幸福の胡蝶蘭屋さん

*

[開店祝い/フラワーアレンジメント]開店祝い・開業祝いにおすすめのフラワーギフト

フラワーアレンジメント

開店祝いにおすすめのフラワーギフト1・胡蝶蘭

胡蝶蘭の特徴

胡蝶蘭はお花の中でも非常に豪華で美しいお花です。

見た目だけではなく胡蝶蘭の花言葉は幸福が飛んでくるという素敵な花言葉があり、開店祝いの定番となっています。

胡蝶蘭は価格が高いイメージがありますが、もともと熱帯雨林の地域のお花で高温多湿な環境を好みます。
国内で育成するにはビニールハウスに冷暖房を完備して胡蝶蘭にとって最適な気温・湿度を保つ必要があります。
出荷するまでに半年から数年かかるものまであり、他のお花と比べると生産コストがかなりかかるためどうしても価格が他のお花よりも高くなってしまい、
胡蝶蘭=高級なお花のイメージがついて開店祝いなどのギフトとして定番になっています。

また、美しい花にもかかわらず香りや花粉が少ないという特徴もあります。多くの方が訪れるお店の開店祝いでも安心して贈ることができます。

胡蝶蘭を贈るメリット

胡蝶蘭を贈るメリットとしては通常1~2か月咲き続けるためフラワーアレンジメント等の切り花と比べると長持ちします。
開店後のお店に長く飾っておけるので1日当たりの金額にすると非常にコスパの良い開店祝いの贈り物になります。

どんなにきれいなお花でも花言葉がお祝いに向かなければ贈ってはいけません。
胡蝶蘭の花言葉には幸福が飛んでくるという花言葉があるのも開店祝いにい胡蝶蘭を贈るメリットとなります。
また、鉢植えには根付くという意味もありお祝いごとも鉢植えを贈ることは縁起が良いとされています。
「幸福が飛んできてその地に根付く」最高に縁起の良い贈り物となります。

また、胡蝶蘭は先ほど説明した通り多くの方が知っている高価なお花で、なかなか自分で買うことの少ないものです。
高価なお花をお店に置くことによって店の格もあがりお店の雰囲気もよくなり喜んでもらえるでしょう。

胡蝶蘭を贈るときの注意点

開店祝いに胡蝶蘭を贈るとき気を付けなければいけないことは、赤い花を選ばないことです。
赤は火や赤字を連想しますので赤一色の胡蝶蘭は贈らないように気を付けましょう。
白いお花に赤が少しだけ入った赤リップなら問題ありません。

冬の寒冷地に贈る場合は寒さで傷んでしまう可能性があります。
冬の北海道や東北等最低気温がマイナスになる場合は贈れないこともあるので事前に天気などを注意しましょう。
宅配便で送ると寒さでお花が傷んでしまう可能性があるため、どうしても贈りたい場合は現地のお花屋さんなど在庫を持っている店舗を探して直接配送してもらう必要があります。

また、胡蝶蘭は非常に大きい箱に入れて送ります。
離島や沖縄等一部地域は発送ができない可能性もあります。その場合も現地のお花屋さんで手配することになりますが、離島等では胡蝶蘭を扱っている生花店がない場合もあるため確認が必要です。

開店祝いにおすすめのフラワーギフト2・スタンド花

スタンド花の特徴

スタンド花は開店したばかりのお店の外に並べられている大きなスタンド型のフラワーアレンジメントのことです。
一般的に幅が1メートル前後、高さが2メートル前後になっていて、通常のフラワーアレンジメントと比べるとかなりの大きさになっていて目立たせることができます。

最近ではバルーンを付けたものなど少しおしゃれなスタンド花も出てきています。
スタンド花がたくさん届くようなところの開店祝いに贈るとき、他よりも目立たせたいという場合にはバルーン付きスタンド花がおすすめです。

スタンド花は大きいため発送が難しく、さらにお花が終わった後の回収の問題もあるため、
東京に贈る場合は東京のお花屋さんに、大阪に贈る場合は大阪のお花屋さんに注文するのが一般的です。
なるべく送り先に近いお店を選ぶといいでしょう。

