございますが弊社の感謝の気持ちとしてお受け取りください この素晴らしい店舗とともに〇〇さまのご繁栄と華やかな未来をお祈りしております 時節柄ご自愛くださいませ」

英語のメッセージ文例・例文

“Congratulations on opening your new shop! You will success on your business. I”ll visit you in a few days. I wish you may be happy! ” “Congratulations on your new business! Your new shop is very amazing. I”ll drop in on you soon. Best wishes on your new job.”