スタンド花を贈るメリット

スタンド花を贈るメリットは何と言っても大きさです。非常に大きく目立たせることができます。
大きいからと言ってかなり高額というわではなく、同じ価格帯の胡蝶蘭と比べると日持ちはしないものの圧倒的な大きさのため、開店日当日~数日間の瞬間的に目立たせたい場合におすすめの贈り物です。
通常外等目立つところに飾るため立札に自分の名前を書くと自分の宣伝にもつなげることができます。

また、スタンド花は切り花をたくさん集めたものなので、お客様や関係者の方にお土産として持って帰ってもらうこともできます。
地域のよっては飾ったあるスタンド花は持って行っても良いという地域もあり、多くの方に喜んでもらえる可能性があります。

スタンド花を贈るときの注意点

生花を切っているため通常数日~1週間くらいで傷んでしまい、花持ちは悪いです。
路面店の場合外に置かれることが多いため、暑すぎ、寒すぎ等外の環境によってはさらに短くなることもあります。
長期間飾るには適していないので長期間飾ってほしい場合には他の贈り物がおすすめです。

また、大きくて目立つ分当然ですが場所をとります。
ビルやショッピングセンターなどの中のテナントの開店祝いの場合、置き場所がなかったり、施設管理者から搬入が禁止されている場合があります。
飾ってもらう場所があるのか事前に確認をしておかないと、当日お花屋さんが納品できないという可能性もあります。
納品できないからと言ってキャンセルしてもらえるわけではなく全額自分で負担となってしまいますので必ず確認しておきましょう。

開店祝いにおすすめのフラワーギフト3・アレンジメント

アレンジメントの特徴

バスケットや花器に専用スポンジを入れてお花をいけたのがフラワーアレンジメントです。
一言でフラワーアレンジメントといっても種類は様々。オープンするお店の雰囲気にも合わせたお花を贈りたいものです。
開店祝いに向いているとされるお花の種類を紹介していきます。

<胡蝶蘭>
「幸福が飛んでくる」という花言葉をもつため、事業を始めるというときに縁起が良い。
鉢植えのため花持ちがよく、1カ月から半年以上飾っておくことができる。

<スタンド花>
店頭に飾ると華やかさが人目を惹き、宣伝効果も見込める。
花持ちは短く、1日から3日程度で枯れてしまうことも。

<アレンジメント>
花瓶がなくても飾ることができるため、場所を選ばない。
価格帯が様々で、リーズナブルなものから選べるため贈りやすい。

<ブーケ>
花瓶に差すだけではなく、そのままガーランドとして吊るして飾ることもできる。
価格帯が様々で、リーズナブルなものから選べるため贈りやすい。

<ブリザーブドフラワー>
花持ちがよく、半永久的に楽しむことが出来る。
花粉や匂いがないため、飲食店などや病院などへの贈り物としても喜ばれる。

アレンジメントを贈るメリット

開店祝いの定番となりつつあるフラワーアレンジメント。贈るメリットはやはり華やかさです。
お店を開く側は事業に必要なものの準備で大忙しで、お店を華やかにする装飾にまで手が回らないこともしばしば。
そんな時にお祝いのお花を贈ると、お店が華やかになるだけでなく、気持ちも華やかに事業をスタートすることができます。
また、店頭に飾ってある花は街中を歩いている人の目を惹くため、宣伝効果も期待できます。

さらに、立て札を立てることが一般的で、送り主の社名を書くこともできるため、たくさん並んでいると社会的な付き合いが広い=信頼してくれている人が多いということをアピールすることができます。
受け取る側だけでなく、送った側のメリットにもなります。

また、フラワーアレンジメントは3,000円程度から予算に応じて低価格で贈ることができます。
また、様々なお花の種類、色があるので生花店でイメージにあったお花を選んでアレンジしてもらうことができます。

アレンジメントを贈るときの注意点

開店祝いとして送りやすいイメージのお花ですが、贈る際に注意しなければならないこともいくつかあります。

1.赤い花はNG
「赤い色」は赤字や火事を連想させ、縁起が悪いと思われる方もいますので避けたほうがよいでしょう。

2.匂いが強い花、花粉が飛ぶ花はNG
相手が飲食店の場合は、匂いが強いものは食事の邪魔をしてしまうため、なるべく匂いがしないものを贈りましょう。
また花粉が飛んでしまう花は食事へ入ってしまう危険もあります。
アパレル関係のお店の場合もお洋服についてしまう可能性があるため避けたほうが良いでしょう。

3.スペースの確認をする
スタンド花のように大きさ、高さがあるものは設置できない場合があります。事前に相手のお店の状況を確認し、形や大きさには注意して贈りましょう。

4.開店当日に届くように手配する
フラワーアレンジメントは、開店当日もしくは前日に到着するようにしましょう。
開店当日は開店準備で忙しいでしょうから、前日に到着するようにすると相手の負担になりにくくて良いかもしれません。
開店日当日に贈る場合は、午前中に到着するようにしましょう。
早すぎるとフラワーアレンジメントは生花のため枯れてしまいます。

開店祝いにおすすめのフラワーギフト4・造花アレンジメント

造花アレンジメントの特徴

造花フラワーアレンジメントとはバスケットなどに造花を飾り付けたもので、造花の種類は主に
「アートフラワー(アーティフィシャルフラワー)」とポリエステルやプラスチックが素材の一般的な「シルクフラワー」の2種類あります。

贈り物として花を贈るのは喜ばれますが、やはりどうしても花は枯れてしまうので、造花フラワーアレンジメントは枯れませんし、ずっと飾っておくことができるので、最近は注目度も高いです。

イベント会場などで造花フラワーアレンジメントをよく見かけられますが、遠くからも目立つような色合いにするなど、カラフル・派手・濃い色などを用いているのが造花フラワーアレンジメントの特徴です。

生花のように長期間、綺麗な花を楽しむことができるので造花フラワーアレンジメントは水やりなど定期的なお手入れも不要ですし、埃や汚れが付かないようにするだけで、長期間、部屋に飾っておけますし、造花フラワーアレンジメントを楽しむ特徴とも言えます。
多くの方がご利用されているのもよく分かるはずです。

造花アレンジメントを贈るメリット

念願だったお店を開店する際には、やはりお花を送られることが多いです。生花も多いですが、造花フラワーアレンジメントを贈る方が多いのも事実です。
では、開店祝いに造花フラワーアレンジメントを贈るメリットについて確認してみましょう。

造花フラワーアレンジメントは、枯れることがなく、綺麗な状態を長期間キープすることができるので、やはり多くの方から好まれます。
水やりなどのお手入れもないですし、たまに埃がついたり汚れが付かぬよう、掃除をする程度で良いので面倒なことはないので受け取った方も満足度が高く、メリットも大きいです。

開店祝いの華やかさをアピールするためにも造花フラワーアレンジメントを用いることは重要になり、最近はリアリティある種類も多いので、開店祝いとして贈る方も増えているのも事実です。

生花のアレンジメントと比較してお届け先に負担が少ないのが特徴で、生花よりも衛生的なため居酒屋の開店祝いにも利用することもできます。

造花アレンジメントを贈るときの注意点

開店祝いに造花フラワーアレンジメントを贈るときの注意点について、いくつかご紹介するので参考にして下さい。

最近はネットショップを利用する方も増えており、その際にはショップの総評価・口コミ・コメントなど、実際ご利用になった方のご意見は確認するようにしましょう。評判が良いところを選ぶべきです。

予算と花のタイプを決めますが、ご自身で開店祝いにふさわしい花の種類がわからない場合は、ショップへ費用面なども含めて相談・依頼するようにしましょう。

配送する場合、やはり注意すべき点は開店日までに届くことです。開店当日は、かなり忙しいので前日に届くようにするなど、相手方にもご都合つく時間帯などしっかりと確認した上で手配するようにしましょう。やはり花が届いても不在だった場合は、大変困りますし、やはり贈るタイミングはとても重要になります。

開店祝いにおすすめのフラワーギフト5・ブーケ

ブーケの特徴

「花束」と「ブーケ」と聞いて、違いが分からないという人も多いでしょう。
「ブーケ」はフランス語で花束のことで、基本的には同じものと考えられていますが、一般的に花束は花を束にしたもので、花瓶にさして飾るものです。

対してブーケは、結婚式で使われるようなもののイメージで、花束のようにただ切って束にしたものではなく、形を綺麗に整えたものを意味します。

茎の先端に水を含ませたスポンジがついているので、そのまま飾ることができます。
お花屋さんで頼むときはブーケ風の花束というふうに頼むといい、お花屋さんでイメージにあったものを作ってくれるでしょう。
ただブーケを頼んでしまうとイメージしていたブーケのような花束ではなく普通の花束になってしまう可能性もありますので注意が必要です。

ブーケを贈るメリット

3000円程度から予算に応じて花の種類やブーケの大きさを指定することができるため、他と被ることのないオリジナルなデザインのものを贈ることができます。
細かくしてさせてもらえるお花屋さんだと色やデザインだけでなく、花言葉にもこだわって、相手にぴったりなブーケを贈るのも素敵ですね。
また、ブーケの特徴でも挙げたとおり、既に綺麗に形が整えられているため貰った側はそのまま飾っておくことができます。
いわゆる花束と比べてほとんどの場合新たに花瓶を用意したり、コンパクトで場所を取らないため新たに置き場所を確保したりする必要がないため、開業したてで忙しくても相手に迷惑にならないところも、開店祝いにはぴったりなプレゼントといえるでしょう。

ブーケを贈るときの注意点

まれにアレンジメントと違い飾るには花瓶が必要となる場合があります。
お花屋さんによって変わりますので事前にお花屋さんに花瓶の用意が必要かどうか確認してから注文しましょう。
ブーケは生花で作られているものが多く、花本来の色や香りを楽しむことができるのが特徴です。
しかし、生花であるため花持ちは悪く、早ければ当日、長くても3日程度で枯れてしまうものがほとんどです。
贈った相手に長く楽しんでもらいたいと思っている場合には不向きです。
最近では造花やプリザーブドフラワーで作られたブーケも多くありますが、生花と比べると高く貧相になってしまいますし、「贈り物はやはり生花が良い!」と思われる方もいるので、贈る場合には注意が必要です。

開店祝いにおすすめのフラワーギフト6・ブリザーブドフラワー

ブリザーブドフラワーの特徴

プリザーブドフラワーの「プリザーブド」とは英語のpreservedのことで、
「保存された」という意味でドライフラワーや造花とは違い 特殊な染料を吸わせることで生花のような美しさと風合いを長期間にわたって保つことができるお花です。

プリザーブドフラワーは脱色液を使用して生花の色を抜き、次に染色用の液に入れ染色し乾燥させて作ります。
風通しの良いところに吊るすだけで簡単に作ることができるドライフラワーとは違い、
特殊な液体浸してつくるプリザーブドフラワーは生花にはない様々な色を出すことができます。

ボックスに入っているものやバラの花束等様々な種類があります。

湿気に弱いため湿気の少ない環境で保管した場合5~10年程度もつといわれています。

ブリザーブドフラワーのメリット

プリザーブドフラワーのメリットについてご紹介致します。

開店祝いに生花のフラワーアレンジメントを贈っても数日で枯れてしまいますが、
プリザーブドフラワーは生花に近い質感にもかかわらず長期間飾っておくことができるのがメリットになります。

開店後もずっとお店のインテリアとしてずっと使ってもらえるのはうれしいですね。

また、一度脱色してから染色するので、生花では出せない色を出すことができるため、お店のイメージカラーのプリザーブドフラワーを贈れば喜ばれるでしょう。

たくさんの人が訪れるお店に飾る場合花粉が気になるところですが、プリザーブドフラワーは加工の工程で花粉はなくなりますので、花粉症を気にせず飾っていただくことができます。

ブリザーブドフラワーの注意点

プリザーブドフラワーは染料を使って着色をしているため衣類などの布製品に色うつりしてしまうことがあります。
特に濃い色や赤い色は色移りしやすいのでアパレルなどの開店祝いには避けた方がいいでしょう。

また、プリザーブドフラワーの最適な湿度は30%~50%になっていて湿度に弱いため梅雨の時期や湿度の高い場所へは避けたほうがいいでしょう。

プリザーブドフラワーの価格は特別な液体を使って加工していて、制作にコストがかかるため価格は高めになってしまいます。
同じ金額でも生花のフラワーアレンジメントと比べると貧相に思われてしまう可能性があります。豪華さ重視の場合は生花もしくは造花のフラワーアレンジメントのほうがいいでしょう。

開店祝いにおすすめのフラワーギフト7・観葉植物

観葉植物の特徴

最近は観葉植物を自宅やお店、オフィスにインテリアとして飾る方が多くなってきていて贈り物としても喜ばれる贈り物のひとつになっています。
観葉植物はちゃんと手入れさえしてあげれば何年ももち、お店に飾り続けることができ、長期間にわたり来店するお客様や働くスタッフを癒す効果があります。

大きさや種類も豊富で予算やお店の雰囲気、お店の大きさなどにあわせて、いろんな種類の中から選ぶことができます。
おしゃれな鉢カバーも増えてきていて、最近ではおしゃれな観葉植物に、おしゃれな鉢カバーをつけて贈ると他の人とは少し違う観葉植物になり差別化することもできます。

オープンするお店に十分なスペースがある場合に観葉植物はおすすめの贈り物です。

観葉植物のメリット

観葉植物は、店に潤いを与える緑のインテリアとして人気も高く、また鉢の大きさや観葉植物の背の高さ等を自由に選ぶ事が出来、狭い店でも背丈が低いものを選べば、カウンターの上に置く等の自由度が高いのがメリットです。

また開店祝いとして贈る場合には、筆書きの祝い札を付ける事で、開店披露を盛り上げると共に、贈る側のPRともなるメリットもあります。

色々な種類の観葉植物がありますが、お祝いの意味を込められた幸福の木、ユッカ、パキラ、ミリオンバンブーなどが人気の商品で、こうした定番のものを選べば迷うことなく選ぶ事が出来、先様も喜ばれる事請け合いと言えます。

また観葉植物は、種類にもよりますが、一般的には水遣りや時々日光に当てれば良いと言ったように育てるのに手間が掛からないのも大きなメリットと言えます。

観葉植物の注意点

開店祝いに観葉植物を贈るデメリットは余りありませんが、強いて言えば水遣り等の手間さえ掛けるのが面倒な相手には向かないと言う点が上げられます。

一般的には日々の開店準備時にちょっと気を付ければ良いだけで、決して負担になるものではありませんが、ものぐさの男性だけの店の場合には、稀にこうしたケースも考えられます。

また観葉植物の鉢には、当然土がありますし、植物ですので稀に虫が着く事も考えられます。

飲食店や清潔である事が必要な店で、お店の方が潔癖症的な場合には、土・虫等が懸念され、喜ばれない事も稀にある点がデメリットと言えるかも知れません。

こうした生きた観葉植物の土や虫を懸念される方には、人工の本物そっくりの観葉植物や、さらにこれに光触媒をコーティングして空気清浄効果を持たせたものもあり、これを選ばれるのも1つの方法と言えるでしょう。

[開店祝い/フラワーアレンジメント]祝い花の相場とおすすめのフラワーギフト

開店祝いの胡蝶蘭の相場とおすすめのフラワーギフト

贈り先との関係性によって変わりますが開店祝いの胡蝶蘭の相場は20,000円~50,000円程度となっています。

友人、知人などの場合は20,000円前後、通常の取引先などの場合は20,000円~30,000円程度、重要な取引先は30,000円~50,000円程度が相場となっています。

個人の方よりも法人の方からの贈り物の方が豪華な胡蝶蘭を贈る傾向にあります。
個人の方で予算が合わない場合は友人等数名集めて一つの胡蝶蘭を贈れば一人当たり数千円程度にすることもできます。
その場合、3名程度であれば立札には全員の名前を書き、多ければ友人一同と書くようにしましょう。全員分の名前を入れたい場合は別途メッセージカード等に記載するようにします。

開店祝いのスタンド花の相場と花の種類

開店祝い用のスタンド花1段の物と2段の物があります。
相場は1段のもので15,000円程度、2段のもので20,000円程度になっています。
スタンド花を贈ると他のスタンド花と一緒に入口付近に並べられて比較されることが多いです。並べられたときに1段のスタンド花と2段のスタンド花では豪華さが全然違うため、
他のと比べて見劣りしたくない場合は2段のスタンド花をおすすめします。

通常は上記価格で引取までやってもらえますが、別料金になる場合もありますので事前にお花屋さんに確認しましょう。

さらに最近ではスタンド花にバルーンを付けたものもあります。お花だけでなくバルーンがついていることによって他のスタンド花と並べられたときに目立たせることができます。目立たせたい方はバルーン付きのスタンド花を手配しましょう。

開店祝いのアレンジメントの相場と花の種類

開店祝いのアレンジメントの相場は5,000円~10,000程度となります。
金額に応じて3,000円程度からお花屋さんで頼むことができますので、ご自身の予算に応じて金額を指定して注文します。

お花屋さんによって販売している品種が異なりますので、希望の品種や色があるかどうか事前に確認しておきます。
お届けするお店のイメージカラーやお店の方が好きそうな色を選ぶと喜んでもらえます。

開店祝いの造花アレンジメントの相場

開店祝いの造花フラワーアレンジメントの相場についてご紹介していきます。造花アレンジメントの花が入り口にあると、ご来店されるお客さんの視線を集めることができ、店舗へ誘導しやすくするなるなど効果的です。

最近は、造花アレンジメントもかなり豪華な物で凝ったデザインも多々あるので、とても種類が多く人気があります。
開店祝いに適した造花アレンジメントも多々あるので、まずは予算を決めてからチェックしてみましょう。
一般的には5000円~25000円までの造花アレンジメントを検討してみるのも良いでしょう。
色々とフラワーショップの方へ相談してみると、開店祝いに最適なプランなどご紹介して下さるし参考になるのでアドバイスを聞くのも良いですよ!

開店祝いのブーケの相場と花の種類

開店祝いのブーケの相場と花の種類についてチェックしてみましょう!
ブーケだと時期にもよりますが、花持ちが3日?長くて1週間程度となるため、その辺を考慮してから贈ることが望ましいです。

また、先方にも花瓶がないと飾ることができないため、花瓶の準備をしてもらうことになります。
その辺もきちんと先方の状況を把握した上でブーケは贈るようにしましょう。
開店祝いのブーケは、値段も幅広く3000円~20000円までがよく選ばれています。花瓶を自分で用意する場合はさらに花瓶代が別途かかります。
先方との関係にもよりますが、親しい間柄でしたら、やはり高額なものは喜ばれますし、しっかりと準備した上で手配することが望ましいでしょう。

ブーケは明るいピンク・白などのカラーが好まれ、かすみ草・バラなど組み合わせも多々あります。

開店祝いのプリザーブドフラワーの相場

開店祝いのプリザーブドフラワーの相場について紹介していきます。プリザーブドフラワーは、半永久的に飾ることができるので、最近はとても贈り物としても喜ばれますし、かなり注目度が高いです。
プリザーブドフラワーは生花よりも高く、開店祝いとして選ばれるものは一般的に3000円~20000円までのものを好む方が多いです。
ショップの方と相談すると、売れ行きが好評なものや色々とアドバイスを踏まえて選んで下さるので、相談した上で選んだ方が無難でしょう。

プリザーブドフラワーは、半永久的に飾ることができるため思い出としてずっと飾ることができますし、素敵な状態をキープすることができるので、とても開店祝いとしては最適な贈り物になります。

開店祝いの観葉植物の相場と種類

開店祝いの観葉植物の相場と種類についてご紹介致します。
開店祝いとして観葉植物を贈るケースも多く、室内がパッと明るくなるので観葉植物があると癒し効果もあり、けっこう最近は人気があります。
観葉植物は半年以上持つものが多いので、根をはるという意味でも演技が良い贈り物になります。

観葉植物は、縁起の良い花言葉を持つものが多いので、そういった意味も踏まえて花言葉に祝福の気持ちを託して贈るのも最適です。
相場価格としては、10000円?20000円のものがよく売れ行きも好評です。
開店祝いに観葉植物を贈る場合、注意すべき点は置く場所です。
あまりにも鉢植えが大きいと観葉植物を送っても邪魔になってしまうため、その辺を考慮した上で手配するようにしましょう。

おすすめの品種はフィカス・ウンベラータ。ラテン語の「umbella(日傘)」が語源でハート形の大きな葉が特徴。

[開店祝い/フラワーアレンジメント]開店祝いに胡蝶蘭が選ばれる理由

胡蝶蘭は開店祝い・開業祝いの定番である理由

胡蝶蘭が開店祝い・開業祝いに選ばれている理由としては以下の理由があります。

・長持ちする
フラワーアレンジメントは数日から1週間程度ですが胡蝶蘭は環境にもよりますが1~3か月程度咲き続けます。
開店してから長期間飾っておくことができ、フラワーアレンジメント等他のお花と比べると1日当たりの金額はお得になります。

・香り、花粉がほとんどない  
胡蝶蘭は香りや花粉がほとんどなく、たくさんの方が来店するお店に飾っておいても問題ありません。
飲食店や花粉症の方等気にせず贈ることができます。

・花言葉が幸福が飛んでくる  
胡蝶蘭の花言葉は幸福が飛んでくるという花言葉で縁起の良いお花とされています。
また、鉢植えは「根付く」ことから鉢植えは開店祝いに昔から選ばれています。

開店祝いにおすすめの胡蝶蘭の種類・品種

胡蝶蘭の種類は大きく分けて大輪と中輪、小輪の3種類があります。
開店祝いによく利用されるのは大輪です。ビジネスで取引先に贈る方、一般的な胡蝶蘭を贈りたい方は大輪を選ぶようにしましょう。

ただし他の方からも大輪が届く可能性がありますので、他の方と違うものを贈りたいという場合には中輪や小輪を選ぶのもおすすめです。
中輪や小輪は価格が安くなる分本数を増やして価格を調整することができます。大輪なら3本立しかできない価格で中輪の5本立ち等もできます。

また、予算や置くスペースなどがない場合は小さめの小輪の胡蝶蘭が良い場合もあります。

小輪や中輪は大輪ほどのボリュームはありませんが、色がきれいだったり、大きさ以外の価値もあります。

大きさだけを気にせず花本来の美しさも考えて開店祝いの贈り物を選ぶのもおすすめです。

開店祝いにおすすめの胡蝶蘭の花の色

縁起の良い花の色

開店祝いにおすすめの胡蝶蘭の花の色についてご紹介いたします。

開店祝いに贈る胡蝶蘭の花の色は殆どの方が白を選びますが白でないといけないということはありません。
他の方と同じような無難なものを贈りたいという場合には白をおすすめしておりますが、
白い胡蝶蘭ばかりたくさん届くところにピンクなどの色物を贈ると目立させることもできます。

また、黄色の胡蝶蘭は風水で金運アップの意味のある色で、開店祝いの商売繁盛の願いを込めて贈るのにも適しています。

相手の好きな色やお店のイメージカラーにあった色の胡蝶蘭を贈るという方もいます。
ピンクが好きな女性にはピンクの胡蝶蘭が喜んでもらえます。

無難に贈りたい方は白い胡蝶蘭を、他と差別化して目立たせたい方は他の色をおすすめします。

[開店祝い・開業祝い]おしゃれなプレゼントから定番まで人気ランキング/贈り方マナー&金額相場